スペイン語 【おすすめ単語帳】

文法を覚えることも大切ですが、やはり単語力って必要ですよね。

単語をかなりの数知っていると、文法知らなくても日常生活や観光などは乗り切れたりします。

難しいことは考えずにどんどん単語をインプットしていくためにおすすめの単語帳を紹介したいと思います。

目的地別 【旅の指さし会話帳】スペイン語圏に旅行(サイト内記事)

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順(サイト内記事)

Macでスペイン語を入力する3つの手順(サイト内記事)

【観光に便利】入国審査で使えるスペイン語フレーズ(サイト内記事)

【スペイン語の将来性 】スペイン語を話す人が増え続ける理由(サイト内記事)

アルゼンチン【移住前に知っておきたい物価の話】(サイト内記事)

スペイン語 【おすすめ単語帳】

1、暮らしのスペイン語単語8000

これだけでだいたいの単語をカバーしてしまうほどの量で8000語収録されています。

[su_box title=”ポイント” style=”soft” box_color=”#fbb516″]暮らしにフォーカスしているところもポイント![/su_box]

動詞の活用表なども掲載されているので、日常生活はこれ一冊でカバーできそうです。

2、今すぐ話せる! いちばんはじめのスペイン語単語

もう少し優しいのがこちら。

初心者向けですが、 日常生活に欠かせない基礎単語を約1,600語収録。

実践ですぐに使える例文なども豊富で初心者~中級者まで対応できそうです。

この本でしっかり単語をインプットしたら姉妹本でもある、【いちばんはじめのスペイン語会話】で、実践力を高めていきましょう。

3、解きながら増やす スペイン語ボキャブラリー練習帳

クイズ感覚で実際に問題を解きながら単語を覚えていく形式になっていますので、楽しみながら自然に単語が覚えられるのが特徴。

感覚で覚えていきたい方向けです。

4、CDブック これなら覚えられる! スペイン語単語帳

CD付きなので、音声聴き流しにも最適です。

通勤通学などの移動中でも聴き流してスペイン語に耳を慣らしていきましょう。

みなさんの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。