【超オススメ】ボルネード サーキュレーター 533DCモーターモデル

※この記事は2020年5月9日に更新されました。

最近買った家電の中でもかなりよかったのが、このボルネードサーキュレーター。

サーキュレーター自体はこれまでも安い物を使ったいたことがあります。

生活の質が少しでも良くなることを願って、今回はちょっと気合いを入れて購入してみました。

【結論】超オススメです。

数千円のサーキュレーターとの違いは明らかでした。

そりゃ、明らかじゃなきゃこの値段で売れないよな~と思うほど。

筆者の使用目的は・・・

  • 冷暖房の効率化
  • ウイルス除去のための換気
  • ホコリの蓄積防止

宣伝文句は伊達じゃない。

超暑がりの筆者ですが、これは確かに+2度行けるんじゃないか!??

と感じました。

というのも5月時点で既に夜はクーラーを入れるか真剣に悩むくらいの暑がり・・・

部屋でこれ回してると、なぜかひんやりした風がやってきて、クーラーの選択肢がなくなります。

この辺りは真夏になってから追記で超真剣レビューしたいと思います。

ボルネードは老舗中の老舗です

世界で初めてサーキュレーターを開発

ジェットエンジンの技術を応用したボルネードのサーキュレーターは高い循環力があり、様々な空調機器の効果を高めます。
省エネにも大きく貢献。

Amazon

モデル比較&選択肢

さて、筆者は 533DC-JP Energy Smart Air Circulatorを選択したわけですが、同じDCモーターのエナジースマートモデルでは5303DC-JPというモデルがあります。

さらに、5303DC-JPのもう一段階大きなモデルで6303DC-JPがあります。

こちらはお値段は+一万円くらいになり、対応面積も6畳~35畳まで対応とかなり大型になっています。

モデル番号(型番)6303DC-JP533DC-JP(購入品)5303DC-JP
標準価格¥26,500(税抜)¥16,000(税抜)¥18,000(税抜)
電圧(V)100100100
周波数(Hz)50/6050/6050/60
上下の可動角度0~90°0~90°0~90°
風量設定(99段階)ターボ ~ 弱無段階ターボ ~ 弱
消費電力(W)53 ~ 2強 40~弱 231 ~ 3
音(db)57 ~ 30未満強 60~弱 32以下57 ~ 30未満
風量(m³/分)12.5 ~ 2.9強 10.05~弱 0.686.8 ~ 1.9
電気代(1時間)1.43円 〜 0.05円1.08円〜0.05円0.8円 〜 0.08円
本体寸法(cm)幅31.0×奥行21.5×高さ37.0幅24.5×奥行17.8×高さ28.7幅27.5×奥行18.5×高さ30.0
重量(kg)2.51.61.8
適用畳数(畳)~35~16~14

533DC-JPの決め手となったのは、無段階での風量調整と軽さ、それにバランスが優れている点でした。

特に、5303DC-JPと6303DC-JPは、リモコンでの風量調整が必要で、その分リモコンがまた一つ増えると思うと、ミニマリストとしては-ポイントでした。

あと、やはり軽いは正義。

5303DC-JPと比べてもわずか200gの差ですが、たかが200g、されど200gなのです。

筆者が選択した533DC-JPは、残念ながらスモールタイプのDCモーター搭載エナジースマートモデルのこの3機種の中では最も音が大きいのは事実。

とはいえ、マックスで3デシベル、最弱でも2デシベルくらいの誤差になりますので、なかなか聞き分けるのは難しいレベルです。

ちなみに、音量についてはノーマライズなどしてるので、お伝えするのは難しいとは思いますが、音質だけ・・・こんな感じです。

弱モードから最強まで回してまた戻しています。

マックスの時はまさに航空機というか、ドローン的な音色です!

外に向けての急速換気

これはかなりすごい。

朝起きて、部屋の換気をする際に窓を開けて533DC-JPをフルパワーで外に向けてかけると、すぐに部屋の空気が変わる様子を感じることが出来ました。

公式サイトでは様々な使い方が紹介されていますが、実際に筆者が感じた効果としてはこの換気効果が一番大きかったです。

その他、真夏に帰宅した際の籠った空気ももちろん即排出できますし、室内のホコリが溜まりにくくなったような気がします。

部屋のホコリ掃除ってかなり面倒ですよね。。。

一日に数回、部屋の中を超循環させ、フルパワーで外に排出・・・

これだけで筆者は生活の質が向上しました。

5000円のサーキュレーターと比較

実は同時購入で、こちらのサーキュレーターも購入し、比較してみています。

正直こちらのサーキュレーター、、、かなり良かったです。

箱開けた時、「あっ、ボルネード失敗したかな?」と感じたほど。。。

デザインもオシャレで360度首振り。

しかし、確かに風の種類が違うという感じで、出てくる風のニュアンスが全然違ってました。

約3倍の価格であるボルネードですから、少し色眼鏡で見ていたとはいえ、やはり明確に違いを感じる!

ボルネード買ってよかったな~。

と感じました。

安い方は母の日のプレゼントということで、介護中の祖母の部屋に(笑)

こらっ!普通逆だにゃ!

すみません。。。

クラシックタイプが眩しい・・・・

これデザインやばくないですか・・・?超欲しかったんです・・・そして最後の最後まで悩みました。

モデル番号(型番)VFAN2-JP
アンティークグリーン
電圧(V)100
周波数(Hz)5060
風量
消費電力(W)312217352418
回転数(rpm)1560114082514151110800
風量(m³/分)※17.935.804.057.085.523.88
電気代(1時間)※20.84円0.59円0.46円0.95円0.65円0.49円
風量調整強/中/弱の3段階
本体寸法(cm)幅31×奥行21×高さ35
重量(kg)3.4
適用畳数(畳)~24
保証期間(年)3
標準価格¥21,000(税別)

保証年数や風量などやはり技術的なスペックとお値段を考慮すると、533DC-JPがベストになります。。。

しかし、インテリアにはめっちゃこだわる!

という方や、お店の雰囲気と合わせたい!

などの方はこのクラシックモデル・・・かなりデザインがかっこいい。。。

クラシックモデルめっちゃかっこいいにゃ!

安いサーキュレーターもいいですが、ボルネードだと、製品登録をすれば延長保証が受けられたりします。

扇風機だと真夏だけになりますが、真冬も大活躍の一年中使う家電と考えると、ずっと使うものなのでやはり良い物を使いたいものですね。

みなさんの参考になれば幸いです。

追って真夏でのレビューも追記したいと思います。

【KOSS QZ99】 レビュー:自然界の収録に最適
【2020 録音エンジニア厳選】はじめてのオーディオインターフェイス