Kotaro Studio

オーディオ機材案内所

【再現VTRの音作り】Universal Audio / ビンテージサウンドを再現するプラグイン

4月 29, 2024
Screenshot

アナログの質感というのは一体どこからくるのだろうか?

ハイレゾ音源や、DSDになればなるほどアナログに近くなってはくるが、デジタルの情報量をどんなに増やしても今のところアナログには遠く及ばない。

それは音を受容する側の人間がある種特殊なフィルターを持っているのかもしれない。

デジタル時代に移行した際は挙って高音質になると言われたものですが、今のところ、デジタルでアナログの質感を完全再現するのは不可能である、、、というよりも別の世界、別のジャンルであると考えるのが、オーディオ、またカメラの業界では通説となっている。

ならばシュミレーションしてみよう。

というわけで、過去様々なアナログエフェクト、ビンテージエフェクトが誕生してきたわけだけど、Universal Audioから10種のエフェクトを収録したプラグインエフェクト、Verve Analog Machinesがリリース。

声を使ったサンプル

テープや真空管のサチュレーション、小さいスピーカーを通したような音、高級真空管機器を通したようなリッチなサウンドなどが搭載されており、わかりやすいGUIでユーザーは迷うことなく簡単にエフェクトをかけることができます。

過去に収録したポッドキャストから1フレーズ取り出してエフェクトをかけてみます。

エフェクトなし

warmエフェクト

vintagizeエフェクト

thickenエフェクト

sweetenエフェクト

Youtubeなどのエフェクト

音楽で使うとなるとジャンルは限られてくるかと思います。

vintagize系のエフェクトは変声に使うと良いかもしれないですね。

  1. 都市伝説系Youtuber
  2. ドキュメンタリー作家
  3. 再現VTR
  4. 飛び道具

特に再現VTRのラジオ音声なんかにはぴったりじゃないでしょうか?

また、都市伝説系Youtuberも最近こういうエフェクトよく使っているのを見かけますよね。

Logicや他のDAWソフトなどには似たようなプラグインがすでに入っていることが多いですが、Universal AudioのVerve Analog Machinesは確かに、ビンテージ感が強めな印象があります。

気になる方は是非使ってみてください。