中南米や南米〜目的地別 【旅の指さし会話帳】スペイン語圏に旅行

ポイントスペイン語圏への旅行では、英語が通じない率が非常に高く、旅の指さし会話帳が必須になります。

スペイン語圏の国は、エリアによって、少し表現が違ったり、同じ言い方でも若干意味が違ったりしています。

もちろん、全く通じない!

などの事態は起こりませんが、やはりどうせ旅の指さし会話帳を買うなら目的地別に購入しましょう!

メラニー先生のスペイン語聞き流し学習

旅の指さし会話帳 メキシコ

一昔前に比べて治安も随分改善されたこともあり、近年日本からの観光地として大人気のメキシコ。

世界遺産もたくさんり、見どころ満載です。

美味しい食事、美しいビーチや景色など、見どころ満載のメキシコ旅行のお供にしてください。

旅の指さし会話帳 スペイン

スペイン語圏唯一のヨーロッパであり、唯一日本から直行便でいける国!

スペイン観光のついでに、フランスやポルトガルなどと隣接し、周辺国にも電車で気軽に行けるので、ヨーロッパ旅行の拠点としても最適です。

実は最近はクラフトビールブームもあり、美味しいワイン巡りもいいですが、美味しいビール巡りもいかがでしょうか。

旅の指さし会話帳 キューバ

まさにタイムトラベルできる観光地キューバ!

キューバはつい最近、2015年までアメリカと国交断絶していたため、鎖国状態でした。

そのため、一般的にはクラシックカーと言われるような1950年代のアメリカ車や、その当時の家電、日用品もそのまま現役で使われていたりします。

街の様子や、外観もほぼ半世紀前の状態がそのまま残っており、まさにタイムトラベルのような感覚を味わうことができます。

旅の指さし会話帳  ペルー

ペルーといえば、マチュピチュやナスカの地上絵などの古代の観光地がたくさんある場所です。

歴史が好きだったり、都市伝説が好きだったりする方にとっては最高の観光地となるでしょう。

日本からは少し遠いですが、ここまで来たら是非イースター島にまで行きたいですよね。

旅の指さし会話帳  アルゼンチン

南米のパリとも呼ばれるブエノスアイレスを始めとした広大な土地を持つ南米屈指の経済大国アルゼンチン。

タンゴに、牛肉、ワインなど、観光地だけではなく、その文化を楽しむこともできる場所です。

icon image

Kotaro Studioが運営する『青いタンゴ礁』では、アルゼンチンの今を写真や映像でお届けしています。
アルゼンチンに興味がある方、タンゴ大好き、サッカー大好き、牛肉大好きなみなさん集まれー!

現役タンゴピアニストが贈る『青いタンゴ礁』はこちら

Kotaro Studioのおすすめのタンゴ作品はこちら!
アルゼンチンタンゴの伝説の巨匠:ロベルト・アルバレスがゲスト参加した作品!

icon image
収録曲1、Yuyo Verde(ジュジョベルデ)
2、Vida Mía(ビダミーア)
3、Comme il faut(コムイルフォー)
4、Pequeña(ペケーニャ)
5、Tierrita(ティエリータ)
6、Milonga de la humedad(ミロンガデラウメダッド)
7、Flores Negras(フローレスネグラス)
8、Boedo(ボエド)
9、Festejando(フェステハンド)

まとめ

アプリや翻訳機なども便利ですが、万が一の時に頼りになるのは、アナログの紙が最強だったりするかもしれません。

是非旅のお供に目的地別旅の指さし会話帳をゲットしておきましょう!

こちらの記事もいかがですか?!
Kotaro Studioのコラム系のおすすめ記事を紹介します!

icon image
当サイトで一番人気の記事はこれ!天才になる方法を伝授します!

天才になるには・・・ 実はとても簡単でした。

有名な都市伝説・・・しかし真相は意外と単純かも?!

【都市伝説の真相を考察】存在しない国から来た男の正体とは?

どんな業界でも優秀な人が多いユダヤ人。
ユダヤ人が優秀な秘密はタルムードにあります。

ユダヤ人の叡智 / よい人生を送るための6つのコツ

ユダヤ人が優秀な秘密はタルムードにあります。
愚かな人になるか、賢人になるかはあなた次第です。

ユダヤ人の叡智 / 賢人になるための7つの条件とは?!

現代でも通用するビジネスモデルは実はモーツァルトのお父さんが元祖プロデューサーだったのかもしれません!

モーツァルトは一人じゃない?!元祖チームビジネスモデル

全米が震撼した巨大な詐欺事件・・・しかしアンナから学べることはたくさんあるはずです。

令嬢アンナの真実・感想&レビュー / アンナから何を学ぶのか?

ソ連時代を再現したちょっと難解な映画。
Kotaro Studioのこうたろうがプロデューサー目線で徹底解説!

DAU. ナターシャ ~ ソ連のハニートラップ手法 / 感想と解説

Shino
Shino
日本の音大を卒業後ピアニストとして活動開始。
2011年より単身南米アルゼンチン・ブエノスアイレスに渡り、現地のタンゴシーンで数々の作品制作に携わり、アルバムをリリース。
ブエノスアイレスでタンゴ楽団Barrio Shinoを結成。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。
ブエノスアイレスからのBarrio Shino凱旋ツアーで日本中を周る。
2021年よりアルゼンチンに本格的に移住し現地のタンゴシーンでピアニスト・アレンジャーとして活躍中。
Kotaro Studioではタンゴピアノソロアレンジや432hzチャンネルのピアノ演奏を担当。
2022年からはKotaro Studioの外部サイト企画『青いタンゴ礁』にて、アルゼンチンの様子や文化、タンゴに関する情報などをタンゴの本場ブエノスアイレスより発信中!