ミヒャエル・フォン・プフベルク (モーツァルト関連人物)

Johann Michael von Puchberg 

1741年9月21日 – 1822年1月21日 (81歳没)

18世紀~19世紀にかけてウィーンに住んでいた商人。

彼はヴォルフガングアマデウスモーツァルトの友人としても有名で、多額のお金を貸していました。

人生

ヨハン・マイケル・プフベルクとその妻マリア・カタリーナの6番目の子供として生まれました。

青年をZwettl(ズウェットル)で過ごしています。

1768年 (27歳)

彼はウィーンにあった、マイケル・サリエットの会社に加わり、すぐにマネージング・ディレクターに昇進しています。

1773~1774年 (32歳頃)

ウィーンのフリーメーソンのロッジ、 ズーデンドライアドラー(Zu den drei)のメンバーとなります。

1780年 (39歳)

彼は1784年に亡くなったサリエットの未亡人エリザベスと結婚しました。

その後、プフベルクの兄弟、フィリップ・アントンと一緒に1785年9月に会社を引き継ぎます。

1784年 (43歳)

モーツァルトと出会います。

モーツァルトはプフベルクを真の友人と呼び慕っており、プフベルクはモーツァルトに多額のお金を貸していました。

1788年から1791年まで、少なくとも21通のモーツァルトからプフベルクに対する借金の申し込み手紙が送られています。

1793年 (52歳)

皇帝フランツ2世によって貴族に昇進しました。

1800年以降

プフベルクはビジネスに失敗し、その後ほとんどすべての財産を失ったと言われています。

1801年にプフベルクは破産を申請、最終的に1802年3月30日にプフベルクの事業は閉鎖となりました。

ハイドンとも友人

プフベルクはハイドンの友人としても有名です。

ヨーゼフ・ハイドン (Franz Joseph Haydn)

モーツァルトが1790年にコソのファントゥッテのリハーサルに出席してほしいと招待したのはハイドンとプフベルク2人だけだったそうです。

ポイント

ちなみにハイドンもモーツァルトとともに、フリーメイソンの会議に出席しています。

フリーメイソンを通して三人は非常に仲が良かったようです。

こうたろう

服部 洸太郎

フォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ケルンを拠点に活動するアーティストAchim Tangと共に「ピアノとコントラバスのためのソナタ」を制作。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入り。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加し、本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。