Sony FE 16-35mm F2.8 GM 実写での描写力レビュー

最終更新日

Sonyのレンズと言えば最高峰はGMレンズ。

お値段も最高クラスですが、その描写力は他を圧倒する力を持っています。

icon image

Kotaro Studioで使ってみたGMレンズは他に24mmもあります。
α7Ⅲで撮影したものがありますので、参考にしてください。

icon image

デジタルカメラで撮影した写真のプリントはイメージングゲートというサービスがおすすめです!
アプリ等のインストールは不要でGoogle フォト、Dropboxに保存した写真も注文できます。
また、プリントサイズは11種類と様々な用途で利用できます。

写真プリントは【イメージングゲート】

Sony FX30でテスト

2022年に発売されたAPSシネマカメラSony FX30でテスト。

SEL1635GMはフルサイズ用のレンズですので、APSサイズのFX30に使うのは若干もったいない気もしますが、やっぱりシネマカメラ使うならGMレンズを使いたい。

というわけで、試し撮り。

近くの公園で、iPhone13との比較という名目で撮影してきました。

SEL1635GMというとすでに名機としてソニーのレンズ史に名を刻む存在ですので、その描写力はさすがといったところでしょうか。

FX30で16mmを使うと、ちょうどフルサイズ機で24mmを使うのと同じ感覚ですね。

24mm単焦点の存在

GMレンズ購入の選択肢としてはこの画角帯であれば24mmと非常に悩むポイントであると思います。

確かに16-35mm F2.8 GMはその画角域でそれぞれ単焦点を複数購入するようなもの・・・

というレベルの描写力はあるかもしれませんが、それでも24mmとの差別化はかなり明確になっており、描写力も24mmの方はさすがに単焦点レンズだなと個人的には思います。

まさに単焦点神話ですね。

おまけにやっぱりF1.4の開放感はあまりにも魅力的です。

購入とレンタル

Amazonでも取り扱っているためサポート体制の迅速さが目的の方はAmazonがいいですね。

筆者がいつもカメラ関係を買うのはマップカメラさん。

ここは、買取専用のアカウントを設定すれば、非常に迅速な買取契約が完了します。

オークションサイトなどの中古価格よりもかなり割安での買取にはなってしまいますが、手間やストレスを考慮するとマップカメラさんの買取サービスを筆者は選択します。

レンタルという選択肢

筆者の場合はFX30に使用したかったということもあり、冒頭でもお伝えした通り、APS機にフルサイズレンズとはちょっと勿体無い。

でも試したい・・・

という時にいつもGOOPASSさんを利用しています。

SONY(ソニー) FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GMをGOOPASSでチェック

こちらはRANK4のレンズとなっており、月2万円で同ランクが借り放題で、1週間だけ上位ランクの機材も借りれます。

GOOPASSさんは、ボディをマップカメラさんで購入し(買取アカウントも設定)ボディを所有しながら購入に踏み切るには勇気のいる価格のレンズを借りまくるという使い方が最強です。

icon image

Eマウントのレンズをお探しならこちらのレンズもいかがですか?!
これらのレンズもGOOPASSなら格安でレンタル。
旅行や運動会などのイベントの時期だけ使うという方にもおすすめです。
作例も用意していますので気になるレンズをチェックしてみてくださいね!

フィルムのデジタル化にもおすすめ!Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2

フルサイズで広角の単焦点レンズならこれ!FE 24mm F1.4 GM

もっと気軽に高画質をポケットに!Sigma 18-50mm F2.8 DC DN

ソニーのマクロならこれ!FE 90mm F2.8 Macro G OSS

【映像作例レビュー】FUJIFILM FUJINON MK50-135mm T2.9

Kotaro

音大を卒業後ピアニストとして活動。 自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。 その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。 帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。 独立後、音楽レーベルを立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。 その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。 村上宏治氏の元で写真、映像技術を学ぶ。 祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。 株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。 現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。