Base ISOとは?ISOは低いほどいいのか?

最終更新日

写真が好きな方、特にフィルムカメラなんかやってる方であれば、ISOは低ければ低いほど綺麗な画質が得られるという感覚は抜けません。

筆者も同じでした。

【注意点あり】ネットでフィルム現像 データ化までおすすめの郵送ショップ2選

icon image

ちなみにフィルム時代はこのISO感度のことをASA(アーサーかんど)感度と呼んでおり、昔のPENTAXのストロボなんかもASA表示されていたりします。

Log撮影がいいのはわかったけど、S-log3なんかに設定するとISOが800まで上がっちゃう。

ISOは100じゃなくていいの?

そんな疑問に答えます。

Log撮影のメリットについてはこちらの記事を参照してください。

これなら分かる!Log撮影とはなにか?!絵画で理解

REC709 とは?Logで撮影できる色域を把握する

ベースISOとはなにか?

ベースISOとは、そのLog設定において最も高いダイナミックレンジの幅を獲得するための設定値であり、通常自動的にベースISOまで上がります。

FX30の場合ですとLog撮影時にフレキシブルISOか、ベースISOかを選択でき、ベースISOが800であっても、他のISOを拡張感度として選択することもできます。

ポイントちなみにここは逆らってもメリットはあまりありませんので、ベースISOで撮影するようにしましょう。
icon image

Sony FX30の場合はSlog3撮影時のベースISOは800か2500となっています。
この二択で露出などを調整していきましょう。

ちなみにこのベースISOは各メーカーそれぞれがチューニングしており、若干違っています。

CanonさんのC-Log3:ISO800となっていますが、Panasonicさんの DC S1HでのV-Logでは、低感度側ISO640に設定されています。

icon image

カメラそのものにもベースISOというのが設定されていて、ベースISOで撮影するのが一番綺麗。
709ベースでの撮影ではほとんどのベースISOは低感度域で設定されているため、低感度であればあるほど綺麗という印象がついているわけですね。
実際に高感度はシュミレーションですので、このカメラのベースISOをしっかり意識しましょう。

Kotaro

音大を卒業後ピアニストとして活動。 自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。 その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。 帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。 独立後、音楽レーベルを立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。 その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。 村上宏治氏の元で写真、映像技術を学ぶ。 祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。 株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。 現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。