カテゴリーアーカイブ: Camera

この記事について写真や映像をやっているとGOOPASSというサービスを聞いたことがあるかと思います。でもなんだか面倒臭そうって思っている方も多いのでは無いでしょうか。今回はカメラ愛好家歴20年、プロカメラマン歴5年、そし…

続きを読む

正確な数値を出すのは難しいですが、計算機的に出すとこのような感じになります。

続きを読む

アキュートマットを交換することで視認性はかなり改善されますし、プリズムファインダーを使う場合は視度補正レンズを合わせることで極限まで見やすくなります。

続きを読む

DMXでの制御が目的の方はAputure 120D Mark 2等が必要になってきます。

続きを読む

350mlサイズの缶ジュースと同じようなサイズ感ということで発売当初から話題となっていました。
サイズ感は本当に感動ものです。

続きを読む

一応α6500の方が上位機種という位置付けですが、大きな違いとしては6400に比べてセンサーが一つ前の世代であることと、6500の方が50g重い点、それはボディ全体がマグネシウム合金を採用している性もあるかもしれませんが、手に持った時の感覚は6500の方がやはり高級感があるのは事実です。

続きを読む

デジタル写真のように、isoの変更などもできないため、絞りとシャッター速度だけでいかに撮影するか?いかに表現するか?を強制的に考えさせられますので、デジタル処理に頼る癖もなくなります。

続きを読む

ダイヤルを一回押し込んで点灯、5秒以内にもう一度押し込むとキャンドルモードといって、LEDがゆらめきま

続きを読む

Bowensマウントに対応しています。
組み立て自体は本当に簡単で、持ち運びも非常に便利です。
骨がしっかりしているので、安物のボックスにありがちな自重ですでに折れそうな骨ではありません。
小さな子供だったら壊せない?くらいしっかりしています。

続きを読む

19/19