SNS投稿の際は必須! ExifToolを使ってExif情報(位置情報)を削除する方法

位置情報は写真を整理したりMacの写真管理する際は撮影地がマップで綺麗に表示されるので便利なのですが、SNSやブログ、サイト等でアップロードする際は自宅特定にも繋がりかねず、セキュリティー的に大変危険ですので、状況によってはしっかりExif情報(正確には位置情報だけではありません。)を削除しましょう。
→iPhoneでデフォルトで撮影した写真には位置情報が入っています。

ExifToolで削除

画像、音声、ビデオ、およびPDFメタデータの読み取り、書き込み、および操作を行うための無料のオープンソースソフトウェアプログラムです。

Homebrewでインストール

まだHomebrewが入っていない方はこちらの記事の冒頭部分を参考にしてください。

M1 Mac Python 環境構築 [完全保存版]

brew install exiftool

削除

その前に情報を確認しましょう。

exiftool 
必ず半角スペースを入れてください。

ちなみに内容をすべて日本語表記したい場合は

exiftool -lang ja 

こちらを使ってください。

するとこのように日本語で表示されます。

exiftool -all= 
必ず半角スペースを入れてください。
ファイル名単体だけではなくフォルダ内のデータすべてを一括削除できます。

オリジナルデータはJPG_originalという拡張子のファイルにバックアップされます。

オリジナルデータが不要な場合は

exiftool -overwrite_original -all= 

これでOKです。

フォトグラファー向け

位置情報だけを削除したい場合

主にフォトグラファーの方などは撮影した機材やレンズや設定など整理や管理のために必要な情報もあるでしょうし、仲間内でこれらのデータだけはシェアしたいなどあるかと思います。

そんな時は

exiftool -geotag= 

こちらでGPS情報のみを削除することができます。

コマンドの後に半角スペースを入れるのを忘れずに。

カメラ情報などの書き換え

exiftool -Make="会社名" -Model="カメラの機種名" -LensID="レンズの名前" 書き換えたいファイル

書き換えたいタグは公式サイトで探してみてください。

ExifTool公式サイトタグ一覧

例えばマウンドアダプタを使用してExif情報非対応のアダプタとレンズを使用する場合焦点距離などは記録されません。

exiftool -FocalLength="レンズの焦点距離" 書き換えたいファイル

ここで注意したいのは必ず.0 mmで記述すること。

例えば焦点距離28mmとしたい場合は

exiftool -FocalLength="28.0 mm" 書き換えたいファイル

mmの前に半角スペースが入ることも注意です。

もちろん書き換えたいファイルを書き換えたいフォルダにして一括で編集可能です。

これでオールドレンズなどのExif情報もかなりやりやすくなりました。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。