Kotaro Studio

オーディオ機材案内所

【視聴あり】DPA4060 vs EM158 音声テスト比較

12月 1, 2022

※この記事はPRリンクを含みます。

ZOOM F3 のマイクアンプが素晴らしいため

簡単ですがDPA4060とEM158にて音声の比較テストを行いました。

簡易紹介:こうたろう

1986年生まれ
音大卒業後日本、スウェーデン、ドイツにて音楽活動
その後金田式DC録音のスタジオに弟子入り
プログラミング(C)を株式会社ジオセンスのCEO小林一英氏よりを学ぶ
現在はヒーリングサウンド専門のピアニスト、またスタジオでは音響エンジニア、フォトグラファーなどマルチメディアクリエーターとして活動中
当記事ではプログラマー、音響エンジニアとして知識とスキルをシェアしていきます

DPA4060での音声テスト

DPA4060をサウンドハウスでチェック
ポイント今回はDropbox経由で掲載しています。
Dropbox経由での音声配信の方法はこちらの記事を参考にしてくださいね!

EM158での音声テスト

F3 Field Recorder / サウンドハウスで見てみる

DPA4060のフラット特性はさすがの一言ですね。

EM158はプリモの素子で、無指向性素子の中では大変優秀な素子です。

超高感度小型エレクトレットコンデンサーマイクロホン EM158

XLRアダプターはAKGのものを使用しています。

こちらのアダプターはいろいろなものを試しましたが、AKGのMPA VLは別格。

すべてのミニXLRを変換するためにMPA VLを使用することをおすすめします。

AKG ( アーカーゲー ) / MPA VL をサウンドハウスでチェック

テストの結果から見えること

EM158の威力にまずは驚くかと思います。

同時にDPA4060の繊細さにも驚きます。

どちらがいいということはなく、どちらも素晴らしいマイク、素子です。

ただEM158の素子は250円ですから、それを考慮するとやはりEM158を選択する機会が増えそう。

この辺りはマイクアンプの性能などにも充分左右されるでしょう。

例えばサウンドデバイスのマイクアンプを使ってみるとEM158もまた一段と濃くのある音になります。

【マイクアンプ比較テスト】Sound Devices のマイクアンプを試す

さらなる面白い比較

こちらの記事ではEM158やWM61A相当素子とDPA4006の音比較などを行なっています。

ポイント

Youtube版では実際の映像付きでFX30の内蔵マイクとの比較も行なっています。
是非聞いてみてくださいね!

その他音響関連記事

【Pythonサンプルコード】録音後の音声データを文字起こしする方法
SpeechRecognitionライブラリを使用します。これは、Pythonのpipコマンドを使って簡単に行えます。…
“Pythonで学ぶ:ポッドキャストテクニック〜完成動画からMP3音声抽出”
完成動画からMP3の高音質版である320kbpsで抽出するPythonサンプルコードを紹介します。…
【Python音声からテキスト抽出】英語の字幕を自動生成する方法
日本語字幕はすでに対応可能なソフトやツールがたくさん出ていますので、自動で翻訳して出力するまでをやってみましょう。…
【Music21保存版】音楽家必須のPythonプログラミング〜楽譜の管理と楽曲分析の最強ツール
music21は、古典音楽から現代音楽に至るまで、幅広い楽曲の分析と探究を可能にします。…
【サンプルコード】SciPyを使いwavファイルをフーリエ変換し周波数帯域をプロットする
これらのライブラリは追加のメタデータや非標準フォーマットの扱いにおいて、wavfileよりも高度な機能を提供します。…
Pythonライブラリ〜Pydubを使ってオーディオファイルを指定のdbにてノーマライズ
作品制作の際は必ずDAWソフトやマスタリングソフトなどの専門ソフトにて調整するようにしましょう。…
HHKB Bluetooth切り替えとデバイスの切り替えメモ
1 Bluetooth切り替え2 ペアリング待機モード3 USB接続モードに切り替え4 接続されているBluetoothチャンネルの確認 Bluetooth切り替え 電源オンの状態Fn を押しながら…
Seleniumを使ってGoogle検索 ~ サイトを自動巡回させるプログラム
ウェブサイトの巡回などをプログラムで自動制御することができます。…