【環境構築】Rust M1 Mac / コンパイル言語

Rustの環境構築を進めていきます。

Rust公式サイト

Rust とは? 特徴や将来性などを解説

M1 Mac以降の Python 環境構築 [完全保存版]

Rust ツールチェイン

ツールチェインには以下の3点がセットになっています。

      
  1. Rustコンパイラ(rustc)
  2.   
  3. パッケージマネージャー(Cargo)
  4.   
  5. 標準ライブラリ(コンパイル済み)

インストールコマンド

rustupページにアクセスしコマンドをコピーしてターミナルに入れましょう。

curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh

rustupページ

インストールコマンドを実行すると

のように聞かれますので「1」を選択。

パスを通す

インストールが完了するとパスを通します。

source $HOME/.cargo/env

中身チェック

パスが通ったら念の為中身をチェックしておきましょう。

ls ~/.cargo/bin/

確認できました。

バージョンもチェック

rustup --version
rustc --version
catgo --version

それぞれバージョンが確認できました。

このままHello Worldも表示。

cargo new hello
cd hello
cargo run

クロスビルドツールチェインのインストール

Wio Terminalにファームウェアをビルドするための環境を構築するためにWio TerminalのArm Cortex-M4F CPU用のツールチェインです。

rustup target add thumbv7em-none-eabihf

エディタの準備

VS Codeを使います。

シンタックスハイライト

シンタックスハイライトや入力補完機能などは是非欲しいのでrust-analyzerという拡張ツールをインストールします。

VS Codeを開いてコマンド+Pで「extinstall matklad.rust-analyzer」を入力してエンターを押しましょう。

拡張機能の検索窓から検索しても出ます。

注意この時点ではインストールは完了していません。
初回Rustファイル作成時にインストールが始まりますので、先ほどのhelloフォルダからsrc/main.rsを選択しVS Codeで開きましょう。
Users/〇〇/hello/src/main.rs となります。

このようにファイルを開くと同時にインストールが始まり、シンタックスハイライトが起動します。

Wio Terminalの開発補助ツール

      
  1. git
  2.   
  3. minicom
  4.   
  5. sdl2
  6.   
  7. openssl

これらをHomebrewでインストールします。

brew install git minicom sdl2 openssl

次にcargoのサブコマンドをインストール

// 数分かかります。
cargo install cargo-generate
cargo install hf2-cli
cargo install cargo-hf2
<div class="kakomi-te1">これで準備完了です。</div>

おまけ

簡単な短いコードのテストはブラウザでテストすることができます。

Rust Playground

ブックマークしておくと簡単なチェックに便利ですね。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。