Kotaro Studio

オーディオ機材案内所

Base ISOとは?ISOは低いほどいいのか?

12月 10, 2022

YouTubeチャンネルを開始するという夢を抱くあなた。

カメラと映像に関する知識は、その旅の重要な一部です。

特に、映像の品質を左右する大きな要素の一つが「ISO設定」です。

写真撮影の経験から、「低ISO=高画質」という公式を学んだあなたですが、シネマカメラを手にした今、Log撮影時にISOが自動的に800に上がる現象に疑問を抱いていませんか?

この記事では、Base ISOの概念を解き明かし、なぜそれがあなたのYouTube映像制作において重要なのかを掘り下げます。

ポイント

Log撮影がいいのはわかったけど、S-log3なんかに設定するとISOが800まで上がっちゃう。
ISOは100じゃなくていいの?
そんな疑問に答えます。

簡易紹介:こうたろう

1986年生まれ
音大卒業後日本、スウェーデン、ドイツにて音楽活動
その後金田式DC録音のスタジオに弟子入り
プログラミング(C)を株式会社ジオセンスのCEO小林一英氏よりを学ぶ
現在はヒーリングサウンド専門のピアニスト、またスタジオでは音響エンジニア、フォトグラファーなどマルチメディアクリエーターとして活動中
当記事ではプログラマー、音響エンジニアとして知識とスキルをシェアしていきます

ベースISOとはなにか?

ベースISOとは、そのLog設定において最も高いダイナミックレンジの幅を獲得するための設定値であり、通常自動的にベースISOまで上がります。

FX30の場合ですとLog撮影時にフレキシブルISOか、ベースISOかを選択でき、ベースISOが800であっても、他のISOを拡張感度として選択することもできます。

ポイントちなみにここは逆らってもメリットはあまりありませんので、ベースISOで撮影するようにしましょう。
Sony FX30の場合はSlog3撮影時のベースISOは800か2500となっています。
この二択で露出などを調整していきましょう。

ちなみにこのベースISOは各メーカーそれぞれがチューニングしており、若干違っています。

CanonさんのC-Log3:ISO800となっていますが、Panasonicさんの DC S1HでのV-Logでは、低感度側ISO640に設定されています。

カメラそのものにもベースISOというのが設定されていて、ベースISOで撮影するのが一番綺麗。
709ベースでの撮影ではほとんどのベースISOは低感度域で設定されているため、低感度であればあるほど綺麗という印象がついているわけですね。
実際に高感度はシュミレーションですので、このカメラのベースISOをしっかり意識しましょう。
映像関係記事
初心者でも簡単!iPhone収録の音をFinal Cut Proでプロ並みに編集する方法
この記事では、Final Cut Proを使用した音声編集の基本から応用までを、初心者でも簡単に理解できるように解説します。…
Final Cut Pro X 備忘録 / Log撮影でピントが甘いとき
1 シャープネスを追加2 クリップごとに必要なので注意 初心者の方がLog撮影をすると、ピントが甘い! ノイズが多い! 本当に高画質なのか?! という疑問が発生するかもしれません。…
コーデックとはなにか?!code-decodeの基礎知識
1 コーデックとラッパーの違い1.1 movのコーデック例1.2 mp4のコーデック例2 アプリケーション3 トランスコーディングとマスターファイル…
Base ISOとは?ISOは低いほどいいのか?
ベースISOとは、そのLog設定において最も高いダイナミックレンジの幅を獲得するための設定値であり、通常自動的にベースISOまで上がります。…
Sony α6400 でのシネマティック動画撮影の設定方法
今回はα6400のシネマティック撮影で使っている設定、実際にアルゼンチンのチームに指示している設定項目を公開し、みなさんの参考にしていただければと思います。…
REC709 とは?Logで撮影できる色域を把握する
これに比べるとSonyの LogであるS-Gamut3.Cine(ガマットと読みます)などは圧倒的な色の情報量を持っていることがわかります。…
これなら分かる!Log撮影とはなにか?!絵画で理解
1 デッサンをしてみよう1.1 デッサンの手順1.2 これをLog撮影すると2 絵画作品で色を解説3 絵画鑑賞でカラーグレーディングを解説4 まとめ Log撮影って何?…
【Sony FX30を購入する理由】動画専用機の魅力
1 Sonyにこだわる理由1.1 Sonyを選ぶ3つの理由1.2 レンズ選び “Eマウントの強み”1.3 高いリセールバリュー1.4 高い信頼性2 動画専用機を選ぶ理由2.1…
FINAL CUT備忘録 レコーダーの音を映像と合わせる方法 “クリップの同期”
ちょうど先日映像編集、カラーグレーディングだけの依頼がありましたので、画面に沿ってお届け。…

シネマカメラでの映像制作の鍵:Base ISOの理解

Base ISOは、カメラセンサーが最も良いパフォーマンスを発揮するISO設定を指します。

この設定では、ノイズが最小限に抑えられ、ダイナミックレンジ(明るい部分と暗い部分の詳細を捉える能力)が最大化されます。

一般的なカメラでは、このBase ISOは通常100または200に設定されていますが、シネマカメラでは状況が異なります。

シネマカメラにおいて、Base ISOは800やそれ以上に設定されることが一般的です。

この高いBase ISO設定は、シネマカメラがより広いダイナミックレンジと改善された低光線パフォーマンスを提供するために最適化されているためです。

つまり、Log撮影時にISOが自動的に800になるのは、カメラが最適な画質を提供するための一環としてのことなのです。

しかしながら、高いISO設定にはノイズのリスクも伴います。

そのため、シネマカメラを使用する際には、Base ISOを理解し、それを効果的に活用することが重要になります。

この知識に基づいて、カメラの設定を適切に調整することで、YouTube映像の品質を格段に向上させることができるのです。

ISOの高低が画質に与える影響をおさらい

最適な映像のためのISO設定:利点と欠点を理解する

ISO設定が映像品質に及ぼす影響を理解することは、YouTube映像制作において非常に重要です。

ISOはカメラセンサーの感度を調整し、異なる照明条件下で適切な露出を得るために使用されます。

しかし、ISOの値には利点と欠点があり、そのバランスを理解することが鍵となります。

低ISOの利点と欠点

  • 利点: 低ISO(例えば100や200)は、ノイズが非常に少なく、画質がクリアな映像を提供します。これは、十分な光の下で理想的な選択となります。
  • 欠点: しかし、低いISOは暗い環境では不十分な露出をもたらし、映像が暗くなる可能性があります。

高ISOの利点と欠点

  1. 利点: 高ISO(例えば800以上)は、暗い場所での撮影に適しており、より多くの光を捉えることができます。これにより、低光量でも詳細を捉えることが可能です。
  2. 欠点: 一方で、高ISOはノイズの増加につながり、画質の低下を引き起こす可能性があります。特に暗い領域でのノイズは顕著になりやすいです。

バランスの取り方

映像制作では、これらの利点と欠点を踏まえ、状況に応じてISOを適切に調整することが重要です。明るい屋外での撮影では低ISOを、暗い室内や夜間の撮影では高ISOを使うことが一般的です。しかし、常にシーンの照明やカメラの他の設定(絞りやシャッタースピード)とISOをバランス良く調整する必要があります。

Log撮影とISO設定のバランス

シネマカメラでのLog撮影:最適なISO設定を見つける

Log撮影は、映像のダイナミックレンジを最大限に活用し、後処理での色調整の自由度を高める手法です。

この撮影モードでは、カメラは通常、より高いBase ISO設定を推奨します。

これには、いくつかの理由があります。

Log撮影時の高ISO設定の理由

  • ダイナミックレンジの最大化: 高ISO設定は、暗い部分と明るい部分の詳細を同時に捉えることができるため、ダイナミックレンジが広がります。
  • 後処理の柔軟性: Log撮影では、後処理での色調整が重要です。高ISOは、これをサポートするために適切な露出レベルを提供します。

最適なISO設定の見つけ方

  • 撮影環境の評価: まず、撮影する環境の光量を評価します。暗い場所では高ISOが有効ですが、可能な限り追加の照明を使用することで、ISOを下げることができます。
  • ノイズとのバランス: 高ISOはノイズを増加させるため、必要最低限のISO設定を目指します。撮影後のノイズリダクションも考慮に入れましょう。
  • テスト撮影の実施: 実際の撮影前に、異なるISO設定でテスト撮影を行い、画質とノイズのバランスを確認します。

Log撮影では、ISOをただ単に上げるだけでなく、シーンに応じた適切な設定を見極めることが求められます。

これにより、YouTube動画の品質を向上させ、視聴者に印象的な映像体験を提供することができます。

ISO設定のマスタリングは、YouTubeでの映像制作の質を向上させるための重要なステップです。

このガイドが、あなたのYouTubeチャンネル開設への道のりをサポートし、視聴者にとって魅力的な映像コンテンツを作成する手助けになれば幸いです。

その他の記事
Sony AX700 と共にすっぽん鍋の会〜すっぽんの捌き方を解説
大麦・大麦粉・地ビールのこなやさんと仲間たちとともにすっぽん鍋の会。…
【後悔しないカメラ選び】フルサイズ aps c メリット デメリット 結局どっち?!
APSを選択する場合はフルサイズ機をラインナップしていないFujifilmのカメラがフルサイズへの誘惑を断ち切ってくれますのでおすすめです。…
【スタジオ厳選】旅行に持っていくべきカメラ13選
普段別に写真はそんなに撮らないよ〜でも一生に一度のイベントだからいいカメラで想い出残したい!…
深淵なるモノクロームの世界をリコーが実現?!モノクローム専用機
1 モノクロームの美学2 モノクロームと共にある写真機3 ペンタックスKマウントのおすすめレンズ3.1 FA77mmF1.8 Limited3.2 smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4…
ポラロイドカメラのおすすめ3選〜小規模ライブのファンサービスにも!
今回はライブやイベントでも大活躍間違いなしのインスタントカメラを特集!…
【神ビデオライト】Godox ML60Bi レビュー【神ビデオライト】Godox ML60Bi レビュー
神ビデオライト過ぎたので特徴など含めてシェアしていきます。…
【注意点あり】ネットでフィルム現像 データ化までおすすめの郵送ショップ2選
この記事を見るだけで郵送現像とデータ化、郵送する際の注意点や送り方など詳しく知ることができますので、最後までお付き合いください。…
現像ソフト Sony α6400で静止画が勝手にクロップされる時
さて、写真現像ソフトに読み込んだら勝手にクロップされている場合は次の2点に注目してください。…