NiceFoto LEDΦ90cm ソフトボックス レビュー&テスト

先日撮影用ライトGODOX SL150WIIを購入しました。

撮影用ライト【GODOX SL150WII】レビュー&テスト

本日はライトと一緒に購入したソフトボックスのレビューをお届けしたいと思います。

映像にて簡単なテストもしていますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

NiceFoto LEDΦ90cm

購入動機としては簡単で、ライトのところで一緒に買われているリストにあったから。

もう凄まじい種類のこういうのが売られていてわからなくなりますよね。

しかし、こういうのはだいたい価格に応じてクオリティーが上がるもの。

もっと安く買えるものもあったのですが、今回はこちらにしました。

ちなみに一緒に買ったライトはこちらです。↓↓↓

直径サイズの選び方

今回90cmのものを購入しましたが、デカイ。。。

めっちゃデカイです。

ただし、サイズを60cmなど小さくしていけばいくほど、ライトのグラデーションは荒くなっていきます。

より滑らかにライトを当てるのであればやはり大型にしていくのがいいかと思います。

サイズがどうしても気になるようでしたらボックスタイプではないものも検討してみてはいかがでしょうか。

組み立てとマウント

Bowensマウントに対応しています。

組み立て自体は本当に簡単で、持ち運びも非常に便利です。

骨がしっかりしているので、安物のボックスにありがちな自重ですでに折れそうな骨ではありません。

小さな子供だったら壊せない?くらいしっかりしています。

ライトスタンドは重要

同時にこちらのライトスタンドも購入していますが、こちらはかなりしっかりしています。

やはりライト本体とソフトボックスをつけると結構な重量になりますので、スタンドの安定感はかなり重要に。

こちらのスタンドはタイトルの通り、かなり頑丈で安定感は抜群。

お値段以上の安心感を提供してくれると感じました。

今後ライトスタンドはこちらのシルバータイプのもので統一していこうと思います。

グリッド

グリッドも付属していますので、撮影の状況に応じてライトの指向性を調整することができます。

みなさんの参考になれば幸いです。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。