ドメニコ・スカルラッティ (Domenico Scarlatti)

Domenico Scarlatti

1685年10月26日 – 1757年7月23日(71歳没)

イタリアのナポリ出身、スペインのマドリードで没した作曲家です。

同年にJ.S.バッハ、ヘンデルのバロック時代の代表的作曲家が生まれています。

年表

1685年

ドメニコは有名な作曲家であるアレッサンドロ・スカルラッティの子として、10人兄弟の6番目の子としてナポリに生まれる。

1701年 (15歳~16歳)

ナポリの教会付きの、作曲家兼オルガン奏者に15歳で就任。

父の命令によって1705年にヴェネツィアに移住しました。

1709年 (24歳)

ローマに住み、同地に当時亡命していたポーランド王妃マリー・カジミールの音楽監督に就任。

また、サン・ピエトロ大聖堂のジュリア礼拝堂で働き、1714年末に音楽監督のトンマーゾ・バイが没すると、その後を引き継ぎます。

ポイント

この時期に、ローマでヘンデルとチェンバロおよびオルガンの腕前を競い合ったという逸話が伝わっています。

チェンバロの勝負は両者引き分けだと感じたそうですが、オルガンの勝負ではスカルラッティが先にヘンデルの演奏を聴いただけで自分の負けを認めたという逸話が語り継がれています。※この逸話に関する重要な資料は見つかっていません。

1714年 (30歳)

ポルトガル大使のフォンテス侯爵と知り合ったことが機縁で、1719年ポルトガル王ジョアン5世はスカルラッティを王室礼拝堂の音楽監督に任命。

その後スカルラッティは1719年11月29日にリスボンに到着。

1728年 (44歳)

スカルラッティはイタリアで16歳のマリア・カタリーナ・ジェンティリと結婚。

翌年マドリードへ移住。

1738年 (54歳)

ジョアン5世はスカルラッティをサンティアゴ騎士団の騎士に叙した。

スカルラッティは最初のソナタ集「Essercizi per gravicembalo」(チェンバロ練習曲集、30曲。K.1-30)を出版。

ジョアン5世に献呈しました。

スカルラッティの名声はこの曲集によってヨーロッパ中に広がることになります。

最終曲が有名な「猫のフーガ」。

この曲集はスカルラッティの生前に出版された唯一のソナタ集でした。

1757年 (71歳)にマドリードで没した。

彼の子孫一族は今日でもスペインで生活しています。

4種類の作品管理番号

ロンゴ番号

20世紀初頭にアレッサンドロ・ロンゴによってつけられた管理番号で表記は[L]

カークパトリック番号

1953年のラルフ・カークパトリックの著書によるカークパトリック管理番号で表記は(K. または Kk.)

ペステッリ番号

1967年のジョルジョ・ペステッリの著書によるペステッリ管理番号で表記は(P.)

ファディー二番号

音楽学者で鍵盤楽器奏者のエミリア・ファディーニがつけたファディーニ管理番号で表記は(F.)

ポイント

かつてはロンゴ番号が広く使われていましたが、現在最も多く使われているのはカークパトリック番号です。

編集長オススメのスカルラッティのアルバム作品

こうたろう

服部 洸太郎

フォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ケルンを拠点に活動するアーティストAchim Tangと共に「ピアノとコントラバスのためのソナタ」を制作。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入り。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加し、本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。