【金田式電流伝送DC録音】 SCHOEPS MKカプセル

※この記事は2020年6月26日に更新されました。

今回は市販品では手に入らない日本のオーディオ界の誇るオーディオの神様、金田明彦氏の金田式電流伝送DC録音でのテスト音源を紹介します。

金田式電流伝送DC録音専門レーベルで、金田明彦氏の後継者:五島昭彦氏の録音です。

金田式は僕の人生を変えてくれたオーディオです。並々ならぬ想いがあります。

チェックポイント

・雑誌「無線と実験」に掲載される前の試作モデルの実験であること。
→テストを経て完璧な金田式電流伝送録音モデルが雑誌に掲載されています。

・金田明彦氏直々の制作であること。
→筆者の師匠である録音エンジニアの五島昭彦氏は金田明彦氏の愛弟子。
その繋がりでテスト録音させていただきました。

・すべての音源はノーマライズのみ行っています。
→すべての音源はイコライザーやリバーブなどのデジタル加工処理は一切せずにそのままの状態でノーマライズだけしています。

・マイクロフォンカプセルはSCHOEPS MK2(無指向性カプセル)を使用。

→ショップスの公式サイト

・録音エンジニアは筆者の録音の師匠である五島昭彦氏。

・演奏は当サイト管理人:こうたろう

・掲載音源はすべてmp3に圧縮されています。

金田式DC録音の音

津山市エスパスホールでのテスト

テスト環境
津山エスパスホール
→ Steinway D

神戸市灘区民ホールでのテスト

テスト環境
灘区民ホール
→ KAWAI フルコンサートグランド

1. ポイント 2.

モニターヘッドホンはもちろん、ゼンハイザーのHD25です!

神戸市ジャズライブハウス:ボーンフリーでのテスト

テスト環境
ジャズライブハウス:ボーンフリー
→YAMAHA C3

まとめ&感想など・・・

ピアノの音とは何か?

深く考えさせられる音源です。

ワンポイント録音の哲学がここにすべて詰まっているように感じます。

音とはそもそも振動であり、人間の思考や細胞すべてが振動であり、同期している。

感情そのものだって思考であり振動である。

だからこそ、音楽は感情が同期し、マイクロフォンを通して思考・感情・音・すべてがそこに入っていく。

不思議なもので、金田式電流伝送録音はこれらの概念そのものを録音する媒体である。

そこに良い音とか、悪い音とか、抜けが良いとか悪いとか、そういう次元では語られることのない哲学の物語がここにあるように感じます。

もちろん当サイトでテストしたシステムを再現しようとすると、莫大な時間とお金がかかってくると思います。

しかし、金田明彦という巨匠が追いかけた音の人生がここにあって、この叡智を私たちに伝えてくれて、次世代に音とはなにか?を問い続けてくれる。

そんなテストになったのではないでしょうか。

はっきりいって世界広しといえども、ここまでピアノの核心をついた音というのはどこでも聴けないかもしれません。

NEUMANN KM 184 音質チェック
【ド定番高級マイク】NEUMANN U87Ai 音質チェック