在宅介護にも使える / M5Stackで気温・気圧・湿度を計測する

この記事についてM5Stackにて気圧センサーを追加して、気温・湿度・気圧計を作ってみましょう。

在宅介護にも使える! / M5Stackで温湿度計を作る5つの手順

代替テキスト

noteでは雑記ブログとして介護に関連する記事も投稿していますので、是非遊びにきてください。

気圧センサーを用意

GROVE – 気圧センサ(BMP280)というセンサーなのですが、こちらもスイッチサイエンスさんで2020年2月14日現在は在庫切れとなっています。

こちらはGROVEケーブルでM5Stackと接続するだけで設置完了です。

プログラムを書く

前回の記事で開発環境は整っているかと思いますので、今回もArduino IDEを使います。

→前回の記事「M5Stackで温湿度計を作る5つの手順」

最初にGROVE – 気圧センサ(BMP280)のライブラリをインストールします。

Arduino IDE 「ツール」→「ライブラリを管理」をクリック。

ライブラリマネージャーを立ち上げて

「grove bmp280」と入力し、「Grove – Barometer Sensor BMP280 by Seeed Studio」というライブラリをインストールします。

#include <M5Stack.h>
#include "Adafruit_Si7021.h"
#include "Seeed_BMP280.h"
#include <Wire.h>

Adafruit_Si7021 sensor = Adafruit_Si7021();
BMP280 bmp280;

void setup(){
    M5.begin();

    if(!sensor.begin()){
       Serial.println("not find Si7021");
       while (true);
    }
    if(!bmp280.init()){
       Serial.println("broken!");
       while (true);
    }    
    M5.Lcd.setTextSize(3);
}   
 
void loop(){
  float temp = sensor.readTemperature();
  float humid = sensor.readHumidity();
  float bmp280temp = bmp280.getTemperature();
  uint32_t pressure = bmp280.getPressure();
  float altitude = bmp280.calcAltitude(pressure);

  M5.Lcd.setCursor(40,30);
  M5.Lcd.printf("Temp: %5.1f'C", temp);
  M5.Lcd.setCursor(40,70);
  M5.Lcd.printf("Humid: %5.1f%%", humid);

  M5.Lcd.setCursor(40,110);
  M5.Lcd.printf("Temp: %5.1f'C", bmp280temp);
  M5.Lcd.setCursor(40,150);
  M5.Lcd.printf("Preess: %dhPa", pressure / 100);
  M5.Lcd.setCursor(40, 190);
  M5.Lcd.printf("Alti: %5.2fm", altitude);

  delay(1000);
}  
  

↑↑↑みんなのM5Stack入門(P110)引用

さて、実行結果はどうなったでしょうか?

このように、上から前回で使ったセンサーでのSi7021の温度。

次にSi7021の湿度。

3段目は今回使用したBMP280の温度。

4段目にBMP280で計測した気圧。

5段目は気圧から計算した高度が表示されています。

こちらの記事もいかがですか?
プログラミングやテクノロジーに関する記事をまとめています!

icon image
当スタジオでのアクセスNO1!
Google検索ランキングで1位獲得実績ありの人気記事!

M1 Mac以降の Python 環境構築 [完全保存版]

ほぼ英語クラスの馴染みやすさが人気のPythonの全体像をほぼ1記事で理解できるのはこれ!

まずはこれだけ Python基礎からサンプルプログラムまで一気に進める記事

いつもチェックする日課の記事やサイト、ページなどがあればセレニウムを使用してかなり細かく動作を自動化することができます。

Seleniumを使ってGoogle検索 ~ サイトの巡回までをプログラムする

Xサーバーをモデルにしています。
APIで自動トレードシステムなんかを構築したい場合は24時間働き続けてくれるスタイルが必須ですよね。

Xserver SSH接続の設定とAnaconda3のインストール

ポイント当サイトもエックスサーバーで構築しています。
速度が早いのと対応も丁寧で老舗なのでおすすめのサーバーの一つです。
サーバーをこれから開設する方は是非VPNも契約しておきましょう。
レンタルサーバー エックスサーバー これからは脱グローバルと宇宙の時代。。。と筆者は考えています。
日本のGPS衛星の技術はかなり高いのをご存知でしたか?!

Python GPS関連の開発環境 & Google MAP APIを取得

コンパイル言語も忘れないで!
少し知っているだけで見える世界が全然変わってきます。

【環境構築】Rust M1 Mac / コンパイル言語

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
アルゼンチンに関する情報に特化した『青いタンゴ礁』も運営中!