Daily

【スタジオレポ】バイノーラルマイクを自作する方法

この記事はAmazonをはじめとした各種広告を含みます。

こんにちは!

いつもKotaro Studioを応援してくださりありがとうございます。

このカテゴリーではスタジオの日常レポとして徒然なるままに投稿していっています。

簡易紹介:こうたろう

1986年生まれ
音大卒業後日本、スウェーデン、ドイツにて音楽活動
その後金田式DC録音のスタジオに弟子入り
プログラミング(C)を株式会社ジオセンスのCEO小林一英氏よりを学ぶ
現在はヒーリングサウンド専門のピアニスト、またスタジオでは音響エンジニア、フォトグラファーなどマルチメディアクリエーターとして活動中
当記事ではプログラマー、音響エンジニアとして知識とスキルをシェアしていきます

バイノーラルマイクの改造から自作まで

当スタジオでは録音スタイルの基本軸として無指向性マイクのAB方式でのステレオペア録音を軸としています。

簡単に解説

無指向性AB方式は、二つの無指向性(オムニディレクショナル)マイクロフォンを一定の距離(通常50cmから2m)離して設置するステレオ録音方法です。無指向性マイクは全方向からの音を均等に拾うため、録音空間の自然な音響と広がりを捉えます。

その延長にはやはりバイノーラル録音というものがあるわけですが、その二つは一体どう違うのか?

それが、やはり人の耳、頭が作り出す特殊な音響環境にあると言えます。

簡単に解説

バイノーラル録音は、人間の聴覚体験を模倣する録音技術で、通常、人間の頭部の形状をしたダミーヘッドに埋め込まれた二つのマイクロフォン(耳の位置に相当)を使用します。これにより、左右の耳に到達する音の違い(時間差、強度差、頭部による音の遮蔽効果など)を記録します。

通常無指向性のAB方式だと、すべての空間の音を捉えるという認識で大きな誤解はないかと思いますが

人間が音を感知する時には実際この無指向性のAB方式で捉えてはいないんですよね。

耳というのは詰まるところパラボラの役目を果たしているわけですし、頭の形状は音場を作り出します。

AB方式とバイノーラルの圧倒的な違いなどに関してはこちらのZOOM M4マイクのレビュー記事にて詳しくサンプルなど紹介していますので是非チェックしてみてください。

ROLAND CS-10EM ASMRを分解

現在市販品として販売されているマイクロフォンはすべてステレオミニプラグでのプラグインパワーモデルのみ。

バイノーラルマイク

現在市販されているバイノーラルマイクはそんなに数多くありませんが、かなり優秀なものが出回っています。
今回の自作灰のラールのように、プリモ社製の素子を使ったものもかなり優秀なので試してみてください。

RM-ATZ19

当サイトでも自作マイクの際に採用しているプリモ製の素子を使ったradiusのバイノーラルマイク。

お値段少し高くなりますが、音質は間違いないです。

サウンドハウス

BME-200

東京を拠点に約30年の歴史がある音響会社、アドフォクスのバイノーラルマイク作品です。

純日本製だけに細部にまでこだわりが感じられる創りと音質は素晴らしいです!

SR3D

こちらもプリモ製の素子を使っているようですが、バイノーラルスタンドに組み込まれている形になります。

ノイマンのバイノーラルスタンドだとかなり高額になりますが、こちらはそれに比べると安価でバイノーラルスタンドを楽しむことができます。

Free Space

こちらもダミー型スタイル。

電池交換が必要にはなりますが、音質は非常に良いです!

例えばスタジオでも最高コスパであると推奨しているROLAND CS-10EM ASMRもプラグインパワーモデルになります。

サウンドハウスの価格

このマイクはとにかくコスパが良く、この価格としてはありえない素晴らしい音が録音できます。

一説によると・・・

WM-61Aが搭載されているとかいないとかでやはりオーディオスタジオとしては追求する必要があります。

すぐに分解して中身を知りたがるのはエンジニアの本能なのかもしれませんね。

音響顧問に突撃

というわけで五島先生にヘルプを。

ポイント

五島先生の金田式DC録音に関してはこちらのページでまとめています。
当サイト限定で一曲丸々視聴できる音源もありますので是非覗いてみてね!

ある日・・・

こうたろう『五島さん、ROLAND CS-10EM ASMRなんですけど、ステレオミニのプラグインパワーじゃなくて、XLR端子(ミニ)に改造できないですかね?改造できたらF3のマイクアンプで使えることになるので、さらにすごいことになると思うんですよ。』

五島さん『やってみるわ!』

とのことで2ヶ月ほど奮闘してもらったのですが、いろいろと問題が発生し、改造は断念することに。

こうたろう『ROLAND CS-10EM ASMR壊れたのは全然問題ないのでせっかくなら隅々まで分解して、自作できないか探ってくれません?』

とお願いしたところ連絡がありました。

ROLAND CS-10EM ASMRの分解

イヤホンに無指向性の素子が入っています。

WM-61A説はこれでなくなりました。

おそらくWM相当品か、類似のシンガポール製の素子である可能性が高いわけですが、100均のイヤホンに手持ちの素子を組み込めば、ROLAND CS-10EM ASMRを改造するよりも自作した方が早いとのこと。

なるほど、確かに配線や半田などなどを切った貼ったするよりも、最初から組み込んだ方が速そうです。

今後のスタジオのバイノーラルマイク

一つくらいならプリモのEM158で制作できるとのこと。

それ以降はWM-61A相当品素子で制作できる可能性が高いと見解をもらっています。

EM158は個人的には無指向性の中でもDPAなどと匹敵するほどの性能を感じており、F3のマイクアンプと組み合わせたバイノーラル音響だと世界一、、、クラスになるのではと思うわけであります。

当然オーディオマニアたちが考えることは同じ。

昨今だとラディウスからプリモ製の素子を使ったバイノーラルマイクが発売されています。

しかし、こちらもやっぱりステレオミニのプラグインパワー。

どうしてもF3のマイクアンプで使いわいわけです。

今後もこちらの制作は追ってレポートしていきます。

バイノーラルマイクの用途

スタジオでのバイノーラルマイクはKotaro Studio の音楽ブランドCuranz Sounds にてヒーリング音響の録音に使用します。

シンギングボールや、ティンシャ、クリスタルシンギングボールなどなど。

モデルさんにバイノーラルマイクをつけてもらい、癒しの音楽を世界最高の音質で録音するというところを目標にしています。

五島先生とも少し話しましたが、おそらくWM相当品でうまく安定して組むことができれば、金田式バイノーラルDC録音というのは極自然に可能になっていくと思われます。

音響の専門スタジオだからこそ、世界一の音響を目指したい。

Curanz Sounds の今後の音響作品もご期待ください!

癒しの音響ブランド

Curanz Soundsにも是非お越しください!
愛と調和の432hz音楽〜大手配信サイトより大好評発信中です!

音響技術記事

【Pythonサンプルコード】録音後の音声データを文字起こしする方法
SpeechRecognitionライブラリを使用します。これは、Pythonのpipコマンドを使って簡単に行えます。…
“Pythonで学ぶ:ポッドキャストテクニック〜完成動画からMP3音声抽出”
完成動画からMP3の高音質版である320kbpsで抽出するPythonサンプルコードを紹介します。…
エポキシ基盤 vs ベークライト基盤:あなたのプロジェクトに最適な選択は?
エポキシ基盤とベークライト基盤を選択する際には、プロジェクトの要件、特に耐久性、耐熱性、コストの観点から適切な基盤を選ぶことが重要です。…
【フォルマント分析】言語パスバンド分析による語学学習効率化
スペイン語が日本人にとって相性がいい根拠を提示しましょう!…
【エンジニア向け保存版】DSD完全ガイド〜DSDからPCMへの変換サンプルコードまで
録音エンジニアとしては、自然界のロケなどもう2度といけないような場所の音響は是非DSDで残したいですし、一期一会の音楽もDSDで残したいと思うものです。…
Raspberry Piを使ってオーディオレコーダーを自作する方法
保存場所や、WIFIを使った機能の追加など、市販品ではなかなか難しいレコーダーを自作して、現場の業務を安全かつ円滑に進められるように工夫していってください。…
【Python音声からテキスト抽出】英語の字幕を自動生成する方法
日本語字幕はすでに対応可能なソフトやツールがたくさん出ていますので、自動で翻訳して出力するまでをやってみましょう。…
【音声機械学習】音源だけで性別、年齢、感情を識別するアプリの開発ガイド決定版
性別、年齢、感情を識別するアプリを開発する例を用いて機械学習の感覚を掴んでいただこうと思います。…
【Music21保存版】音楽家必須のPythonプログラミング〜楽譜の管理と楽曲分析の最強ツール
music21は、古典音楽から現代音楽に至るまで、幅広い楽曲の分析と探究を可能にします。…

こうたろう

音大を卒業後ピアニストとして活動。 日本で活動後北欧スウェーデンへ。 アーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。 その後ドイツ・ケルンに渡りAchim Tangと共にアルバム作品制作。 帰国後、金田式DC録音の第一人者:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入り。 独立後音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現:Kotaro Studio)」を結成。 タンゴやクラシックなどアコースティック音楽作品を多数プロデュース。 大阪ベンチャー研究会にて『芸術家皆起業論~変化する社会の中、芸術家で在り続けるために』を講演。 その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。 村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。 祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。 現在はKotaro Studioにて『あなたのためのアートスタジオ』音と絵をテーマに芸術家として活動中。 2023年より誰かのための癒しの場所『Curanz Sounds』をプロデュース。