06 市場で買い物する時のスペイン語 (音声ストリーミング)

買い物をする

試着してもいいですか?

¿Me puedo probar?

メ・プエド・プロバール?

17 ポートレート撮影で使えるスペイン語

これ気に入りました。

Me gustó esto.

メ・グストー・エスト

もう少し大きいものがありますか?

¿Tiene un talle un poco más grande?

ティエネ・ウン・タジェ・ウン・ポコ・マス・グランデ?

値段はいくらですか?

¿Cuánto sale?

クアント・サレ?

¿Cuánto vale?

クアント・バレ?

¿Cual es el precio?

クアル・エス・エル・プレシオ?

(値段はいくらですか?という意味あい)

ポイントもっと簡単に el precio? だけでも充分通じます!

カードで払えますか?

¿Acepta tarjeta de credito?

アセプタ・タルヘタ・デ・クレディト?

割引はありますか?

¿Hay descuento?

アイ・デスクエント?

カードで払う?現金で払う?

¿Tarjeta de credito o efectivo?

タルヘタ・デ・クレディト・オ・エフェクティーボ?

「カードで!」Tarjeta de credito
タルヘタ・デ・クレディト

「現金で!」efectivo
エフェクティーボ

この辺りはジェスチャーでOKですよね!

ジャガイモを1kgください。

Dame [un kilo] de 「papas」.

ダメ・ウン・キロ・デ・パパス

ポイント[]内の数字を変えて欲しい量だけ買いましょう。(数字は以下の記事を参考にして下さい。)
「」は商品名。

01 {数字, 曜日, 重さ}+豆知識(音声ストリーミング)

りんご4つください。

Dame 4 manzanas.

ダメ・クアトロ・マンサナス

Dameのスタイルと、Te pidoのスタイルと使い分けられます。

Te pido manzanas.

テ・ピド・クアトロ・マンサナス

りんご4つください。

Te pido un kilo de papas.

テ・ピド・ウン・キロ・デ・パパス

ジャガイモを1kgください。

ポイントdameスタイルとte pidoスタイルはどちらも使いますが、dameは日本語では「ちょうだい」というニュアンスで、te pidoはもう少し丁寧に「ください。」というニュアンスになります。
ジャガイモの時だけdeが付いていますが、これは量を指定するときに使います。
明確に4つと個数を指定するときはte pido 4 manzanasのようにdeは不要です。
つまり、例えリンゴでも複数個盛られたカゴを3セット欲しい場合は、Dame 4 paquetes de manzanas :ダメ・クアトロ・パケテス・デ・マンサナス(そのリンゴを4セットください。)となります。

袋いただけませんか?

¿Me darías una bolsa por favor?

メ・ダリアス・ウナ・ボルサ・ポル・ファヴォル?

分けて払えますか?

¿Se puede pagar por separado?

セ・プエデ・パガール・ポル・セパラード?

お金が足りません!

ahhh.. me falta la plata .. !!

ア・・・メ・ファルタ・ラ・プラタ

No llego !! :ノー・シェゴ(その金額に届きません。)

安くしてくれますか?

¿descuento por favor?

デスクエント・ポル・ファヴォール

2つ買ったら、安くしてくれる?

¿si llevo 2, hay descuento?

シー・シェボ ドス・アイ・デスクエント??

レジ中に買い忘れをすぐさま取ってくる

例えば列に並んでいて、取り忘れた何かを取りに行きたい!という場合。

後ろの人に「ごめん!いますぐもどるから!」と言ってさっと買い忘れを取りに行きましょう!

Ahora vengo!

アオラ・ベンゴ

スペイン語の音声と監修

Miel Melano

伝統芸術を尊重しつつ独特のクリエイティブ要素を加えた作品制作のスタイルを確立している作曲家。
多種多様なプロジェクトに参加するため、総合的なクリエイティブスキルを絶えず探求。
ジャンルを超えた多面的なパフォーマンスを得意としており、南米アルゼンチンブエノスアイレスを拠点とした音楽制作、演劇、芸術の総合プロジェクトの発信に携わっている。

Shino
Shino
大長 志野
2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを結成して活動。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。
2021年より正式にアルゼンチンへ移住し、現地のタンゴシーンでタンゴピアニスト兼アレンジャーとして活躍。
Kotaro Studioにて写真撮影、録音技術 & 映像、音響編集技術講座を修了し2022年よりスタジオ内ブログにてカメラやマイクの初心者向けの記事の更新や動画のカラーグレーディングも担当。