プロデューサー

プロデューサー

こうたろう

服部 洸太郎(Kotaro Hattori)
フォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動開始。
自身のピアノトリオで活動後、スウェーデン・ヨーテポリを拠点に活動するシンガーアーティストLindha Kallerdahlとセッションを重ね声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後単身ドイツ・ケルンへ。
ケルンを拠点に活動するアーティストAchim Tangと

ケルンの名門スタジオロフト(現在もkotaroの写真が使われています。)

にて「ピアノとコントラバスのためのソナタ」を制作。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
作品の制作過程で出会った金田式電流伝送DC録音に衝撃を受け、そのままレコーディングエンジニアの道へ。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入り。
アシスタントの過程で始めた宣材写真が多方面のミュージシャンやアーティストから好評を得てフォトグラファーとしての活動も開始。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心とした音楽作品を多数プロデュース。
フォトグラファーとしても他レーベルのジャケット撮影も担当し、国内外の様々なアーティストの肖像写真を撮影。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加し、本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在は肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。

Español

русский

音響の特別顧問

音響の特別顧問&相談役

五島 昭彦

金田式電流伝送DC録音の世界的名手。
これまでジャンルを問わず国内外様々な音楽作品の制作に携わり、多方面のアーティストから絶大な信頼を集める。
現在は自身が代表のタイムマシンレコードにて、録音エンジニア、音楽プロデューサーとしてクラシックやジャズなどのアコースティック収録を中心に活動中。

常時一緒に何かを創っているというわけではありませんが、当スタジオの音響部門の守護神として金田式電流伝送DC録音の五島昭彦さんを紹介します。

ご自身もタイムマシンレコードという金田式電流伝送DC録音専門の音楽制作レーベルを運営しておられます。

当スタジオでも金田式電流伝送DC録音の技術が必要な場合や、オーディオの特別専門な知識が必要になった場合、新技術を学ぶ必要が在る時など、様々なシーンで相談させていただいています。

ピアノ、音楽担当

スペイン語&ピアノ演奏

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

432hzの演奏とタンゴピアノの演奏を担当。

『旧・芸術工房Pinocoa』時代から一緒にレーベル運営をしてきており、そのままKotaro Studioでも合流しました。

当スタジオで制作しているピアノ演奏や、ピアノコンテンツのほとんどは現在大長志野さんが担当しています。

また、楽譜のアレンジや音響の最終チェック等音楽に関連するコンテンツに関してはすべて担当しています。

南米アルゼンチンブエノスアイレスでの生活が長く、現地情報の発信やタンゴの歴史や文化についてもアーカイブしていってもらいましょう。

ブエノスアイレスでの生活が長いので当然スペイン語はネイティブレベルです。

スペイン語関連の企画も軸となって制作してくれています。

 

memo

大長志野さんは「2度目のアルゼンチン~ちょっとディープな海外旅行~ 「リバーサイド編」」に出演しました。

ボイス・ボーカル

スペイン語の音声担当

Miel Melano

伝統芸術を尊重しつつ独特のクリエイティブ要素を加えた作品制作のスタイルを確立している作曲家。
多種多様なプロジェクトに参加するため、総合的なクリエイティブスキルを絶えず探求。
ジャンルを超えた多面的なパフォーマンスを得意としており、南米アルゼンチンブエノスアイレスを拠点とした音楽制作、演劇、芸術の総合プロジェクトの発信に携わっている。

スペイン語学習企画の音声収録を担当してくれています。

語学

ロシア語&ロシア語の音声

Сафонова Наталья

日本のアニメがきっかけで日本語の勉強を独学で始め、その後日本語学科へ進学。
大学では日本語の勉強をしながら日本企業でのインターンシップを経験。
卒業後、在ハバロフスク日本国総領事館へ就職。

その後デザインスタジオでデザイナーとしてのスキルを習得し、現在はフロントエンド開発関連の言語をマスターしプログラマーとしても活躍中!

ロシア語の更新が現在滞っていますが、ロシア語の先生にはナターシャ先生にお願いしました。

彼女の日本語力は並大抵のものではありません。

日本語に関連する質問をもらっても筆者が答えられないこともしばしば。。。

日本文学をロシア語に翻訳したりもしており、辞書や翻訳機では表現できない繊細な言語表現も見事に表現してくれます。

言語だけでは飽き足らず、プログラミング言語も積極的に学びスキルアップしていくまさに才色兼備とはこのことでしょうか。