06 市場で買い物

Acepta tarjeta de credito ?は近年だとペイパルで対応していたり、市場などではビットコインで支払えるところがあるかもしれませんので、「credito」の部分を入れ替えて尋ねてみましょう。

買い物をする

試着してもいいですか?

¿Me puedo probar?

メ・プエド・プロバール?

これ気に入りました。

Me gustó esto.

メ・グストー・エスト

もう少し大きいものがありますか?

¿Tiene un talle un poco más grande?

ティエネ・ウン・タジェ・ウン・ポコ・マス・グランデ?

値段はいくらですか?

¿Cuánto sale?

クアント・サレ?

¿Cuánto vale?

クアント・バレ?

¿Cual es el precio?

クアル・エス・エル・プレシオ?

(値段はいくらですか?という意味あい)

ポイント

もっと簡単にel precio? だけでも充分通じます!

カードで払えますか?

¿Acepta tarjeta de credito?

アセプタ・タルヘタ・デ・クレディト?

割引はありますか?

¿Hay descuento?

アイ・デスクエント?

カードで払う?現金で払う?

¿Tarjeta de credito o efectivo?

タルヘタ・デ・クレディト・オ・エフェクティーボ?

自分の支払方法をいえばそれでオッケーです。

「カードで!」Tarjeta de credito
タルヘタ・デ・クレディト

「現金で!」efectivo
エフェクティーボ

この辺りはジェスチャーでOKですよね!

ジャガイモを1kgください。

Dame [un kilo] de 「papas」.

ダメ・ウン・キロ・デ・パパス

ポイント

[]内の数字を変えて欲しい量だけ買いましょう。(数字は以下の記事を参考にして下さい。)
「」は商品名。

りんご4つください。

Dame 4 manzanas.

ダメ・クアトロ・マンサナス

Dameのスタイルと、Te pidoのスタイルと使い分けられます。

Te pido manzanas.

テ・ピド・クアトロ・マンサナス

りんご4つください。

Te pido un kilo de papas.

テ・ピド・ウン・キロ・デ・パパス

ジャガイモを1kgください。

ポイント

dameスタイルとte pidoスタイルはどちらも使いますが、dameは日本語では「ちょうだい」というニュアンスで、te pidoはもう少し丁寧に「ください。」というニュアンスになります。
ジャガイモの時だけdeが付いていますが、これは量を指定するときに使います。
明確に4つと個数を指定するときはte pido 4 manzanasのようにdeは不要です。
つまり、例えリンゴでも複数個盛られたカゴを3セット欲しい場合は、Dame 4 paquetes de manzanas :ダメ・クアトロ・パケテス・デ・マンサナス(そのリンゴを4セットください。)となります。

袋いただけませんか?

¿Me darías una bolsa por favor?

メ・ダリアス・ウナ・ボルサ・ポル・ファヴォル?

分けて払えますか?

¿Se puede pagar por separado?

セ・プエデ・パガール・ポル・セパラード?

お金が足りません!

ahhh.. me falta la plata .. !!

ア・・・メ・ファルタ・ラ・プラタ

No llego !! :ノー・シェゴ(その金額に届きません。)

安くしてくれますか?

¿descuento por favor?

デスクエント・ポル・ファヴォール

2つ買ったら、安くしてくれる?

¿si llevo 2, hay descuento?

シー・シェボ ドス・アイ・デスクエント??

レジ中に買い忘れをすぐさま取ってくる

例えば列に並んでいて、取り忘れた何かを取りに行きたい!という場合。

後ろの人に「ごめん!いますぐもどるから!」と言ってさっと買い忘れを取りに行きましょう!

Ahora vengo!

アオラ・ベンゴ

Writer's profile

Kotaro
Kotaro
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在はKotaro Studioにて民族音楽に関する文化を研究。
「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに誰かがいつでも訪れ安心感が得られるサイトを模索中。