【音響の基礎】オーディオインターフェイスとは?

オーディオインターフェイスとは?

デジタルオーディオをマスターするためには、まずはこのオーディオインターフェイスとは何か?

を理解する必要があります。

デジタルオーディオのすべての軸といっても過言ではない存在です。

PCの拡張

通常PCのマザーボードにはオーディオインターフェイスがそもそも搭載されています。

そのため、ノートパソコンや、完成されたデスクトップパソコンのイヤホンジャック(イヤホンやヘッドホンを挿す場所)にイヤホンやヘッドホンを挿すと、そのままパソコンの音を再生できるわけです。

そして実は当然初期に搭載されているオーディオインターフェイスでも録音はできるわけです。

つまりオーディオインターフェイスとは、パソコンの音の出入り口と説明することができますね。

もっと良いモノを

しかし!

当然、プロレベルの音響環境を手に入れるためには、マザーボードにデフォルトで搭載されているオーディオインターフェイスでは寂しい。。。

というわけです。

例えノートパソコンを買っても、「入力はこのキーボード!」という方、モニターはこれがいい!

とかあるかと思います。

ちなみにテキスト入力用のキーボードはこれで決まりです。

もっと快適に、もっと良い音でを叶えてくれる拡張機器がオーディオインターフェイスということになります。

オーディオインターフェイスの役割

オーディオインターフェイスは様々な機能が付いたものが各社から発売されています。

全機能は紹介できませんので、音の良し悪しを左右する超重要なポイントだけピックアップして紹介します。

デジタル信号をやり取りするものに関してはここでは割愛させていただきます。

コンバーター部分

アナログ信号をデジタル信号に変換するためのADC(エーディーコンバーター)

デジタル信号をアナログ信号に変換するためのDAC(ディーエーコンバーター)

ポイント

ここがポイント。
ここは超重要ポイントです。
オーディオインターフェイスを選ぶ際には機能面ばかりに目がいきがちですが、重要なのは音が良いか、悪いか。。。ですよね。
まずはここのコンバーターが良くないとどうにもならないのがポイント。

モニター環境

さらに、通常はヘッドホンアンプ(ヘッドホンで音を聴くための音信号増強装置)。

音をモニターする際には重要なポイントになってきます。
なにが重要か?
例えば外部のレコーダーで録音した音源や、異なる環境で収録した音源をマスタリング編集するのはそのオーディオインターフェイスでDACされた音になるわけです。
だからこそ、ちゃんとしたモニターがないと細かいところまでみることができません。

こちらも上級者になると、マスタリングするときは、このDACとヘッドホンアンプを使ってマスタリングします。
というように、用途によって使い分けていきます。

マイクプリアンプ

コンテンツ制作者にとっては、主に録音用途で使うことになるオーディオインターフェイスですが、実はここもコンバーター同様超重要なポイントになってきます。

ここですべての音が決まるといっても過言ではありません。

ここが超重要だからこそ、上級者になってくると、オーディオインターフェイスとは別にマイクアンプだけ別で拡張して使用したりします。

これはもちろんオーディオインターフェイスには通常搭載されていますが、上級レベルになってくるとまずは拡張したいポイント第一位となることでしょう。

音響マニア同士での会話では、「○〇のオーディオインターフェイス買ったよ!」「そうなんだ。マイクアンプどうなの?」が最初に。

その後に、「ヘッドホンアンプは?」「ADCはどこのチップ?」「SN比は?」

となるわけです。

つまり、マイクアンプなどに関して拡張せずに録音できそうか?(良い音かどうか?)を真っ先に知りたいんですね。

ポイント

ここの性能で音が決まってくる!ということだけでも覚えておくと、機材選びで迷うことが減ります。

まとめ

本日はオーディオインターフェイスとは何か?

についてざっくりと理解していただければと思います。

オーディオインターフェイスとは、パソコンの音の出入り口。

デジタルオーディオ&音響をマスターするためには最重要機材となります。

ここまで読んでいただいた方はお察しかと思いますが、オーディオインターフェイスがパソコンの音部分を拡張するための機器ですが、オーディオインターフェイスもまた、各機器(部位)を拡張することが可能です。

組み合わせは本当に数えきれないほどあります。

だからこそ、初心者も上級者もいつまでたっても環境構築に悩み続けるオーディオ沼に陥ります。

まさにレンズ沼と同じですね。

Youtube動画でも解説していますので是非チャンネル登録と応援よろしくお願いします。

【初級オーディオ講座】オーディオインターフェイスの選び方!入門機から高級機までおすすめ紹介(Youtubeへ移動)


この記事を書いた人

こうたろう

元ピアニストでフォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてヨーテポリを拠点に活動するシンガーアーティストLindha Kallerdahlとセッションを重ね声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、活動を開始。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。