【フィルム作例】Summicron L 50mm F2

ライカといえばズミクロン?

バルナックライカ時代のエルマーを王者の座から引きずり降ろした新しい王者といえます。

代替テキスト

こんにちは!
当サイトへお越しくださりありがとうございます!
お越しくださったあなたはもう友達です。
わたしは音楽家になって数十年・・・
筆者の詳しいプロフィールに関しては『わたしたちについて』や『服部 洸太郎音楽作品リスト』をご覧ください。

わたしたちについて『チームのメンバー』

服部 洸太郎 音楽作品リスト

L39マウントのズミクロンは初代で、今でも大変人気のある沈胴タイプのレンズになります。

今回はバルナックライカの実質完成形とも名高いLeica Ⅲfに、FUJIFILM 黒白フィルム ネオパン100 ACROS II135サイズ 36枚撮を入れて撮影した作例をいくつかご紹介。

なんとなくふといいな〜と思った日常の瞬間を捉えたくなるライカ。

Leica Ⅲf + Summicron L 50mm F2 / ACROS II

ハッセルブラッド503CXも一緒に。

ガラス面が汚い・・・のがよく伝わります。

自宅で作った麦茶を冷ましてペットボトルに入れた時に泡立ちますが、そんな泡立ちもかなり独特の世界観を演出してくれます。

Leica Ⅲf + Summicron L 50mm F2 / ACROS II

こういう異世界を感じさせてくれる写真。

こういうのを見ると、ライカって生き物だなって感じます。

Lecia Q

ちなみにこちらは同じ構図でデジタルライカ Qで撮影した写真です。

【作例】Leica Q 簡単な作例とレビュー

Leica Ⅲf + Summicron L 50mm F2 / ACROS II

ハッセルブラッドを購入して初めて外にテスト撮影にいったときの写真。

ちなみにこの時ハッセルブラッドが写していたのがこれ。

確かハッセルを買って最初のテスト撮影だったと思います。

Hasselblad (ハッセルブラッド)の歴史を徹底解説!

今でも人気の高いズミクロンですが、L39マウントのアダプターを使えばMマウントのライカにも使えますし、各種デジタルカメラにも装着することができます。

Sony a7Ⅲ + Summicron L 50mm F2

例えばこれはソニーに装着して撮影。

オールドレンズとは思えない描写力を誇っていますよね。

代替テキスト

写真や映像用の機器、レンズ類はまずはレンタルで試してみるのがおすすめ!
GOOPASSはわかりやすいシステムで定額でラインナップも豊富でおすすめです!
また、購入の場合は使用後に買い取り可能なマップカメラが個人的には好きです。

GOOPASSでレンタルしてみる。

グーパスのシステム、使い方や、問題点などはこちらの記事で詳しく紹介しているので是非チェックしてね!

icon image

GooPass(グーパス)の評判は?問題点などのデメリットを含めて詳しく解説!カメラのサブスク月額制入れ替え放題サービス

ちなみにこのレンズは購入すると2022年現在で10万円前後となっており、オールドレンズとしてもいいお値段しております。

バルナック型ライカを持っていて試してみたい方はGOOPASSでのレンタルがおすすめ。

ランク2で借りられますので気軽にレンタルすることができます。

気になる方はお試しあれ。

Leica Summicron 50mm F2 (沈胴)をレンタルする
icon image

こちらの記事もいかがですか?
カメラや映像に関する情報をまとめています!

カメラ界のロールスロイスとも言われるハッセルブラッドの歴史を徹底的にまとめています。

Hasselblad (ハッセルブラッド)の歴史を徹底解説!

カメラ機材のレンタルといえばGooPassは有名ですが、メリットと合わせてデメリットや注意点などもしっかり解説!

GooPass(グーパス)の評判は?問題点などのデメリットを含めて詳しく解説!カメラのサブスク月額制入れ替え放題サービス

レンズの王様カールツァイスを狙うならコンタックス時代のレンズが比較的安くておすすめ!
写りは間違いなくカールツァイスです。

【フィルム作例】Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 AEG

フィルム写真やりたいけど・・・現像とデータ化は大きな障壁となります。
そんなときはこちらの記事で一発解決!

【注意点あり】ネットでフィルム現像 データ化までおすすめの郵送ショップ2選

Kotaro Studioのギャラリーやインスタもフォローしてね!

icon image

スタジオフォトギャラリー

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜