在宅介護にも使える! / M5Stackで温湿度計を作る5つの手順

この記事についてM5Stackで温度計湿度計を作る手順をmemo

M5Stackとセンサーを購入

M5Stackは、いろんなモデルがあるかと思いますが、まずはいろいろ遊んでみる人や、筆者のように、水耕栽培のプログラムを書きたい!という人にはこのモデルでOKだと思います。

M5Stack Grayといって、加速度、ジャイロ、磁気を計測可能な9軸センサ、MPU9250を搭載したモデルもあります。

このあたりは開発したい目的に合わせて選んで行けばいいと思います。

筆者の購入したベーシックモデルはこんな感じです。

USBケーブルと、ジャンパワイヤのオスメスがセットになっています。

センサーを購入する

このセンサーの購入が大変でした。

在庫切れが続き、なかなか手に入らず、スイッチサイエンスさんにて、在庫通知の登録をして、待つことニか月、やっと在庫通知がきて購入することができました。

筆者が購入したセンサーは【Si7021搭載 温湿度センサモジュール】というもの。

→スイッチサイエンスさんのページ

2020年2月14日現在、また在庫なしになっていました。

人気だからなのか、どこかのスクールか、業者がまとめ買いしているのか・・・

とにかく在庫通知を登録して待つしかないようです。

センサーと本体を接続する

はんだづけをしなくていいというのもM5Stack最大の魅力の一つです。

このセンサーもM5Stackに付属でついてくる、オスメスのジャンパワイヤだけで接続できます。

M5Stack側にはオスのジャンパワイヤを差し込みます。

ちょっと画像が荒いですが

  • 3V3
  • G
  • 21
  • 22

に差し込みます。

センサー側にはメスのジャンパワイヤを。

  • VIN
  • GND
  • SDA
  • SCL

それぞれ対になっているので、色でしっかり分けて間違えないようにしましょう。

  • 3V3→VIN
  • G→GND
  • 21→SDA
  • 22→SCL

アルディーノをインストール

M5Stackはアルディーノを使うと便利です。

アルディーノをはこちらから無料ダウンロードできます。

→アルディーノをダウンロード

ダウンロードが完了したら、ライブラリーを読み込みましょう。

Arduino IDEの「ツール」→「ライブラリを管理」をクリックして、ライブラリマネージャーを立ち上げます。

ライブラリマネージャーの検索欄に「adafruit si7021」と入力。

「Adafruit Si7021 Library by Adafruit」をインストールしてください。

これで、Si7021のセンサーライブラリの読み込みが完了します。

プログラムを書く

参考コード

#include <M5Stack.h>
#include "Adafruit_Si7021.h"

Adafruit_Si7021 sensor = Adafruit_Si7021();

void setup(){
    M5.begin();

    if(!sensor.begin()){
       Serial.println("Did not find Si7021 sensor!");
       while (true);{
           delay(0);
       }
    }
    
    M5.Lcd.setTextSize(3);
}   
 
void loop(){
  float temp = sensor.readTemperature();
  float humid = sensor.readHumidity();

  M5.Lcd.setCursor(40,80);
  M5.Lcd.print("Kotaro: ");
  M5.Lcd.print(temp, 1);
  M5.Lcd.print("'C");
  M5.Lcd.setCursor(40, 140);
  M5.Lcd.print("Humid: ");
  M5.Lcd.print(humid, 1);
  M5.Lcd.print("%");
  delay(1000);
}  
  

↑↑↑みんなのM5Stack入門(P110)引用

書けたら、Arduino IDEの「スケッチ」→「マイコンボードに書き込む」でM5Stackに書き込んでくれます。

この時に、もしエラーがあれば、書き込む前にArduino IDEが知らせてくれます。

無事に、温度と湿度を計測できたでしょうか?

このコードだと、このような画面になると思います。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。