【2024年最新】今話題の音楽生成AIサービス3選と音楽制作の未来予測

最終更新日

簡単なトラックの作成や作曲であればAIが行えるようになりました。

動画のBGMなどもプラットフォームから提供されているものもあり、2024年時点で映像クリエーターのBGMの悩みはほぼ解消されたと言えるでしょう。

筆者も音楽配信ブランドCuranz Soundsから432hzシリーズやその他ヒーリング音楽をリリースしていますので、是非SNS投稿の際は『Kotaro Studio』や『Curanz Sounds』と検索して使ってみてください。

ヒーリング音響専門ブランド

本日は筆者が実際に使ってみて使いやすいと感じたオリジナルの音楽を自動で生成してくれるAIサービスを3つに絞って紹介します。

自分にあったサービスを選んでみてください。

結論初心者〜中級者は最初の二つ、上級者やプロの方はAIVAがおすすめです。

簡易紹介:こうたろう

1986年生まれ
音大卒業後日本、スウェーデン、ドイツにて音楽活動
その後金田式DC録音のスタジオに弟子入り
プログラミング(C)を株式会社ジオセンスのCEO小林一英氏よりを学ぶ
現在はヒーリングサウンド専門のピアニスト、またスタジオでは音響エンジニア、フォトグラファーなどマルチメディアクリエーターとして活動中
当記事ではプログラマー、音響エンジニアとして知識とスキルをシェアしていきます

Mubert

AIを使用して音楽を生成するサービスで、ユーザーは好みのジャンル、ムード、長さから音楽を選べます。

カスタム音楽の作成、ビデオコンテンツやポッドキャスト用の音楽生成、アーティスト向けの機能も提供します。

公式サイト: Mubert

Soundraw

ムード、ジャンル、長さを選ぶだけでAIが美しい曲を生成します。

個別性に富んだ音楽生成、簡単な操作性、高品質な音楽生成が特徴です。

音楽制作を趣味とする人やプロの音楽制作者、オリジナルのBGMを必要とするゲーム開発者や映像制作者に適しています​。

プロモードを選択することによりビート類の調整も可能。

Abletonっぽい操作性で直感的にエディットできます。

公式サイト: Soundraw

AIVA

AIVAは、モダンな映画音楽、エレクトロニック、ポップ、アンビエント、ロック、ファンタジー、ジャズなどの多様なスタイルで音楽を作曲します。

商業活動での使用も可能で、ライセンスの手間がありません。

ゲーム開発者、音楽の初心者はもちろん、プロの作曲家の方のアシスタントにもおすすめです。​

スタイルから作曲する場合はこのようにキーを決めて生成していきます。

ダウンロードの際はプロ版だとWAVEファイルも可能になっています。

MIDIファイルもダウンロードできるため、かなり強力なツールになりそうですね。

公式サイト: AIVA

DAWと連携〜プラグインAI

音楽自動生成AIが組み込まれたDAWソフトがいくつか存在します。

以下にそれらの例を挙げます。

Orb Producer Suite

Hexachords社が開発したOrb Composerの新商品で、AI音楽アシスト機能をDAWで利用できる「VST/AU対応の4つのプラグイン」がセットになっています​

Music Maker 2024 Premium

毎年機能強化されているDAWで、Song Maker AIというAI自動作曲機能が特徴です。

ユーザーはジャンルを選び、サウンドプールと呼ばれる素材集からいくつか選択し、作曲ボタンを押すだけでAIによる自動作曲が行えます。

物の数秒で作曲が完了し、再生するとAIによる作品が流れます​

ソースネクストでダウンロード

OzoneのMaster Assistant

 iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone 11 Elements 簡易パッケージ版

OzoneのMaster Assistant機能を使うことで、AIがマスタリングの流れを判断し、自動的にマスタリングプリセットを提案します。

これにより、マスタリングが苦手な方でも安心して作業を始めることができ、熟練者にとっても第三者の視点が得られます。

Ozoneを開発したiZotope, Inc.は、米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本拠を置くオーディオテクノロジー企業です。

この会社は「人々をインスパイアし、よりクリエイティブに」という理念のもと、現CEOのマーク・イーシアーを含むマサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生6名によって設立されました。

iZotopeはオーディオソフトウェア、プラグイン、アプリ、ハードウェアの開発を行っており、オーディオリペアソフトウェア「RX」シリーズ、マスタリングプラグイン「Ozone」、Lo-Fiプラグイン「Vinyl」などが代表的な製品です。また、ニューヨーク、ベルリン、東京にもオフィスを構えています。

iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone 11 Elements 簡易パッケージ版

音楽制作の未来予測

これまでもDAWソフトの発達により、ドラムパターンやリズムパターン、楽器のパターンなどが提供されていて、それらをドラッグ&ドロップするだけで誰でも簡単に楽曲制作が行えていました。

AIになってからはそれらの選択も任せることになったわけです。

プロの音楽家、演奏家としてこれから差別化していくためにはやはり創造性の成長にかかっています。

創造性を産む

AIはどんなに進化したとしてもあと10年以内に創造性について定義することはできないと思います。

1から100を作る作業と、0から1を生み出す作業をしっかりと分けて制作することにより、プロとしての音楽制作ができるのではないでしょうか。

これまで1から100も私たち音楽家の作業でしたが、そこをアシストしてくれるだけでも全く違った世界になります。

創造性を足す

生み出す作業に加えて生成AIに作ってもらったトラックに創造性という付加価値をつける作業もプロの音楽家にしかできません。

AIと音楽家の仕事の中で、AIに取って代わられるという感覚ではなく、うまくアシスタントとして利用するという感覚で付き合っていくことが大切です。

AIがやってくれるから・・・ではなく、AIのアシスト能力を最大限活用するためにより高い創造性と演奏能力がこの先必須となってきます。

音楽系Pythonプログラミング

最後に一緒に使いたい音楽系のPythonプログラミングをシェアしておきます。

まとめ記事としてnoteの音楽家育成塾でも発信していますので、こちらの記事でチェックしてみてください。

よかったらいいねやフォローも是非是非お願いしますね!

音響のためのプログラミング記事

【Pythonサンプルコード】録音後の音声データを文字起こしする方法
SpeechRecognitionライブラリを使用します。これは、Pythonのpipコマンドを使って簡単に行えます。…
“Pythonで学ぶ:ポッドキャストテクニック〜完成動画からMP3音声抽出”
完成動画からMP3の高音質版である320kbpsで抽出するPythonサンプルコードを紹介します。…
エポキシ基盤 vs ベークライト基盤:あなたのプロジェクトに最適な選択は?
エポキシ基盤とベークライト基盤を選択する際には、プロジェクトの要件、特に耐久性、耐熱性、コストの観点から適切な基盤を選ぶことが重要です。…
【フォルマント分析】言語パスバンド分析による語学学習効率化
スペイン語が日本人にとって相性がいい根拠を提示しましょう!…
【エンジニア向け保存版】DSD完全ガイド〜DSDからPCMへの変換サンプルコードまで
録音エンジニアとしては、自然界のロケなどもう2度といけないような場所の音響は是非DSDで残したいですし、一期一会の音楽もDSDで残したいと思うものです。…
Raspberry Piを使ってオーディオレコーダーを自作する方法
保存場所や、WIFIを使った機能の追加など、市販品ではなかなか難しいレコーダーを自作して、現場の業務を安全かつ円滑に進められるように工夫していってください。…
【Python音声からテキスト抽出】英語の字幕を自動生成する方法
日本語字幕はすでに対応可能なソフトやツールがたくさん出ていますので、自動で翻訳して出力するまでをやってみましょう。…
【音声機械学習】音源だけで性別、年齢、感情を識別するアプリの開発ガイド決定版
性別、年齢、感情を識別するアプリを開発する例を用いて機械学習の感覚を掴んでいただこうと思います。…
【Music21保存版】音楽家必須のPythonプログラミング〜楽譜の管理と楽曲分析の最強ツール
music21は、古典音楽から現代音楽に至るまで、幅広い楽曲の分析と探究を可能にします。…