【作例多数】SONY FE 50mm F2.5 G SEL50F25G レビュー

最終更新日

この記事はAmazonをはじめとした各種広告を含みます。

ソニーの50mm単焦点では比較的新しく発売されたモデルになります。

フィルター系は49mm

2021年 4月23日 発売で現在の価格はこんな感じ。

ちなみに同じ時期にFE 50mm F1.2 GM SEL50F12GM , FE 50mm F1.4 GM SEL50F14GM も発売されています。

さすがに開放1.2のGMレンズともなるとお値段もそれなりのものになります。

早速作例&レビュー

今回はGOOPASSさんでα7とセットのものをレンタル。

サイズ感もこじんまりおさまっていていい感じです。

ここはやっぱりGMレンズになってくると、サイズ的に外出時のメンタルが変わってきますよね。

セットで1ヶ月16,380円/月 (Lv3 PASS)でレンタルできますから、旅行やイベントなどの際にもかなり便利です。

α7 ILCE-7 ボディ + FE 50mm F2.5 G をGOOPASSさんでレンタル

ボディをお持ちでレンズのみで良ければもうワンランク下の11,980円/月 (Lv2 PASS)でレンタルできます。

SONY(ソニー) FE 50mm F2.5 Gレンズのみ をGOOPASSさんでレンタル
ポイント

FE 50mm F2.5 Gはフルサイズ設計のレンズですので、α6400などのAPSサイズのカメラはセンサーサイズ的に勿体無いのでフルサイズのボディに使うようにしてください!

最短焦点距離は0.35m(AF時) / 0.31m(MF時)とMF時に少しだけ短くなります。

この50mm Gレンズと似たような焦点距離で40mmのGレンズも同時に発売されています。

この10mmの壁はかなり大きく、特に広角感に関してはまさしく全く別の用途であると言えます。

50mmのGレンズとの比較でいくと、フォクトレンダーのアポランサーというモデルがあり、こちらはMF一択になりますが

お値段もちょうど近い感じにはなりますので、写りの比較対象としてはベストなのではないでしょうか。

作例

DSC00046

こちらは神戸市の塩屋町にあるジェームス邸の様子。

レストランや結婚式場などを運営されています。

DSC00050 2

描写力に関していえば良くも悪くもGレンズという感想が真っ先にきます。

良くいえば、Gレンズの描写力は保証してくれている。

しかしGレンズを超える破壊力をもたらしてくれることはない。

そんなレンズです。

DSC00040 2

Gレンズは確かにGMレンズのように、新しい空間象を生み出すといった表現までは難しいのがGレンズ。

しかし、確かにGレンズ。

DSC00083

ジェームス邸はブライダルフェアで見学しにいきました。

熱い夏の日。

ウェルカムドリンクに癒されます。

DSC00101

神戸には三宮の異人館から、西へ明石地域まで異人館が続きます。

DSC00099

近くには有名なグッケンハイム邸や、舞子公園の方には日本人が作った洋館などもあります。

DSC00071

結婚式場としては、エレベーターがあったりするので、車椅子の対応もばっちりで、ガラス張りの室内か、ガーデン式か選べるようになっており、どちらも素敵な雰囲気でした。

ただし、筆者が式場として選んだのは、三ノ宮にある異人館、サッスーン邸。

サッスーン邸のレポートはCuranz Soundsでお届けしています。

神戸北野サッスーン邸をおすすめする5つの理由

ちなみにジェームス邸で決められなかったポイントは、家族だけで行う家族婚のスタイルには不相応な規模であったことと、やはり割引に関してあまり勉強してくださらなかったという点。

また、食事に関してもゲストへ出す食事のクオリティーを確かめるのに有償となる点などが、もう少しサービスしてほしいな〜という思いからでした。

会場も大きく、中規模から大手の企業ですので、淡々とミスなく業務をこなすという印象で、アットホームな式を望んでいたため、サッスーン邸に決めました。

ジェームス邸もかなり素敵な雰囲気で素晴らしい式場ですよ。

規模と相性があえば最高だと思います。

サイズ感、描写力、表現力、お値段。

すべてがちょうどいい、ちょっと贅沢なGレンズ。

日常のスナップや旅のお供に最適です。

料理などのテーブルフォト

ここからは先ほど紹介したサッスーン邸でのブライダルフェア。

ブライダルフェアはいろんなコースがありますので、時期によってコースや内容も変わります。

フレンチのデザート。

白い壁に白いテーブルクロス、ホワイトのコントラストもしっかりちゃんと出ています。

DSC00260 3

テーブルフォトとの相性は抜群ですね。

DSC00247 3

Gレンズらしい影のグラデーションが美しい。

DSC00232 2 DSC00215 2 DSC00145 2

ボディはα7とかなり古いものになりますが、やはり写真はレンズが命。

ボディはなんでもよかったりします。

これはフィルム時代から変わりませんね。

ボディはおまけです。

動画性能こそ新しいものじゃないとしんどい場面が多いですが、純粋に写真を楽しむという意味では古い機種でも十分だったりします。

良いレンズを名機で楽しみたいですね。