【トラブルメモ】Windowsでオーディオインターフェイスがフリーズするとき・・・

Windowsはドライバー選択方式

何かとマニュアル感の強いWindowsパソコン。

最近は昔と違って随分と使いやすくなったため、コンテンツ制作などでも積極的にWindowsパソコンを使っていく方も増えてきたのではないでしょうか?

とはいえ、やはり基本的にユーザーのマニュアル感の強いWindowsパソコンですので、トラブルが起こる頻度や可能性に関してはどうしてもはMacよりは高くなってきてしまいます。

それらの対処に大きく時間を取られてしまっては制作も何もありません。

特にオーディオの分野に関してはMacのように統一されているわけではありませんので、OS自体が混乱してしまうこともしばしば・・・

そんな時は原因を特定し、トラブルを修正していかなければいけませんが、たいていの場合はドライバーの選択だったり、システム設定のミスだったり、再起動だったりで治ってしまいます。

さらに、かなりアナログ的な感覚ですが、新品の場合、何度か電源のオンオフを連続ですると挙動がよくなることが多々あります。

まずはハードかソフトか、トラブルの原因を突き止めることが先決ですが、もしもハードのトラブルが疑われる場合は、電源のオンオフを連続で繰り返してみるのも一つですので頭の片隅に置いておいてください。

しかしそれでもどうしても挙動がおかしい。。。という時はWindowsの場合ここをチェックしてみるのも一つかもしれません。

セレクティブサスペンドの設定

順番に行きましょう。

まずはWindowsのスタートメニューを左クリック。

歯車マークの設定をクリックしましょう。

メニュー内の右上「システム」をクリック。

するとこのように左側の縦にメニューが並びますので、その中から「電源とスリープ」を選択。

次に右側部分の「電源の追加設定」をクリック。

すると新しいタブでこのような画面が開きます。

まずは、「高パフォーマンス」にチェックが入っているか確認し、入っていなければチェックを入れてください。

次に、プラン設定の変更をクリック。

するとこのような画面になりますので、「詳細な電源設定の変更」をクリック。

すると新しい画面が開きます。

そこからボタンはかなり小さくなってしまうのですが、USB設定を開いて、USBのセレクティブサスペンドの設定を開き、設定が「有効」になっていたら無効にしてみてください。

設定後は適用+OKで閉じます。

これでWindowsパソコンを再起動してみてください。

もしかしたらたまに固まってしまっていたオーディオインターフェイス、不特定の理由でフリーズする場合など改善するかもしれません。

試す価値は充分にあります。

みなさんの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

こうたろう

元ピアニストでフォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてヨーテポリを拠点に活動するシンガーアーティストLindha Kallerdahlとセッションを重ね声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、活動を開始。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。