※この記事は2020年5月21日に更新されました。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ブログを始める際に非常に重要なことをご紹介したいと思います。

筆者もブログを始めた当初はYMYLを知らずにかなりの時間を無駄にしてしまいました。

みなさんは同じミスをしないようにしてください。

YMYLってなに??

YMYL=Your Money or Your Life ここから文字を取っています。

「あなたのお金、人生」という意味で、金融や人生に関わる(健康問題など)ジャンルのことを総称しています。

間違った情報や悪意のある情報によって、人生に関わる大きな出来事に発展するようなページに関してGoogleは非常に神経質にかつ、慎重に調査しています。

「Googleに信頼できる情報ではない」と判断された場合は検索順位が下げられて、そのページにユーザー(Googleで検索する人)がたどり着きにくいようになっています。

なぜYMYLが重要視されているのか?

Googleの検索エンジンに伴う広告ビジネスはGoogleの事業の中でも非常に大きな位置を占めています。

例えば・・・

「○○(病名)」で検索した場合。

○○はこのサプリメント飲めば一発で治るよ!

って書いてある記事が上位表示されている場合と・・・

○○の研究では日本の第一人者とも言われる有名なドクターの書いたブログと病院名と診療時間と連絡先が書かれた記事が上位表示された場合。

どちらが表示されると検索者は喜ぶか・・・当然後者ですよね。

単純に検索エンジンとして検索者が喜ぶ機能を実装しているわけです。

このように人生に関わる重大な要素を含む内容に関してはその権威性が重要視されます。

権威性のあるページが優先表示されることによって検索エンジンとしてのビジネスモデルが保たれるわけです。

医療・健康系はダメ絶対

これは検索してみるとわかりますが、個人の記事はほぼヒットしません。

筆者がブログを始めたばかりの頃は主に祖父母の介護記録や介護に関する情報を書き始めていました。

すると、やはり介護の記事ですから、病名や、医療のお話・・・が必然的に多くなってきてしまいます。

当然筆者はドクターではないので、治し方とか、原因とかの情報は控えていました。

しかし、検索されない記事を書いていても意味がありません。

120記事くらいに登っていましたがすべて削除して一からやり直しました。

積み上げた記事を削除するのはやはり辛かったです。

YMYLのメリット

ある程度情報に信頼性が個人の感想とか体験談とかに振り回されずに済みます。

例えばサプリメントがいい例ですが、効くか効かないかは個人の感想によるところが非常に大きいのではないでしょうか?

ところがドクターが処方する処方薬は治験データを元に認可を受けているため、効果があるわけです。

○○なときに、適当な人が感想でおすすめした謎のサプリメントに惑わされずに済みます。

YMYLのデメリット

筆者が介護記録などの情報を書こうと思ったのはまさにこれ!

誰かの、個人の体験談を書くことによって救われる介護者というのは必ずいる!と思ったためでした。

介護というのは結構過酷です。

仮に一人で介護を抱えている人にとっては、YMYLがなかった時代のような、誰かの個人ブログでの経験談、体験談などは心の救いになるのではないでしょうか?

例えばガンの闘病日記や、何かの病気を克服した人の体験談などもYMYLによって、検索見つけることは難しくなってしまいました。

YMYLが重要だと再認識したエピソード

Facebookで知り合いがシェアしていた情報に・・・

○○で不健康になる

といった内容のものがありました。

その方は政治に対する批判や文句の投稿が多い人でそういう系の投稿は普段は基本スルーなんですが、「危険である!」と断言されていたのもあり、ちょっと気になったので、コメント欄で質問してみました。

すると・・・

「○○を使用すると白血病やガンに確立が上がります」

といった返答がありました。

調べてみるとそんな立証データはどこにも見つからなかったので・・・

「それすごく気になるのでもし論文や何かの研究データがあれば紹介してもらえませんか?」

と聞いてみました。

すると・・・

「SNSは論文の発表の場じゃないんだよ、私は忙しいからそんなことは自分で勉強したら?」

とのことでした。

その方の逆鱗に触れたのか、なぜか結構ご立腹のご様子でした。

もちろんそんな人生に関わる重要な情報をあっさり教えてもらえると思って質問した筆者も悪いですが、「○○を使用すると白血病やガンに確立が上がります」と断言されていたので、これ見て不安になる人いるかもしれないと心配になりましたし、筆者自身も「そうなの?」と心配になったわけです。

ちなみにその方は農業をされている方で医療従事者でもないですし、白血病やガンの研究をしている方ではありません。

ネットでのことです。

誰がどんな情報を元にどんな情報を垂れ流しているかわかりません。

だからこそ、研究をしたこともなければ何ら有効な書籍や論文も元にしていない方が適当に健康や病気に関する話題で断言するというのは危険で、そういう記事を除外しているGoogleの検索エンジンは本当に大切なことだと実感しました。

ブログで避けるべきジャンルのまとめ

もちろん医療関係のジャンルだけではありません。

moneyとありますので、お金に関することもしっかりと権威性が重視されます。

避けるべきお金のジャンル
・年金
・投資
・税金
・保険
・クレジットカード

これらも医療系同様に厳しくチェックされています。

他にも法律関係なども該当します。

かなり多岐に渡りますので、もしこれからブログを始める方でジャンル選定に迷っている場合は「誰かの人生を左右するかどうか?」を基準に決めてみてください。

もちろんブログは情報です。

どんな情報でもいい加減なものはダメだと思います。

信憑性については充分に考察し、調査して投稿するべきです。

しかしYMYLはどんなに情報を持っていても避けた方が無難と言えます。

最終的な基準はこれしかない!

最終的にはGoogleがどのような検索エンジンを作りたいか?

どんな検索エンジンならGoogleは利益を上げられるのか?

どんな検索エンジンなら多くの人に使ってもらえるのか?

そこを考察していけばSEO対策もしっかりしていけるのではないでしょうか。

みなさんの参考になれば幸いです。