Sennheiser MKE2 音質チェック

費用対効果が非常に高いとも言えるMKE2の音質チェックをしてみたいと思います。

筆者が長期間に渡り愛用しているマイクロフォンで、無指向性ラべリアマイクの選択肢としては、かなり優先順位の高い選択になるかと思います。

【おすすめマイクロフォン】 無指向性で勝負編(サイト内記事)

ポッドキャストにおすすめのマイクは?!【シーン別おすすめマイクロフォン選別】 低予算編(サイト内記事)

ピアノ録音のマイクは?!弦楽器のマイクは?!【シーン別おすすめマイクロフォン】 予算たっぷり編(サイト内記事)

Sennheiser(ゼンハイザー)

ゼンハイザーは1945年創業のドイツのオーディオ機器メーカーです。

音楽制作現場や映画制作現場などのプロフェッショナル用途にも第一線で活躍しています。

フリッツ・ゼンハイザー博士(Dr. Fritz Sennheiser)によって創立された当初は”Laboratorium Wennebostel”という社名でした。

1956年に現在のゼンハイザーとなります。

ゼンハイザーの工場は現在

  • ドイツ二か所
  • アイルランド一か所
  • アメリカ(ニューメキシコ州)一か所

です。

ピアノ音源で音質チェック

Sennheiser MKE2 + ZOOM F4 + YAMAHA CFⅢ

現場の写真@:ガラス張りのホールです。
ジャズスタンダードナンバー
機材費用の目安

Sennheiser MKE2 × 2 →「約10万円(2019年10月最安値)」
ZOOM F4  →「約5万 (2019年10月最安値)」
合計 : 15万円

こちらの収録は同じ現場にて同時にQTC30とDPA4006のマイクロフォンでも収録しています。

レコーダーが違っていたりと、厳格な比較音源とはいきませんでしたが、是非聴き比べてみてください。

EARTHWORKS QTC30 音質チェック(サイト内記事)

EARTHWORKS ( アースワークス ) / QTC30MATCED PAIR

無指向性マイクの王者?『DPA 4006』 音質チェック(サイト内記事)

DPA ( ディーピーエー ) / ST4006A

Sennheiser MKE2 + ZOOM F4 + harpsichord

William Byrd La Volta:チェンバロ音源

ZOOM F4 レビューと音質チェック(サイト内記事)

フィールドレコーダー ZOOM F6 ビデオグラファー必須の一台(サイト内記事)

Sennheiser MKE2 + ZOOM F4(Tango 音源)

Sennheiser MKE2 + ZOOM F4 :ワンポイント録音

バリオシノ日本公演の際のリハーサル風景。

こちらの映像はこのバンドを収録した際のピアノソロでのリハーサル収録風景です。

ちなみにこちらの位置でマイク位置が微妙だったので、ほんのわずかに調整した版がこちら。

同じ曲ですが、別テイクです。

修正位置の方が音が安定しています。

これだけ明確に差が出ると言うのは的確に音場を捉えている証拠と言えます。

ゼンハイザーは外れがない??!

音響機器メーカーとしての信頼が非常に厚い印象です。

ゼンハイザーで大きく外すことはない。。。

と感じています。

実際にゼンハイザーの製品でこれは大失敗だ!!!

と感じたことは一度もありません。

ヘッドホンなどはもちろん装着感などの好みも分かれると思いますが、音に関しては大きく外すことはないというのが筆者の感じたこと。

【続・モニターヘッドホンはおすすめが1つしかない件】モニターと視聴は分ける(サイト内記事)

録音エンジニアとしての入門マイクであれば、 Sennheiser MKE2 × 2 →約10万円で充分に仕事として受注できると確信しています。

みなさんの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

こうたろう

元ピアニストでフォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてヨーテポリを拠点に活動するシンガーアーティストLindha Kallerdahlとセッションを重ね声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、活動を開始。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。