※この記事は2020年5月21日に更新されました。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

人生の三分の一は睡眠時間です。

良質な睡眠は起床時の良質なパフォーマンスにもつながります。

みなさんは現在の睡眠環境に満足しているでしょうか?

本日は先日出会った最高のベッドを紹介したいと思います。

タタミ工場こうひん:畳ベッド


これ本当に最高でした。

筆者はこれまで最高のベッドを探すべく何年間も悩み続け、暫定的に和室に敷布団で寝ていました。

筆者がどれくらい探していたかというと、いろんな店舗に実際に確かめにいったり、ホテルなどでどんなベッドが導入されているかを調査して実際に一晩借りてみたり。

数十万円のベッドを一晩数千円で借りてみると思えばそう高くは感じませんでしたし、試しに横になる程度よりも、一晩寝てみないとわからないこともたくさんあるかと思います。

探し続けている中でも、実は暫定的に寝ていた「和室+敷布団」でも概ね満足していましたし、適当な安いベッドよりもむしろGOOD!

とさえ思っていたのです。

やはりある程度高さは欲しい・・・

ゆるミニマリストの筆者としては、「和室+敷布団」でも充分に満足してしまっていましたが、やはりある程度高さは欲しい。

就寝中の呼吸・・・は気になる。

というわけでベッド探し続行。

寝具は硬い派!の人にとっては畳+敷き布団がベストなのではないか?

という筆者の勝手な仮説のもと、洋式の高級ベッド探索から畳ベッドへ舵を切っていくことになります。

ベッドの種類や選び方などの情報もたくさん出回っていますが、結局様式の高級ベッドに関してはそれなりの金額を積まないとそれなりの寝心地というのは得られないという筆者なりの答えを持っています。

むしろ、それなりの金額のマットレスでさえイマイチ・・・なことも多かったのが正直なところ。

タタミ工場こうひん:畳ベッドを選ぶ3つのメリット

畳のローテーションや交換が簡単

タタミ工場こうひんさんのページで交換用畳を注文することができます。

また、洋式のマットレスのローテーションだと、高齢の方などは重くてそう簡単にローテーションはできないところ、畳だと軽いので誰でも簡単にローテーションしていくことができます。

予想外にしっかり!

公式に200㎏までの耐重性能と書かれています。

筆者の体重は・・・

100㎏を超えます。

さて、100kg超え・・・大丈夫でしょうか。。。

大丈夫でした!造りはシンプルなのに、想像していた以上にがっつりどっしりしており、こんなに安心して身体を預けられるとは思ってませんでした。

処分も簡単

正直ここまでしっかりしているとは思ってませんでした。

ここまでしっかりしているのであれば長く使い続けられると思います。

しかし、筆者はゆるミニマリスト+ノマドワーカー的な性質を持っているため、あまり定住にこだわりがない分、いつまで使うかはわかりません。

実はそこが洋式高級ベッドになかなか踏み切れなかった理由の一つでした。

この畳ベッドは、もう本当にめっちゃくちゃ造りがシンプル。

完成後に説明書を発見したほどです。

本当に誰でも簡単に組めます。

それに洋式でマットレスに当たる部分の畳自体も軽い。

これなら仮に海外へ引っ越すとなったりした場合もノコギリ一本で簡単に処分できます。

ミニマリストとしてはやはり処分のことも念頭に置いてモノを購入しなければいけませんよね!そういう意味でもミニマリストさんの高さを稼ぎたい寝具としても超オススメ!

もちろん敷き布団が必要

大丈夫です!もちろん見つけてあります。


筆者は畳ベッドのサイズに合わせて両方シングルで注文。

この敷き布団がまた最高なんです。

悩んでるならこの畳ベッド+敷き布団のセットでOK!

ただし、こうたろうは硬い派にゃ!柔らかいベッド派の人は注意にゃ!

和室での敷き布団スタイルの就寝がぴったりという方は超オススメですが、旅館などではどうも寝付きにくい・・・畳の感触は苦手という方は洋式がいいかもしれません。

このセットで本当に睡眠の質が劇的に向上しました。

思っていた以上に和室が再現されています。

改めて畳の魅力を感じた品でした。

Amazonでも買えますが、なんとなく日本製のモノなので楽天で買いたく、筆者は両方とも楽天で揃えました。

みなさんの参考になれば幸いです。