Programming

M5Stack でLEDライト点灯までの3ステップ

簡易紹介:こうたろう

1986年生まれ
音大卒業後日本、スウェーデン、ドイツにて音楽活動
その後金田式DC録音のスタジオに弟子入り
プログラミング(C)を株式会社ジオセンスのCEO小林一英氏よりを学ぶ
現在はヒーリングサウンド専門のピアニスト、またスタジオでは音響エンジニア、フォトグラファーなどマルチメディアクリエーターとして活動中
当記事ではプログラマー、音響エンジニアとして知識とスキルをシェアしていきます。
トレードに関するブログサイトではより本格的な金融に関するPythonのサンプルコードを公開中!

パーツを用意

LEDを点灯させるためには、パーツが必要です。

M5Stackで点灯するために以下のパーツを用意しましょう。

筆者はスイッチサイエンスさんで揃えたので、スイッチサイエンスさんのアドレスをリンクしておきます。

→ブレッドボード

→ジャンパワイヤ~オスオス

→抵抗入りLED(25個パック) – 赤色

アカウント作成など面倒でAmazonでついでに買うよって方は以下。

ジャンパワイヤはオスオスになっているものが必要です。

M5Stackに付属されているジャンパワイヤはオスメスなので注意。

配置する

ブレッドボードにLEDを配置し、M5Stackに繋げます。

M5Stack側の信号はGポートと2ポートから送ります。

プログラムを書く

通称Lチカとも呼ばれる、LEDの点灯のプログラムです。

#include <M5Stack.h>

#define LED_PIN 2


void setup() {
    M5.begin();
    pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
}

void loop() {
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
    delay(1000);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    delay(1000);
}

これでしっかりと1秒置きにLEDが点灯しているでしょうか?

デスクトップPCがホコリまみれでお見苦しく、ごめんなさい。

点灯時間は

void loop() {
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
    delay(1000);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    delay(1000);
}

この部分のディレイタイムで調整します。

500で0.5秒
1000で1秒
10000で10秒

です。

当スタジオでのアクセスNO1!
Google検索ランキングで1位獲得実績ありの人気記事!

M1 Mac以降の Python 環境構築 [完全保存版]

ほぼ英語クラスの馴染みやすさが人気のPythonの全体像をほぼ1記事で理解できるのはこれ!

まずはこれだけ Python基礎からサンプルプログラムまで一気に進める記事

いつもチェックする日課の記事やサイト、ページなどがあればセレニウムを使用してかなり細かく動作を自動化することができます。

Seleniumを使ってGoogle検索 ~ サイトの巡回までをプログラムする

Xサーバーをモデルにしています。
APIで自動トレードシステムなんかを構築したい場合は24時間働き続けてくれるスタイルが必須ですよね。

Xserver SSH接続の設定とAnaconda3のインストール

ポイント当サイトもエックスサーバーで構築しています。
速度が早いのと対応も丁寧で老舗なのでおすすめのサーバーの一つです。
サーバーをこれから開設する方は是非VPNも契約しておきましょう。
レンタルサーバー エックスサーバー コンパイル言語も忘れないで!
少し知っているだけで見える世界が全然変わってきます。

【環境構築】Rust M1 Mac / コンパイル言語

こうたろう

音大を卒業後ピアニストとして活動。 日本で活動後北欧スウェーデンへ。 アーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。 その後ドイツ・ケルンに渡りAchim Tangと共にアルバム作品制作。 帰国後、金田式DC録音の第一人者:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入り。 独立後音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現:Kotaro Studio)」を結成。 タンゴやクラシックなどアコースティック音楽作品を多数プロデュース。 大阪ベンチャー研究会にて『芸術家皆起業論~変化する社会の中、芸術家で在り続けるために』を講演。 その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。 村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。 祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。 現在はKotaro Studioにて『あなたのためのアートスタジオ』音と絵をテーマに芸術家として活動中。 2023年より誰かのための癒しの場所『Curanz Sounds』をプロデュース。