1883年2月13日 リヒャルト・ワーグナー 命日

今日は何の日シリーズ音楽やアートシーンの今日は何の日を特集していきます!
本日は19世紀のドイツの作曲家、指揮者、思想家、ワーグナーの命日です。
そんな本日はワーグナーの人生を少しだけ覗いてみましょう。

ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー

引用:Wikipedia

1813年5月22日 – 1883年2月13日(69歳没)

誕生〜

ザクセン王国ライプツィヒ生まれ。

父カール・フリードリヒ・ワーグナー(1770–1813))は警察で書記努めており、フランス語に堪能であったため、当時ナポレオン率いるフランス軍との通訳としても活躍していました。

父カールはリヒャルトの生後まもなく死去します。

母ヨハンナ・ロジーネ・ワーグナーはカールと親交があった俳優ルートヴィヒ・ガイヤー(ユダヤ人・実父説もあり)と再婚。

ワーグナ一家は音楽好きで一家とも親交があった作曲家カール・マリア・フォン・ウェーバーから強い影響を受けます。

その後リヒャルトは15歳のころベートーヴェンに感動。

そのことがきっかけで音楽家を志すことになります。

1831年、18歳の時ライプツィヒ大学に入学。

哲学や音楽を学びましたが数年後に中退します。

音楽家

1832年、19歳で最初の交響曲、第1番ハ長調を完成させました。

1833年にはヴュルツブルク市立歌劇場の合唱指揮者に就任します。

その後歌劇作曲家を目指しますが、貧困に苦しんだと言われています。

1834年にマクデブルクのベートマン劇団の指揮者となった際、女優のミンナ・プラーナーと出会いました。

1836年にミンナがケーニヒスベルクの劇団と契約、彼女を追ってケーニヒスベルクへ向かい、同地で結婚しました。

しかし、ワーグナーは独占欲が強く、ミンナは幾度も恋人と駆け落ちし、1837年5月にミンナは一時ワーグナーのもとから姿を消しています。

音楽家の恋ってなんかうまくいかないイメージがありますよね。
画家はそうでもないのに。。。

ワーグナーパリへ

1839年、ロンドンからドーバー海峡を渡る船上にて婦人からパリで成功したユダヤ人作曲家ジャコモ・マイアベーアへの紹介状を書いてもらいました。

銀行家の息子だったマイアベーアはパリで1824年に『エジプトの十字軍』を成功させており、その後『悪魔のロベール』(1831年)、オペラ『ユグノー教徒』(1836年)の大ヒットを経て、1842年にはベルリン宮廷歌劇場音楽監督に就任しました。

ポイントマイアベーアの『預言者』(1849年)では最初の10回の収入だけで10万フランの収益。
さらに版権で44000フランを獲得。
その他レジオンドヌール勲章、ザクセン騎士功労章、オーストリア・フランツ・ヨーゼフ騎士団騎士勲章、ヴュルテンベルク上級騎士修道会勲章、エルネスティン家一級指揮勲章、イエナ大学名誉博士号、ベルリン芸術アカデミー顧問など数々の名誉を獲得していました。
メモ当時多くのユダヤ人がキリスト教に改宗する時代でしたが、マイアベーアは改宗を拒否した数少ない例であったと伝えられています。
マイアベーアは聴衆のほとんどは反ユダヤ主義であるとハイネへの手紙に残されています。
Giacomo Meyerbeer, 1791年9月5日 – 1864年5月2日(72歳没) / 引用:Wikipedia

貧困からの脱出

マイアベーアの紹介で、ユダヤ人出版商人シュレザンジューから編曲や写譜の仕事を紹介してもらい、他にも雑誌への寄稿を求められて、小説『ベートーヴェン巡礼』を連載しました。

ポイント1840年の「ドイツの音楽について」でワーグナーは、ドイツ国はいくつもの王国や選帝侯国、公国、自由帝国都市に分断されており、国民が存在しないため、音楽家も地域的なものにとどまっている、しかしドイツはモーツァルトのように、外国のものを普遍的なものにつくりかえる才能があると論じています。
メモ偽名で発表したエッセイ「ドイツ人のパリ受難記」(1841)では「パリでドイツ人であることは総じてきわめて不快である」と記されており、ドイツ人は社交界から排除されているのに、パリのユダヤ系ドイツ人はドイツ人の国民性を捨て去っており、銀行家はパリでは何でもできる」と書いています。
ワーグナーの身近にいたマイアベーアは事実、偽客(サクラ)を動員したり、ジャーナリストを買収するなどしており、ハイネもそうして獲得したマイアベーアの名声に対して「金に糸目をつけずにでっちあげた」と批判していました。

1842年頃から、ワーグナーはシューマンへの手紙の中でマイアベーアを「計算ずくのペテン師」と呼ぶようになっていました。

再びドイツへ

1842年4月にワーグナーはパリからザクセン王国ドレスデンへ戻りました。

ドレスデンでの1842年10月20日の『リエンツィ』初演は大成功となり、ワーグナーはようやく注目されはじめました。

1844年にはイギリスで1826年に客死したウェーバーの遺骨をドレスデンへ移葬する式典の演出も担当。

ポイントウェーバーを尊敬していたワーグナーは葬送行進曲とウェーバーを讃える合唱曲を作詞作曲しています。

1846年、ワーグナーは毎年恒例であった復活祭直前の日曜日におこなわれる特別演奏会にて、ベートーベンの『第九』を計画。

当時『第九』は演奏される機会も少なく、周囲から猛反対されましたが、徹底したリハーサルや準備の甲斐あってこの演奏は大成功となりました。

この頃から、第九が名曲としての評価を確立することになります。

この頃1847年夏、ワーグナーはヤーコプ・グリムの『ドイツ神話学』に触発され、古代ゲルマン神話の研究をはじめました。

ドイツ三月革命

1848年3月にドイツ三月革命が勃発。

ワーグナーは、レッケルを通じてバクーニンと知り合い、1849年4月8日の「革命」論文では、革命は崇高な女神であり、人間は平等であるため、一人の人間が持つ支配権を粉砕すると主張していました。

1849年5月のドレスデンでワーグナーもバリケードの前線で主導的な役割を果たしていましたが、ドレスデンを脱出後、指名手配を受けてスイスのチューリッヒに亡命。

1849年、ドレスデンで起こったドイツ三月革命の革命運動に参加したワーグナーは、当地に来ていたロシアの革命家のバクーニンと共に運動は失敗。

全国で指名手配され、フランツ・リストを頼りスイスへ逃れます。

チューリッヒで1858年までの9年間の亡命生活をおくり、この亡命中にも数々の作品を生み出しています。

ポイント亡命先のスイスでゲルマン神話への考察を深め、1849年には『ヴィーベルンゲン 伝説から導き出された世界史』の中で「ドイツ民族の開祖は神の子であり、ジークフリートは他の民族からはキリストと呼ばれ、ジークフリートの力を受け継いだニーベルンゲンはすべての民族を代表して世界支配を要求する義務がある。」とする神話について触れています。

1849年6月に指名手配を受けたワーグナーはパリでのマイアベーア流行に対して資本主義的音楽産業の兆候に対し憎悪するようになりました。

メモワーグナーは友人テーオドーア・ウーリクとマイアベーアの『預言者』を観劇し、「純粋で、高貴で、高慢で、真正で、神的で人間的なものが、すでにそのように直接暖かく、至福の存在において息づいている」と称賛しているが、これは嘲笑ともされ、この時期にワーグナーは「内心軽蔑していたパトロンたちにさえ、馬鹿にされていたのが実は我々だった」とリストに述べています。

ユダヤとの関係

翌1850年、ワーグナーが変名で『音楽におけるユダヤ性』を「新音楽時報」に発表。

ユダヤ人は模倣しているだけで芸術を作り出せないし、芸術はユダヤ人によって嗜好品へと堕落したと主張しています。

また、「ユダヤ人は現に支配しているし、金が権力である限り、いつまでも支配し続けるだろう」とも述べています。

ワーグナーは『音楽におけるユダヤ性』で、マイアベーアを名指しでは攻撃せずに、ユダヤ系作曲家メンデルスゾーン・バルトルディを攻撃。

ポイントワーグナー曰く、「メンデルスゾーンは最も特殊な才能に恵まれ、繊細かつ多様な教養を有しているが、心を魂をわしづかみにするような作用をもたらさないし、バイロイト時代には才能を持っているが力を伸ばすにつれて愚かになっていく猿」と評しています。

ただし、ワーグナーはメンデルスゾーンの『ヘブリデス』序曲(1830年)を称賛、崇高であるとも評価しています。

メンデルスゾーンは1847年に死去しており、『音楽におけるユダヤ性』はその三年後に発表されました。

メモ『音楽におけるユダヤ性』を発表して以降、ワーグナーはマイアベーアの陰謀で法外な非難を受けたと述べており、1851年にワーグナーはフランツ・リストに向け、「以前からユダヤ経済を憎んでいた」と述べており、1853年にはユダヤ人への罵詈雑言をフランツ・リストの前で語るようになっていたと伝えられています。

脱・亡命者〜思想家色

1861年にはワーグナーが実名で『音楽におけるユダヤ性の解説』を刊行した。

この時期、ワーグナーは数人の女性と交際していました。

特にチューリヒで援助を受けていた豪商ヴェーゼンドンクの妻マティルデと恋に落ち、この時期からミンナとは別居しています。

しかしこの不倫は実らず、チューリヒにいられなくなったワーグナーは以後1年余りヴェネツィア、ルツェルン、パリ転々とした生活を送ります。

ポイント1860年にようやくザクセン以外のドイツ諸邦への入国が許可され、1862年には恩赦によってザクセン入国も可能となり、ワーグナーは法的に亡命者でなくなりました。

別居してドレスデンに住んでいた妻ミンナと再会しましたが、この再会以後二人が会うことはなかったと言われています。

1867年には『ニュルンベルクのマイスタージンガー』が完成。

1868年6月21日にビューローの指揮によってミュンヘン宮廷歌劇場で初演されました。

メモ『ニュルンベルクのマイスタージンガー』では「たとえ神聖ローマ帝国は雲散霧消しても、最後にこの手に神聖なドイツの芸術が残る」(3幕5場)と述べられています。

ワーグナーは1880年の論文「宗教と芸術」で、音楽は世界に救いをもたらす宗教であると論じており、キリスト教からユダヤ教的な混雑物を慎重に取り除き、崇高な宗教であるインドのバラモン教や仏教などを参照し、純粋なキリスト教を復元しなくてはならないとし論じました。

菜食主義と動物愛護、節酒にあるとし、南米大陸への民族移動を提案しています。

メモワーグナーの菜食主義は、ヒトラーの菜食主義にも影響を与えました。

晩年の1881年2月の論文「汝自身を知れ」においては、ワーグナーは現在の反ユダヤ運動は俗受けのする粗雑な調子にあると批判し、ドイツ人は古代ギリシアの格言「汝自身を知れ」を貫徹すれば、ユダヤ人問題は解決できると論じています。

ワーグナーの目標はユダヤ人を経済から現実に排斥することでなく、現代文明におけるユダヤ性(Judenthum)全般を批判し、フランスの流行や文化産業と一体化したものとして批判していました。

ワーグナーにとって、ユダヤ人は「人類の退廃の化身であるデーモン」であり「われわれの時代の不毛性」であり、ユダヤへの批判はキリスト教徒に課せられた自己反省を意味し、またユダヤ教は現世の生活にのみ関わる信仰であり、現世と時間を超越した宗教ではないと論じています。

晩年にかけてさらに思想家としての立場が強くなっていきます。

1881年9月の論文「英雄精神とキリスト教」では、人類の救済者は純血を保った人種から現れるし、ドイツ人は中世以来そうした種族であったが、ポーランドやハンガリーからのユダヤ人の侵入によって衰退させられたとして、ドイツの宮廷ユダヤ人によってドイツ人の誇りが担保に入れられて、慢心や貪欲と交換されてしまったとワーグナーは論じた。
ユダヤ人は祖国も母語も持たず、混血してもユダヤ人種の絶対的特異性が損なわれることがなく、「これまで世界史に現れた最も驚くべき種族保存の実例」であるに対して、純血人種のドイツ人は不利な立場にあるとされた。
なお、ワーグナーはユダヤ系の養父ルートヴィヒ・ガイアーが自分の実の父親であるかもしれないという疑惑を持っていた。

Wikipedia
ポイント1881年、ワーグナーはバイエルン国王ルートヴィヒ2世への手紙でユダヤ人種は「人類ならびになべて高貴なるものに対する生来の敵」であり、ドイツ人がユダヤ人によって滅ぼされるのは確実であると述べています。

ワーグナーの最期

1883年2月13日、ヴェネツィアにて旅行中に亡くなりました。

旅行中当時書いていた論文は『人間における女性的なるものについて』で、その執筆中心臓発作が起きての死でした。

ワーグナーは死ぬ直前に「われわれはすべてをユダヤ人から借り出し、荷鞍を乗せて歩くロバのような存在である」とも述べています。

コジマはベッドに横たえられたワーグナーの遺体を抱きかかえて座り、一日中身動きひとつとしなかったそうです。

コージマ・フランチェスカ・ガエターナ・ワーグナー(Cosima Francesca Gaetana Wagner, 1837年12月25日 – 1930年4月1日
ポイントリヒャルト・ワーグナーの2番目の妻。
父親はピアニストで作曲家のフランツ・リスト。
母親はマリー・ダグー伯爵夫人。
両親は10年以上にわたり愛人関係で、その次女としてイタリアのベッラージョで生まれました。

死後の影響力

ワグネリアンとして有名なヒトラーは晩年のコジマに面会しています。

ワグネリアンとは?ワーグナーの音楽に心酔している人々のことを指し、「ワグネリアン」という言葉は一般的な英和辞典にも掲載されています。

1930年にコジマと息子ジークフリートが相次いで死去。

ワーグナーの息子ジークフリート夫人のヴィニフレートは、ナチズムとは一定の距離を置いていた亡夫ジークフリートとは対照的で、ヒトラーに公私共に接近(一時は結婚の噂もあったほど)、祝祭劇場はナチス政権の国家的庇護を受けています。

ワーグナーの関連作品

まとめと私感

さて2月13日は音楽教育家だったブルグミュラーの命日でもあります。

ヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラー(Johann Friedrich Franz Burgmüller, 1806年12月4日 – 1874年2月13日)は、ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。

日本では入門期25の練習曲 作品100などで知られていますね。

今回はワーグナーの社会的、歴史的影響力を考慮してワーグナーを紹介しました。

情報の単なるコピペにならないようここで少し私感を執筆します。

ナチス、ヒトラーの思想へ受け継がれており、ユダヤ人とドイツとの関係性が19世紀から激化していく様子が垣間見えたと思います。

あまりに過激だと感じましたか?

この記事はかなりの部分を割愛しています。

実際はもっと過激な発言もたくさん残されており、ナチスドイツの歴史を見ると最終的にどこまで過激になったか歴史が語る通りです。

この辺りに関してはまた別の機会にというわけで、今回はやはり芸術的視点をピックアップしたいと思います。

ワーグナーの述べる資本主義が崇高な芸術を破壊するという考え方、端的に言うとこういうことになるかと思いますが、現代でもアーティストの中でそういった議論を交えている方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに行きすぎた資本主義は個々の創造性を否定することに繋がるかもしれません。

なぜなら少数派であるクリエーターが1で聴衆が99の割合だとすると、純粋なトレードでは99の需要に合わせるしかないからです。

無論逆の割合でも取引は成立しません。

この点でマイアベーアは99の需要に応えつつ作品を取引し、またマーケティングの面でも広告費(さくら客など)を投入し、資本主義の純粋な取引を行なっていたと考えられます。

非常に合理的かつユダヤ人的な思考だと言えます。

しかし、徹底追求された共産主義もまたアートを破壊すると言えないでしょうか。

クリエーターにとってどちらがいいのでしょうか?

これは視点を変えることで大きく変化します。

まるでシーソーのそうな関係性だと言えます。

シーソーでは右と左、どちらが重く、どちらが軽いのでしょうか?

そもそもシーソーの右はどっちで、左はどっちでしょうか?

クリエーターはいつの時代もこのシーソーを乗りこなさなければいけません。

たとえ同じ重さでも支点を変えれば高低差も変わります。

今時代はどちらに傾いているのか?

今上がっているのはどっちか?

仮に自分の思い、思想、クリエイティビティーが軽くなる時代になった場合、無理やりいろいろなものを載せて重くし、シーソーを逆転するエネルギーをかけることは非常に効率が悪いと言えます。

逆転させるよりももっといい方法があるわけです。

もしあなたのクリエイティビティーが軽く、シーソーが高く上がっていった場合、あなたはより高い位置から世界を見渡せることになります。

筆者はユダヤ人のタルムードや叡智を勉強してきましたので、マイアベーアの考え方も非常によく理解できますし、ワーグナーの真っ直ぐで一生懸命な熱い創作活動もまた一人のアーティストとして理解できる点が多々あります。

ただし、人は誰が創ったのか?

地球は誰が創ったのか?

日本は誰が創ったのか?

そして資本主義のシステムは誰が創ったのか?

この一件深い歴史のように見えて非常に表面的な概念を追い続けるよりも、「今、ただ在る」この状態をどう生きるか?が重要ではないでしょうか。

私たちは誰が創ったか知らない人間であり、誰が創ったか知らない地球に住み、誰が創ったか知らない日本に住んでおり、誰が創ったか知らない資本主義のシステムで生きています。

システムをただ冷静に分析し、そのシステムと共に生きる。

そして平和を創造する。

やっぱりそれでいいんじゃない?

ワーグナーの命日に改めてそんなことを考えながら締めくくりたいと思います。

そこに在るシステムと共に生きる、そして平和を創造する。

芸術とは、平和のためだけに「ただ、ここに在る」はずなのですから。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。