ユダヤ人の叡智 / よい人生を送るための6つのコツ

代替テキスト

ユダヤの長い歴史の中で語り継がれてきた賢人になるための条件をまとめています。
タルムードなどと合わせて人生に役立てていきましょう。

ユダヤ人の叡智 / きっとためになる5つのタルムード

良い壺はすぐ使う。

よいつぼを持っていたら、その日のうちに使え。
明日になったらこわれてしまうかもしれない。

ユダヤ五〇〇〇年の知恵

いつの日か使うためにつぼを大事に置いておくことは辞めましょう。

度を超すといけない7つのモノ

世の中には度を超すといけないものが7つある。

      
  1. 旅行
  2.   
  3. ガールフレンド
  4.   
  5.   
  6. 仕事
  7.     
  8.     
  9.     
  10. 香料

使い過ぎるといけない3つのモノ

世の中には多く使いすぎるといけないものが3つある。

      
  1. パンのイースト
  2.   
  3.   
  4. 躊躇い(ためらい)

銅貨の音

つぼの中に入った一個の銅貨はうるさく音を立てるが、銅貨がいっぱい詰まったつぼは静かである。

ユダヤ五〇〇〇年の知恵

あなたの舌に教えること。

あなたの舌に「私にはわからない」ということばを一生懸命教えなさい。

ユダヤの教えの中では「沈黙は黄金の鎧」と言われ、口と舌には特に注意して生きるべきだと言われています。

行動はことばよりも声が大きい。

沈黙の鎧を身にまとい、行動しましょう。

多くを口で語る人よりも行動で語る人の方が影響力は絶大です。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜