Hasselblad Makro-Planar CF 120mm F4 T* レビュー

ポイントHasselblad 503CX購入の際に一緒に中古購入したレンズです。
35mm換算だとだいたい65mmほどの距離感になります。

Hasselbladのレンズ / 35mm換算で何mm?

1992年製

筆者が購入したのは1992年製のマクロプラナー。

製造年はシリアルナンバーを打ち込むとすぐにわかるデーターベースがあります。

ハッセルブラッドのシリアル検索データベース(外部サイト)

基本的にハッセルブラッドというとやはりPlanar 80mmがベースになるかと思います。

これは35mm換算で50mm相当となり、やはり50mmに始まり、50mmに終わるカメラの世界での標準焦点距離と言えます。

筆者はあえてPlanar 80mmは選択せず、このマクロプラナーと50mmディスタゴンの2本で当分は撮影していくことにしました。

でも正直50mmってなんか苦手・・・というのもあります。

代替テキスト

もっとしっかり勉強しなさい!

代替テキスト

はい。。。頑張ります。

50mmというと、デジタル設計のレンズですが、フォクトレンダーのアポランターは最高に素晴らしいレンズです。

Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical レビュー

というわけで35mm換算65mmのマクロプラナー120mmを使っているわけです。

コントラストは低め

コントラストは若干低めで雰囲気重視のレンズであると言えます。

作例は現像中ですのでもうしばらくお待ちください。

ただし、Makro-Planar CF 120mm F4 T*とa6500を使ってのデジタルでは、やはりすごい解像度を見せてくれています。

2022年にSony α6500を買う理由 / フィルムのスキャンにも使います。

代替テキスト

例えばこちらはMakro-Planar CF 120mm F4 T*とa6500の組み合わせですが、かなりの描写力・・・
というよりもやはりカールツァイスの実力は半端ないですよね。

代替テキスト

他にもただの水なんですが、ツァイス感満載です。
ちなみにAPS機であるa6500に装着すると、100mm相当になる・・・のかな?計算あってるか自信ない。

デジタル機との組み合わせで映像

こちらはMakro-Planar CF 120mm F4 T*とa6500で収録。

後半からビールのシーンがありますが、もうツァイスの質感が素晴らしい。

LUT加工していますので、正確な色やトーンは出ていないですが、抽象的ではありますが、レンジが広い・・・何のレンジかと言われると困るのですが、いろいろな余裕が感じられます。

こっちはアンダー気味に餅を焼いてみました。

オールドレンズというには新しすぎるし、かといってデジタル設計されたレンズではないので非常にジャンル分けが難しい時代のレンズですが、強引にジャンル分けをするとすればやはりカールツァイスというジャンルです。

ツァイスのレンズは偉大です。

【作例】Carl Zeiss カールツァイス最強説!?

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。