エポキシ基盤 vs ベークライト基盤:あなたのプロジェクトに最適な選択は?

最終更新日

この記事はAmazonアフェリエイトの広告を含みます。

金田式作品はいつくか金田明彦氏の指定する条件があり、その中でも基盤の選択が一つとしてあります。

金田式作品は工程、パーツがどこをとっても一つでも金田先生の指示と違うことをすると完成しません。

ここが金田式の神秘的且つ不思議なところ。

よく金田式作品にトライするのに「導線なんてどれも一緒じゃないの?」と勝手にレシピを変えたりする人が多いですが、物理次元的に同じに見えるかもしれませんが、金田式作品は物理次元を超越した存在ですので、そういった物理法則の常識に囚われたまま挑戦すると金田式の音は決して体験することはできないでしょう。

金田式DC録音のフル視聴

当サイトでは金田明彦氏自らの手によって制作された金田式DCシステムを使って金田明彦氏の愛弟子:五島昭彦氏の録音による金田式DC録音を特別にフル視聴していただけます。
是非ご自慢のオーディオシステム、ご自慢のヘッドホンで金田式DC録音の時空を超えた音体験を味わってみてください。

エポキシ基盤とベークライト基盤:違いと特徴

エポキシ基盤とベークライト基盤は、それぞれ異なる特性を持つ電子機器の基板です。

これらの基盤の基本的な違いと特徴について見ていきましょう。

エポキシ基盤の特性

エポキシ基盤は、エポキシ樹脂を使用して製造されます。

この樹脂は高い機械的強度と優れた耐熱性を持ち、電子機器の基板に理想的な素材です。

エポキシ基盤は、高温や機械的ストレスが予想される環境での使用に特に適しており、産業用途や高性能電子機器に広く使用されています。

ベークライト基盤の特性

ベークライト基盤は、フェノール樹脂を使用して製造されます。

この基盤はコスト効率が高く、加工が容易ですが、エポキシ基盤に比べて耐熱性や機械的強度は劣ります。

そのため、ベークライト基盤は低電力の電子機器や簡易な電子回路に適しており、家庭用電化製品や簡易な電子玩具などに使用されることが多いです。

両基盤の選択基準

エポキシ基盤とベークライト基盤を選択する際には、プロジェクトの要件、特に耐久性、耐熱性、コストの観点から適切な基盤を選ぶことが重要です。

高性能が求められる環境ではエポキシ基盤が、コストを抑えたい場合や簡易な用途ではベークライト基盤が適しています。

ただし金田式作品の制作に関してはフェノール樹脂との相性がいいのか、ベークライト基盤が指定されています。

それぞれの歴史

それぞれの基盤の歴史を把握しておきましょう。

ベークライトの歴史

発明ベークライトは、1907年にベルギー生まれのアメリカの化学者レオ・ベークランドによって発明されました。
これは、フェノールとホルムアルデヒドを酸またはアルカリの存在下で反応させて作られる最初の合成プラスチックでした。
初期の用途ベークライトは、その成形性、絶縁性、耐熱性から、電気スイッチ、ラジオや電話の筐体など、多くの電気製品に使用されました。
電子基板への応用電子工業の発展とともに、ベークライトはプリント基板の素材としても使用されるようになりました。
その低コストと加工の容易さが、特に初期の電子機器に適していました。

エポキシ基盤の歴史

発展の背景エポキシ樹脂は1930年代に開発されましたが、エポキシ基盤が広く使われるようになったのは、より高度な電子機器の需要が高まった20世紀中頃以降です。
特性の発見エポキシ樹脂は、その優れた機械的強度、耐熱性、絶縁性により、電子基板の素材として理想的であることが発見されました。
広範な応用エポキシ基盤は、特に高性能を要求される電子機器や、厳しい環境下で使用される機器に適しているため、航空宇宙、軍事、通信機器などの分野で広く採用されています。