【脱・初心者向け】ちょっぴり専門的なケーブルのお話

XLRには二種類ある

XLRには実は二種類あるんです。

Blackmagic Pocket Cinema Cameraシリーズを初めとした専門的な映像機器などには、ミニXLRというものが付いており、コンデンサーマイクを直接カメラに差し込んで使うことができます。

ただ、通常のXLRとミニXLRの二種類という訳ではないんです。

写真を見ると何か気になりませんか?

そうです。

数字が割り振ってあるんですね。

これは一体なんなのか?

実はこれら3つのピンはそれぞれ役割があるんです。

      
  1. GND (グラウンド):基準電圧
  2.   
  3. HOT (ホット)  :正相の信号
  4.   
  5. COLD(コールド) :逆相の信号

2番ホットの割り当て

さて、GND, HOT, COLDと機能がありますが、2番HOTは次のように、2番ピンに正相信号が割り当てられています。

1番ピン:GND(グラウンド)基準電圧
2番ピン:HOT(ホット)正相信号
3番ピン:COLD(コールド) 逆相信号

ポイントちなみに現在国際標準はこの2番ホットとされていますが、現在でもアメリカ式と言われる3番ホットが使われることもあります。

3番ホットの割り当て

  • 1番ピン:GND(グラウンド)基準電圧
  • 2番ピン:COLD(コールド)逆相信号
  • 3番ピン:HOT(ホット)正相信号

3番ホットはアメリカ式、2番ホットはヨーロッパ式と言われています。

基本的に今普通に発売されている機器は2番ホットになっていますが、例えばビンテージ物のマイクロフォンなどを使用する場合3番ホットになってきます。

その場合、機器が壊れたりすることはありませんが、音源は逆位相の状態になります。

ポイントだいたいのDAWソフトではこの逆位相を修正する機能が搭載されていますが、ソフトによって違うので当講座では割愛とさせていただきます。

どうしても3番ホットで録音したい場合

父から受け継いだビンテージマイクがある。

どうしてもこのマイクじゃないとダメ。

というときは、「ソフト名+位相」などでググってみてください。

例えばCubaseの場合だと

位相を設定する

このようにソフトごとに修正できますので大丈夫です。

【オススメのDAWソフト】音が良いのはどれ?!(サイト内記事)

フォーンケーブル

シールドと呼ばれることもあるフォーンケーブルについてもある程度知っておくと便利です。

ポイントこちらは元々電話交換機用に使われていたためフォーンケーブルと呼ばれるようになりました。

こちらは一般的なオーディオインターフェイスなどからスピーカーに出力する際に使うことになると思います。

このように一般的なオーディオインターフェイスのMONITORはフォーンでアウトするようになっています。

もちろんXLRで出せる機器もありますよ!

10万越えのクラスになってくると、モニターアウトもXLRだったりします。

さて、写真の緑色の〇にBALANCEDと書いてありますよね?!

次にこの部分について解説したいと思います。

バランス or アンバランス

バランスケーブルの事をTRSと呼び、アンバランスケーブルのことをTSと呼びます。

これは決まっているので覚えるしかありません。

バランスケーブルTRSはノイズに強く、アンバランスケーブルはノイズに弱いのが特徴です。

TRSはXLRと同様、ホット、コールド、グラウンドの機能が備わっています。

そのため、TRSケーブルで出してスピーカーにはXLRで挿すといったこともできます。

一方でTSケーブルはホット、グラウンドの二種類の機能しかないため、不安定な状態で波形をやり取りすることになります。

仕組みとして解説するとホットと、コールドが互いに打ち消しあいノイズを相殺するという仕組みになっています。
TSの場合は、コールドがないため、打ち消すことができずノイズが発生するという仕組みになります。

TRSとTSの見分け方

さて、こちらのように、スリットが入っているのですぐに見分けることができます。

こちらはTRSケーブルですが、TSケーブルにはこのスリットがありません。

まとめ

こちらはスピーカーの背面になりますが、このように多様な入力系統を持っているものもあります。

例えばこのスピーカーだとオーディオインターフェイスのバランスフォーンケーブルから出力し、XLRのオスで出すという感じです。

両方TRSでも挿せますよ~といった具合です。

上方にはUNBALAMCEDと、ちゃんとTS入力もついています。

こちらはRCAケーブルを分岐させて挿したりする場合に使用します。

icon image

こちらの記事もいかがですか?
オーディオやマイクロフォンに関する役立つ情報をお届けしています!

NEUMANN KM 184の音源多数!KM184の音を徹底特集! 【NEUMANN KM 184】各マイク位置でのピアノ音源テスト 当スタジオの音響最高顧問”五島昭彦氏”の録音作品紹介ページ。
音源ごとに使用機材やマイクロフォンを記載していますので是非参考にしてみてください。
金田式DC録音:五島昭彦氏の録音作品リスト コスパ最強!当スタジオではLEWITTのマイクロフォン激推し中です! 【保存版】LEWITTっていいマイクですか? このセット・・・凄いです・・・ 【無指向性の決定版を完全ガイド】”Tascam DR-05X + バイノーラルマイク” 金田式DCアンプは聞いたことのあるオーディオファンは多いでしょう。
こちらは金田式DCマイク。
市販されているものではないので、かなりのオーディオマニア向けですが、興味のある方はご覧ください。
【金田式DCマイク】 ショップス MK2, DPA2006カプセルでテストレポート 位相変換が必須のため、中級者以降向けの記事ですが、おすすめの無指向性マイク! 【コスパ最高】 COUNTRYMAN ( カントリーマン ) / B3 当スタジオ一番人気の記事はこちら! 天才になるには・・・ 実はとても簡単でした。
icon image

ポッドキャストや音楽アルバムも是非チェックしてね!

Kotaro Studio 音楽作品

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜