TASCAM ( タスカム ) / SERIES 208i を購入レビュー

先日、マイクロフォンなどと一緒に新しくオーディオインターフェイス TASCAM / SERIES 208i を追加購入したので簡単ですがレビューしたいと思います。

タスカムのオーディオインターフェイスは二台目です。

以前US-4×4を使ってピアノ録音などをしていました。

今回もオーディオ収録をPCベースでしたいために選択。

直前まで迷ったのが、 DA-3000 マスターレコーダー/ADDAコンバーターでした。

今回は視聴環境的にDACも重視したいと思っていたため、DA-3000が結構有力候補でした。

ただ、DACに関しては、近年中華製のDACで低価格で質の良いモノがたくさん出回っていますから、音楽鑑賞用のDACは別で用意してもいいかも?と思い、208iにしました。

しかし、後述しますが、いい意味で期待を裏切られ、208iで音楽鑑賞も最高に楽しむことができています。

208iレビュー

買ってよかったです。

個人的な重要ポイント

こちらが主な特徴になっています。

クリアで自然な音質、超低ノイズultra-HDDAマイクプリアンプを4系統搭載

低ノイズの録音環境を実現するハイスペック入力オーディオ回路

ファントム電源は入力チャンネル単位でON/OFF独立

最大24bit/192kHzオーディオフォーマットに対応

低レイテンシーで安定したドライバー動作(Windows:TASCAMネイティブドライバー)

ゼロモニタリングを可能にするダイレクトモニター搭載

DSPフルモジュールミキサー、入出力ルーティング機能、TASCAMオリジナルリバーブ搭載

バランス入力対応コンボジャックXLR/TRS端子を4系統装備

2系統のS/MUX光入力端子により16入力(最大20入力)へ拡張可能
16入力@44.1k/48kHz, 8入力@88.2k/96kHz, 4入力@176.4k/192kHz

45mW+45mWのステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子を2つ装備

WORD IN./OUT端子装備 (75オーム ON/OFF)

MIDI IN/MIDI OUT端子を装備

使いやすさを配慮した操作系とデザイン

堅牢なメタルボディ

Windows OS, macOS, iOS機器に対応(UAC 2.0に対応)

豊富なバンドルソフトウェア
Steinberg : Cubase LE/Cubasis LE
IK Multimedia : AmpliTube TASCAM edition
IK Multimedia : T-RackS TASCAM edition
iZotope : NeutronElements

ソフトウェア・ドライバー/ファームウェア自動更新機能

製品の最新情報を表示するお知らせ機能

主要DAW動作検証済み(Pro Tools, Live, Cubase, Studio One, GarageBand)

タスカムの公式サイトから引用

この中でも主に。。。

  • 45mW+45mWのステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子を2つ装備
  • 最大24bit/192kHzオーディオフォーマットに対応
  • ファントム電源は入力チャンネル単位でON/OFF独立
  • 堅牢なメタルボディ
  • 2系統のS/MUX光入力端子により16入力(最大20入力)へ拡張可能

辺りが重要でした。

もちろんこれらの特徴を満たすオーディオインターフェイスは他にも選択肢があるかもしれません。

ただ、やはりタスカムの音質への信頼がありました。

独特のタスカムサウンドがそれぞれタスカムの機器には感じられます。

好みは分かれると思います。

かなり個性的だな~といつも感じつつ結局タスカムのレコーダーばかり選択しているので筆者は結局タスカムサウンドが好きなんだと思います。

さりげなく嬉しい

他にヘッドホンアウトが二系統用意されているのもさりげなく嬉しい機能です。

24-bit/192 kHz

一般的な用途であれば24-bit/192 kHzで充分。

これ以上上が必要であれば、DA-3000などのになってくると思います。

開封後すぐのテスト

さて、開封してすぐにマイクを差し込んでテストしています。

LCT440でテスト

先日のLCT440のテストでもアップしていますが、DR40Xとの比較もしてみてください。

【LCT440PURE VS LCT240】 はじめてのコンデンサーマイク!買うならどっち?!

208i + LCT440

おっさんの声ですみません。

ポップガードの対策や、PCのノイズ対策などもせず、ソフトでも一切の加工をしていない状態で出しています。

かなりクリアですよね。

クリアの中にあるタスカムサウンドが光ります。

ちなみにADC自体が全然違いますが、DR40Xに同じマイクを繋げてテストしたものがこちら。

DR-40X + LCT440

TASCAM DR-40X 内蔵マイク VS 外部マイク 音質チェック

DR-40Xは内蔵マイクが優秀でコスパがかなり良いレコーダーです。

ASTON MICROPHONESでテスト

同じく開封後すぐにアストンを差し込んでの音質です。

ASTON MICROPHONES Origin レビュー ( アストン・マイクロホンズ )

208i + Aston

こちらもノイズ対策一切なしの状態です。

DR-40X + Aston

個人的には208iのADCはかなりお気に入りに。

ここに最近発売のM1搭載のMacbook airをセットで録音環境を構築すると、M1搭載Macbook airが確か完全ファンレスだったので、かなり最高のモバイル録音環境が完成するんじゃないでしょうか。

現在楽器収録のテストなどはできていませんが、今後機会があれば追記で楽器収録の音も更新したいと思います。

まとめ

サイド部分はもちろん取り外せるとは思いますが、この網目状のデザインが最高なんですよね。。。

ちなみに4チャンネルもいらないよ!!という方は102iという2チャンネルバージョンもありますので、チェックしてみてください。

トラブルは筆者の環境下以外からは報告が上がっていないとのことなので当たり外れがあるかと思いますが、音はタスカム感満載です。

タスカムサウンドが好きな方には非常にコスパのいいオーディオインターフェイスになるのではないでしょうか。

みなさんの参考になれば幸いです。

こうたろう

服部 洸太郎

フォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ケルンを拠点に活動するアーティストAchim Tangと共に「ピアノとコントラバスのためのソナタ」を制作。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入り。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加し、本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。