【赤エルマー作例】Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale

Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale

日本では通称赤エルマーと呼ばれる普通のエルマーよりもちょっとレアな逸品です。

この赤エルマーの他にはさらに超レアで貴重なダイヤスケールというのがあります。

これは中古市場でもかなりレアな逸品。

ノーマル赤エルマーでも充分貴重ですので状態がいいものを見つけたら試してみてはいかがでしょうか?

HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AW + K-1 / ISO200 1/40s F16

ちょっとペンタックスに言いたいことがある / HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AW

フィルム作例

Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100

ハイネケンを撮影テストしている時の様子。

Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scaleを始めバルナック型ライカ用のL39レンズは基本的には寄れないのでこれくらいの感じになってきます。

この時に167MTで撮影したのがこんな感じ。

適当にライト置いてるだけですがちゃんと撮れてます。

【フィルム作例】Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 AEG + CONTAX 167MT / Sony a7Ⅱ

Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100

バルナックライカを使う場合はなんとなくモノクロームで撮るイメージがありますが、ガンガンカラーで撮影していいと思ってます。

もちろん色はかなり独特な感じに出てきますが、そういうお話をするレンズでもないので、独特の質感や描写を楽しめればいいのではないでしょうか。

Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100

Ektar的なオレンジが印象的。

同じ構図でキャノンの古いL39レンズでもモノクロ撮影しています。

【フィルム作例】コスパ最強?!Canon 50mm f1.8 L39

Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100

公園で一台だけ止まった自転車。

子供が乗れる自転車は基本的にグループで止まっていることが多いのでポツンと一台だけというのは珍しく撮ってみました。

Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100
Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100

独特の色と言えば植物の描写がまたすごい。

なんといいますか、ノスタルジックという言葉では表せない、ライカは生きてるな〜と感じる写真が仕上がります。

Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100

近くの小学校の裏門?のような場所。

Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100

実際に赤エルマーの解像感はかなりのもの。

『ライカのレンズ』の中でもこんな一文があります。

赤エルマーと最新の設計によって作り出されたMヘキサノン50mm F2をあえて比較のために撮り比べたが、10倍のルーペで見る限り、そのシャープネスに関してはその差はほとんどない。
状態によっては、レンズのコーティングの違いの色合いが少しだけ違った世界を描写するが、原板から印刷原稿にすることを目的とする僕の意図は、少しの色の違いなど何ら影響はない。

ライカのレンズ:吉野信
Leica Ⅲf + Elmar 50mm f3.5 (L) Red Scale / Ektar 100

ライカで写真を撮るといつも思う。

私がファインダーで見てる世界と、ライカが見てる世界は別物で、現像ができたあとに、ライカが感じている、見てる世界を見せてもらえる。

それは物理的に考えればレンジファインダー故の独特のレンズの角度だったり、身長だったり反射光の入り方だったり、理由はあるかもしれない。

でも元祖35mmフィルムカメラのロマンがまたいいスパイスとなって私たちに新しい感受性と世界を見せてくれていると考える方がアーティスティックであるし、そういう視点で写真を見ることでそこに物理的な意味など見出す必要すら感じなくなる。

赤エルマーについて

見分け方は簡単で、赤矢印の箇所の文字が赤くなっているのが赤エルマー。

そして筆者の持っている赤エルマーはダイヤスケールではありませんが、青矢印の箇所がひし形になっているものは赤エルマーダイヤスケールといってかなり希少価値のあるレンズとなっています。

古くはA型ライカの固定レンズから始まったエルマーの歴史は35mmカメラの歴史そのものと言っても過言ではありません。

そんなカメラの元祖としての一つの答え、そして一つの時代を築き上げた最終形態がこの赤エルマー、そして赤エルマーダイヤスケールになります。

ここからM型レンズに移行していきますが、やはりバルナックライカ、そしてL39レンズは現代でも現役といいますか、そういう概念で存在しているものではなく、人類と共存している一つの魂だと個人的には感じます。

そう、Leicaは生きている。

だからユーザーの数だけ付き合い方がある。

同じ構図で狙っても人によって全然違う世界がそこに描写される。

エルマーとバルナックライカの組み合わせはそのデザイン性もずば抜けて美しい。

一つの伝統工芸品であり、歴史的人類の資産であり、人類と共存する一つの魂である。

そんなロマンが詰まったエルマーとバルナックライカ。

みなさんも機会があったら是非体験してみてください。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜