【ルーマニアのブランドMeze Audio】がダイナミックドライバー搭載オープンヘッドホン「109 Pro」を発表

ルーマニアのバイアマーレに本社があるメゼ・オーディオ。

2011年にMeze Headphonesとして工業デザイナーのAntonio Meze氏によって設立。

その後にMeze Audioに変更されました。

2011年設立ですので新興オーディオメーカーですが、瞬く間に日本でも話題となり、イヤホンなどの評価は非常に高いことで有名です。

icon image

新興オーディオメーカーといえば、Kotaro Studioが一押しのオーストリアに本社があるLEWITTもチェックしてね!

【保存版】LEWITTっていいマイクですか? 大口径マイクシリーズの選び方

2009年ヘッドホン開発の旅

Meze AudioのAntonio Meze氏は2009年から市販のヘッドホンのパーツを徹底的に研究し、自作のヘッドホンを開発。

世界に名を轟かせたのは2015年に発売されたMeze 99 Classics でした。

Meze 99 Classics はMeze Audio初のすべてのパーツと開発を自社で作り上げた最初の作品となり、数々の賞やノミネートを勝ち取っています。

こちらはウォルナットゴールドモデル。

評価の高さが伺えます。

109 Proについて

新開発となる50mm径ダイナミックドライバーを搭載。

軽量で共振が少ない設計が追求されており、カーボンファイバーとセルローズでコーティングされた「Wシェイプド・ドーム」を採用することによりより繊細な音表現が可能になっています。

ルーマニア製

109 ProはMeze Audio本社工場「Elite」や「Empyrean」、「Liric」と同ラインで製造。

フラッグシップモデルのヘッドホンと同等の品質管理が徹底されています。

再生周波数帯域は5Hz – 30kHz。

インピーダンスは40Ω。

感度は112dB(1mW/1kHz)。

重量はケーブルを除き約375g。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜