M5Stack でLEDライト点灯までの3ステップ
M5Stack でLEDライト点灯までの3ステップ

M5Stack でLEDライト点灯までの3ステップ

パーツを用意

LEDを点灯させるためには、パーツが必要です。

M5Stackで点灯するために以下のパーツを用意しましょう。

筆者はスイッチサイエンスさんで揃えたので、スイッチサイエンスさんのアドレスをリンクしておきます。

→ブレッドボード

→ジャンパワイヤ~オスオス

→抵抗入りLED(25個パック) – 赤色

アカウント作成など面倒でAmazonでついでに買うよって方は以下。

ジャンパワイヤはオスオスになっているものが必要です。

M5Stackに付属されているジャンパワイヤはオスメスなので注意。

配置する

ブレッドボードにLEDを配置し、M5Stackに繋げます。

M5Stack側の信号はGポートと2ポートから送ります。

プログラムを書く

通称Lチカとも呼ばれる、LEDの点灯のプログラムです。

#include <M5Stack.h>

#define LED_PIN 2


void setup() {
    M5.begin();
    pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
}

void loop() {
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
    delay(1000);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    delay(1000);
}

これでしっかりと1秒置きにLEDが点灯しているでしょうか?

デスクトップPCがホコリまみれでお見苦しく、ごめんなさい。

点灯時間は

void loop() {
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
    delay(1000);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    delay(1000);
}

この部分のディレイタイムで調整します。

500で0.5秒
1000で1秒
10000で10秒

です。

当スタジオでのアクセスNO1!
Google検索ランキングで1位獲得実績ありの人気記事!

M1 Mac以降の Python 環境構築 [完全保存版]

ほぼ英語クラスの馴染みやすさが人気のPythonの全体像をほぼ1記事で理解できるのはこれ!

まずはこれだけ Python基礎からサンプルプログラムまで一気に進める記事

いつもチェックする日課の記事やサイト、ページなどがあればセレニウムを使用してかなり細かく動作を自動化することができます。

Seleniumを使ってGoogle検索 ~ サイトの巡回までをプログラムする

Xサーバーをモデルにしています。
APIで自動トレードシステムなんかを構築したい場合は24時間働き続けてくれるスタイルが必須ですよね。

Xserver SSH接続の設定とAnaconda3のインストール

ポイント当サイトもエックスサーバーで構築しています。
速度が早いのと対応も丁寧で老舗なのでおすすめのサーバーの一つです。
サーバーをこれから開設する方は是非VPNも契約しておきましょう。
レンタルサーバー エックスサーバー これからは脱グローバルと宇宙の時代。。。と筆者は考えています。
日本のGPS衛星の技術はかなり高いのをご存知でしたか?!

Python GPS関連の開発環境 & Google MAP APIを取得

コンパイル言語も忘れないで!
少し知っているだけで見える世界が全然変わってきます。

【環境構築】Rust M1 Mac / コンパイル言語