SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM 【G Master レンズの絵】

ソニーのフルサイズ対応広角単焦点レンズ。

筆者がソニーに移行して最初に選択した一本となっています。

購入直前まで悩みに悩んだのがFE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GMでした。

FE 24mmにした理由はやはり単焦点であること、そして開放1.4まで開けられること。

ここは大きなポイントとなりました。

16mm~35mmとなると、このあたりのクラスになってくると16mmと35mmの単焦点レンズを2本買うような感覚だと思います。

すごく便利ではあるのですが、やはり自分の眼として機能させるために焦点距離ごとに特性をしっかり理解したい。

そういう意味では単焦点は個人的に非常に重要なポイントになりました。

フィルター径は67mm

レンズプロテクターは必須ですよね。

広角レンズなので外で撮影する機会も多いと思うので万が一の保険と思って購入しておきましょう。

NDフィルターも必須!?

一緒に買ったのはこちら。

外でシャッター速度やボケをコントロールするためには、NDフィルターは必須になります。

また、ストロボを使った撮影などでも、背景と被写体との光量のコントラストを調整したりもできるため、使い方次第では多彩な撮影が可能になってきます。

こちらはND8-ND128のタイプですが、もう少し明るいタイプもありますが、やはりND128があるとそれだけ世界が広がります。

特に海の多い日本では128まであると安心ですし、なにより当レンズの場合はせっかくF1.4まで開けられるのだからF1.4でも積極的に動画撮影で使っていきたいですよね。

昼間の動画撮影

晴天時の日中、動画撮影などで使いたい画角だと思います。

動画撮影となると、むやみにシャッター速度をあげるわけにはいきませんから、どうしてもNDフィルターは必須になります。

例えば、こんな感じで背景をぼかした撮影の際はNDフィルターがないと無理です。

ライトなどは持って行ってませんので軽い参考までにしてください。

このように被写界深度を生かした映像もNDフィルターが必須となります。

さらに人物もこんな具合に。

このテストではマスクのおっさんで申し訳ないですが、砂遊びをするお子さんの映像などは背景をぼかして撮影するとかなり映えそうですよね!

ちなみにフードの影の通り、ほぼ正午の晴天時です。

ND128じゃないととてもじゃないけど、収録不可能な映像。

Vlogでは基本的にこの24mmを常設して使っています。

絞り調整のヌルヌル感

絞りのクリック感をON, OFFする機能がついています。

これ地味に嬉しい機能。

動画撮影を前提としている方にとっては最高に嬉しいポイントですよね。

スチルでもマニュアル撮影が好きな方にとっては数値の間の開放を使いたい場合やほんのわずかな微調整をしたい場合にとても重宝します。

この絞りがヌルヌル動いていく感じはマニア心をくすぐってくれます。

たまらない感じです。。。

スチルの作例

※現在準備中

おすすめな人

本格的に動画撮影を楽しみたい人やF1.4まで開放できますので、広角でのボケを楽しみたい方にはおすすめです。

ただし日中の動画撮影などではNDフィルターは128までは必須アイテムとなります。

一方で単焦点ということと、画角的にはかなりマニアックな画角になるかと思いますので、旅レンズや、お散歩レンズとしては他の選択肢もありそう。

他にもソニーは広角レンズのラインナップが素晴らしいので、画角が被ってしまうこともあるかもしれませんので、他との棲み分けをしっかりしていくのも気合が入りそうです。

24mmという画角が肌に合う方や、動画撮影を軸にソニー機を使っている方、特に筆者のように楽器奏者の映像やスチルを撮ったりする場合には広角での開放1.4という飛び道具はアイディア次第でいろんな使い方ができそうです。

解像力は・・・

大丈夫です。

そこはさすがはソニーがGMを刻印するだけのことはありませんので、裏切られることはありません。

Gレンズと比べても解像感と描写は桁違いに違うと感じます。

気になる方は是非使ってみてください。