EARTHWORKS QTC30 龍笛ソロ & 室内楽&ピアノソロでの音質チェック

代替テキスト

こんにちは当サイトへお越しくださりありがとうございます!
お越しくださったあなたはもう友達です。
わたしは音楽家になって数十年・・・
筆者の詳しいプロフィールに関しては『わたしたちについて』や『服部  洸太郎音楽作品リスト』をご覧ください。

わたしたちについて『チームのメンバー』

服部 洸太郎 音楽作品リスト

EARTHWORKS(アースワークス)は、1979年にデヴィッド・ブラックマー氏によって設立されました。

レコーディングマイク、測定用マイクなどを手掛ける、アメリカのオーディオメーカーです。

アメリカ発のマイクロフォンメーカーということで、多くのジャズミュージシャンが愛用していることでも有名です。

そんなアースワークスの音質チェックを紹介!

一般向けマイク

QTC30は他にもQTC40,QTC50とシリーズがある中で、サードラインの位置づけになります。

EARTHWORKS ( アースワークス ) / QTC30MATCED PAIR

2022年(8月)時点では価格が大幅に改定されており、QTC30も40も価格差がほぼなくなっていますので、現時点で購入するのであればQTC40が絶対にお得です。

 EARTHWORKS ( アースワークス ) / QTC40MATCED PAIR をサウンドハウスでみてみる EARTHWORKS ( アースワークス ) / QTC40MATCED PAIR をサウンドハウスでみてみる
ポイントQTC50は30と比較しても全くの別物、40と比較してもお値段が張るだけあると言えるレベルなので、QTCを気合いの一本として購入する場合は、やはりQTC50がベストだと思います。
EARTHWORKS ( アースワークス ) / QTC50MATCED PAIR をサウンドハウスでみてみる

音質チェック

DPA 4006 + RME Fireface UC + YAMAHA CFⅢ

現場の写真:ガラス張りのホールです。
ジャズスタンダードナンバー

こちらの収録は同じ現場にて同時にMKE2とDPA4006のマイクロフォンでも収録しています。

レコーダーが違っていたりと、厳格な比較音源とはいきませんでしたが、是非聴き比べてみてください。

無指向性マイクの王者?『DPA 4006』 音質チェック(サイト内記事)

Sennheiser MKE2 音質チェック(サイト内記事)

Piano + Cello + CL教会録音

Piano + ソプラノ歌手 教会録音

ポイントマイクアンプはZOOM F4のものを使用。
現在(2022年8月時点)だとF6がおすすめです。

こちらの教会収録の分は以下の記事で指向性マイクKM184の音源を掲載していますので、是非比較試聴してみてください。

【NEUMANN KM 184】各マイク位置でのピアノ音源テストや比較なども!

龍笛ソロ:吉備楽

意外でしたが、日本の古楽器などとの相性はいいように感じました。

他に笙の収録などをしましたが、やはり笙などの空間を演出する楽器には無指向性マイクが合いますよね。

QTC30

QTC30の次にKM184も聞いてみてください。

KM184

まとめ

生産ロットによって、木箱のものと、プラケースのものと違うそうです。

木箱の場合は高級感がありますが、持ち運びに苦労しますし、プラケースは高級感は劣りますが携帯に便利です。

購入の際は木箱かプラケースかどちらの発送になるか、必ず販売店に確認しましょう。

サウンドハウスさんでの購入はこちら

EARTHWORKS ( アースワークス ) / QTC30MATCED PAIR

音質の特徴としては、滑らかなヌメりのある音質。

好き嫌いがはっきりと分かれる音質ではあります。

価格改定が激しいのも特徴で、2022年時点ではQTC40との差がほとんどないことからQTCのサウンドがはまればQTC40の購入がおすすめ。

はまれば最高だし、好みに合わなければ取り扱いが難しいマイクロフォンとなります。

同価格帯だとDPA2006AやMKH8020が比較対象となってきます。

MKH8020とは真逆のキャラクターになりますので、一度聞いてみてください。

【このマイク、凄いです】SENNHEISER MKH8040, MKH8020を徹底分析

icon image

こちらの記事もいかがですか?
オーディオやマイクロフォンに関する役立つ情報をお届けしています!

NEUMANN KM 184の音源多数!KM184の音を徹底特集! 【NEUMANN KM 184】各マイク位置でのピアノ音源テスト 当スタジオの音響最高顧問”五島昭彦氏”の録音作品紹介ページ。
音源ごとに使用機材やマイクロフォンを記載していますので是非参考にしてみてください。
金田式DC録音:五島昭彦氏の録音作品リスト コスパ最強!当スタジオではLEWITTのマイクロフォン激推し中です! 【保存版】LEWITTっていいマイクですか? このセット・・・凄いです・・・ 【無指向性の決定版を完全ガイド】”Tascam DR-05X + バイノーラルマイク” 金田式DCアンプは聞いたことのあるオーディオファンは多いでしょう。
こちらは金田式DCマイク。
市販されているものではないので、かなりのオーディオマニア向けですが、興味のある方はご覧ください。
【金田式DCマイク】 ショップス MK2, DPA2006カプセルでテストレポート 位相変換が必須のため、中級者以降向けの記事ですが、おすすめの無指向性マイク! 【コスパ最高】 COUNTRYMAN ( カントリーマン ) / B3 当スタジオ一番人気の記事はこちら! 天才になるには・・・ 実はとても簡単でした。
icon image

ポッドキャストや音楽アルバムも是非チェックしてね!

Kotaro Studio 音楽作品

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
アルゼンチンに関する情報に特化した『青いタンゴ礁』も運営中!