Hasselbladのレンズ / 35mm換算で何mm?

35mm換算レンズを購入する際にはやはり35mm換算がわかると掴みやすいのではないでしょうか。
この記事ではハッセルブラッドレンズを35mm換算した場合の焦点距離をまとめています。

Hasselblad Makro-Planar CF 120mm F4 T* レビュー

Hasselblad Carl Zeiss Distagon T* 50mm F/4 レビュー

Hasselblad換算表

Hasselblad レンズ35mm カメラ
30mm16mm
38mm20mm
40mm24mm
50mm28mm
60mm35mm
80mm50mm
100mm55mm
110mm60mm
120mm65mm
135mm85mm
150mm85mm
250mm135mm
350mm180mm
500mm250mm

正確な数値を出すのは難しいですが、計算機的に出すとこのような感じになります。

45とも比較してみましょう。

35mm20mm28mm35mm50mm85mm135mm200mm
6×45判33mm47mm58mm83mm140mm225mm330mm
6×6判36mm51mm64mm90mm155mm245mm360mm
6×7判40mm55mm70mm100mm170mm260mm400mm
6×8判43mm60mm75mm110mm185mm300mm435mm
6×9判46mm65mm80mm115mm200mm315mm465mm
4×570mm100mm125mm170mm280mm450mm670mm

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜