【金田式電流伝送DC録音】 SCHOEPS MKカプセルでのテスト

今回は金田明彦氏の金田式電流伝送DC録音でのテスト音源を紹介します。

金田式電流伝送DC録音専門レーベルで、金田明彦氏の後継者:五島昭彦氏の録音です。

金田先生のシステム、『金田式オーディオ』は筆者の人生観を変えてくれたオーディオです。

並々ならぬ想いがあります。

チェックポイント

マイクロフォンカプセルはSCHOEPS MK2(無指向性カプセル)を使用。

→ショップスの公式サイト

      
  1. 録音エンジニアは筆者の録音の師匠である五島昭彦氏。
  2.   
  3. 演奏は当サイト管理人:こうたろう
  4.   
  5. 掲載音源はすべてmp3に圧縮されています。
  6.   
  7. すべての音源はノーマライズのみ行っています。

金田式DC録音の音

津山市エスパスホール

テスト環境
津山エスパスホール
→ Steinway D

神戸市灘区民ホールでのテスト

テスト環境
灘区民ホール
→ KAWAI フルコンサートグランド

モニターヘッドホンはもちろん、ゼンハイザーのHD25です!

【続・モニターヘッドホンはおすすめが1つしかない件】モニターと視聴は分ける(サイト内記事)

神戸市ジャズライブハウス:ボーンフリーでのテスト

テスト環境
ジャズライブハウス:ボーンフリー
→YAMAHA C3

まとめ&感想など・・・

ピアノの音とは何か?

深く考えさせられる音源です。

ワンポイント録音の哲学がここにすべて詰まっているように感じます。

音とはそもそも振動であり、人間の思考や細胞すべてが振動であり、同期している。

感情そのものだって思考であり振動である。

だからこそ、音楽は感情が同期し、マイクロフォンを通して思考・感情・音・すべてがそこに入っていく。

不思議なもので、金田式電流伝送録音はこれらの概念そのものを録音する媒体である。

そこに良い音とか、悪い音とか、抜けが良いとか悪いとか、そういう次元では語られることのない哲学がここにあるように感じます。

金田明彦という一人のアーティストが追いかけた音の人生がここにあって、この叡智を私たちに伝えてくれて、次世代に音とはなにか?を問い続けてくれる。

そんなテストになったのではないでしょうか。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。