ビールの音&波の音 Tascam DR-100MKIII

内蔵バッテリー+単三乾電池で野外収録にも最適なDR-100MKIIIについてお届け。

内蔵マイクを使ったサンプル音源も多数ご用意していますので、是非参考にしてみてください。

ポイントこのレコーダーは瀬戸内海の映像プロジェクトで音響担当をしていた際にロケ先でよく使っていたレコーダーでした。
そのため瀬戸内海や尾道の音を多数収録しています。

主な特徴

『DR-100MKII』の後継機種で、現場に必要な信頼性と音質を兼ね備えています。

最大の特徴はデジタルインの搭載。

デジタルインが搭載されていると、自作のADCや、その他のシステムを併用したりできるのでシステムの幅が非常に広がります。

他にも以下の特徴があります。

      
  1. A/DコンバーターにAKM製AK4558を搭載しS/N比102dBを達成。
  2.   
  3. 2基のAK4558を使用するデュアルADC機能を搭載。
  4.   
  5. XLR/TRS入力に低ノイズHDDAマイクプリアンプを搭載。
  6.   
  7. 24bit/192kHzでの録音が可能。
  8.     
  9. 単一指向性マイクにショックマウント機構を搭載。

この中でも192khzが収録できること、またデュアルADC機能が搭載されていることが大きな特徴の一つではないでしょうか。

XLR/TRS入力でのマイクアンプの性能も素晴らしいものでしたが、内蔵マイクの性能もかなりの仕上がりです。

音質チェック

内蔵マイクと外部マイクの比較 でテストしていきましょう。

テスト条件はこちらになります。

      
  • ピアノはS400B。
  •   
  • 同じピアニスト。
  •   
  • 同じ部屋。
  •     
  • 別テイク。
  •     
  • 掲載音源はMP3/320kbps。

内蔵マイクでのピアノ音源

まずは、完全本機のみ録音のピアノ録音。

DR-100MKIII 単一指向性内蔵マイクによるワンポイント録音

シベリウス:樅ノ木 – 内蔵マイク

外部無指向性マイクでのピアノ音源

DR-100MKIII + WM-61A 無指向性マイクロフォンペアによるワンポイント録音。

シベリウス:樅ノ木 – 外部マイク
内蔵マイクの指向性の精度が高く、性能が良いため、しっかりと鍵盤のアタリ具合や、質感が表現されています。

他にもクラシック音楽作品を収録していますので、少し紹介したいと思います。

DR-100MKIII + WM-61A 無指向性マイクロフォンペア

アルベニス:スペイン(加工編集無しの状態) – 外部マイク
ラベル:プレリュード – 外部マイク

日常の音

日常の音も収録テストしていますので参考にしてみてください。

ビールの音(外部マイク)

明治時代の振り子時計を巻き上げる(外部マイク)

尾道の観光地〜千光寺ロープウェイに乗ってみた(外部マイク)

瀬戸内海の波の音内蔵マイク)

尾道水道〜福本渡船エンジン音(内蔵マイク)

尾道の昭和初期から続くラーメン店の店内(外部マイク)

まとめ

こんな人にオススメ

  • デジタルインが搭載されているので、外部でADCのシステムを持っている方。
  • 内蔵ADCの性能が良いので、外部マイクにこだわりのある方。
  • 192khzで残しておきたい。

みなさんの参考になれば幸いです。

【Tascam】 レコーダー DR-60D MKII 音質チェック&レビュー(サイト内記事)

【Tascam】 DR-100MKIII 音質チェック(サイト内記事)

TASCAM DR-40X 内蔵マイク VS 外部マイク 音質チェック(サイト内記事)

TASCAM ( タスカム ) / SERIES 208i を購入レビュー(サイト内記事)

この記事を書いた人

こうたろう

元ピアニストでフォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてヨーテポリを拠点に活動するシンガーアーティストLindha Kallerdahlとセッションを重ね声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、活動を開始。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。

Writer's profile

服部洸太郎
服部洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在はKotaro Studioにて民族音楽に関する文化を研究。
「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに誰かがいつでも訪れ安心感が得られるサイトを模索中。