TASCAM ( タスカム ) / SERIES 208i を購入レビュー(トラブルも・・・)

先日、マイクロフォンなどと一緒に新しくオーディオインターフェイス TASCAM / SERIES 208i を追加購入したので簡単ですがレビューしたいと思います。

タスカムのオーディオインターフェイスは二台目です。

以前US-4×4を使ってピアノ録音などをしていました。

今回もオーディオ収録をPCベースでしたいために選択。

直前まで迷ったのが、 DA-3000 マスターレコーダー/ADDAコンバーターでした。

今回は視聴環境的にDACも重視したいと思っていたため、DA-3000が結構有力候補でした。

ただ、DACに関しては、近年中華製のDACで低価格で質の良いモノがたくさん出回っていますから、音楽鑑賞用のDACは別で用意してもいいかも?と思い、208iにしました。

しかし、後述しますが、いい意味で期待を裏切られ、208iで音楽鑑賞も最高に楽しむことができています。

他には、RME製のBabyface Pro FS.

こちらも候補として迷っていました。

208iレビュー

買ってよかったです。

個人的な重要ポイント

こちらが主な特徴になっています。

クリアで自然な音質、超低ノイズultra-HDDAマイクプリアンプを4系統搭載

低ノイズの録音環境を実現するハイスペック入力オーディオ回路

ファントム電源は入力チャンネル単位でON/OFF独立

最大24bit/192kHzオーディオフォーマットに対応

低レイテンシーで安定したドライバー動作(Windows:TASCAMネイティブドライバー)

ゼロモニタリングを可能にするダイレクトモニター搭載

DSPフルモジュールミキサー、入出力ルーティング機能、TASCAMオリジナルリバーブ搭載

バランス入力対応コンボジャックXLR/TRS端子を4系統装備

2系統のS/MUX光入力端子により16入力(最大20入力)へ拡張可能
16入力@44.1k/48kHz, 8入力@88.2k/96kHz, 4入力@176.4k/192kHz

45mW+45mWのステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子を2つ装備

WORD IN./OUT端子装備 (75オーム ON/OFF)

MIDI IN/MIDI OUT端子を装備

使いやすさを配慮した操作系とデザイン

堅牢なメタルボディ

Windows OS, macOS, iOS機器に対応(UAC 2.0に対応)

豊富なバンドルソフトウェア
Steinberg : Cubase LE/Cubasis LE
IK Multimedia : AmpliTube TASCAM edition
IK Multimedia : T-RackS TASCAM edition
iZotope : NeutronElements

ソフトウェア・ドライバー/ファームウェア自動更新機能

製品の最新情報を表示するお知らせ機能

主要DAW動作検証済み(Pro Tools, Live, Cubase, Studio One, GarageBand)

タスカムの公式サイトから引用

この中でも主に。。。

  • 45mW+45mWのステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子を2つ装備
  • 最大24bit/192kHzオーディオフォーマットに対応
  • ファントム電源は入力チャンネル単位でON/OFF独立
  • 堅牢なメタルボディ
  • 2系統のS/MUX光入力端子により16入力(最大20入力)へ拡張可能

辺りが重要でした。

もちろんこれらの特徴を満たすオーディオインターフェイスは他にも選択肢があるかもしれません。

ただ、やはりタスカムの音質への信頼がありました。

独特のタスカムサウンドがそれぞれタスカムの機器には感じられます。

好みは分かれると思います。

かなり個性的だな~といつも感じつつ結局タスカムのレコーダーばかり選択しているので筆者は結局タスカムサウンドが好きなんだと思います。

デジタルインは必須

これからの時代はデジタルインが必須になってきます。

当機種は特に拡張性を一つの売りにしていますので、必須の機能と言えると思います。

デジタルインがついていると、今後例えばADCを別で用意したりしたい時などに柔軟に対応していくことができます。

例えば夢の金田式ADCでの録音も可能になってくるわけです。

さりげなく嬉しい

他にヘッドホンアウトが二系統用意されているのもさりげなく嬉しい機能です。

24-bit/192 kHz

一般的な用途であれば24-bit/192 kHzで充分。

これ以上上が必要であれば、DA-3000などのになってくると思います。

開封後すぐのテスト

さて、開封してすぐにマイクを差し込んでテストしています。

LCT440でテスト

先日のLCT440のテストでもアップしていますが、DR40Xとの比較もしてみてください。

【LCT440PURE VS LCT240】 はじめてのコンデンサーマイク!買うならどっち?!

208i + LCT440

おっさんの声ですみません。

ポップガードの対策や、PCのノイズ対策などもせず、ソフトでも一切の加工をしていない状態で出しています。

かなりクリアですよね。

クリアの中にあるタスカムサウンドが光ります。

ちなみにADC自体が全然違いますが、DR40Xに同じマイクを繋げてテストしたものがこちら。

DR-40X + LCT440

TASCAM DR-40X 内蔵マイク VS 外部マイク 音質チェック

DR-40Xは内蔵マイクが優秀でコスパがかなり良いレコーダーです。

ASTON MICROPHONESでテスト

同じく開封後すぐにアストンを差し込んでの音質です。

ASTON MICROPHONES Origin レビュー ( アストン・マイクロホンズ ) 感想:ロケ収録にこそASTON?!

208i + Aston

こちらもノイズ対策一切なしの状態です。

DR-40X + Aston

個人的には208iのADCはかなりお気に入りに。

ここに最近発売のM1搭載のMacbook airをセットで録音環境を構築すると、M1搭載Macbook airが確か完全ファンレスだったので、かなり最高のモバイル録音環境が完成するんじゃないでしょうか。

現在楽器収録のテストなどはできていませんが、今後機会があれば追記で楽器収録の音も更新したいと思います。

トラブル:フリーズ現象

Microsoft Teamsの通話にてトラブルが発生しています。

こちらからかけようとすると機器が完全フリーズ状態に。

スイッチのオンオフですぐに復帰しますが、非常に面倒です。

タスカムのサポートに電話

タスカムのサポートに電話をして相談に乗ってもらいましたが、いろいろ試してみて結局ダメでした。

機器を送ってくださいと言われましたが、普通に普段使っているのでお断り。

お断りした理由は後述します。

ポイント

Microsoft Teamsでしか発生しない症状であることがポイントだと思います。
その他の制作系ソフトなどではフリーズ現象は一切発生していません。
原因がイマイチはっきりしないため少し気持ち悪いですが、タスカムの製品はDR40Xも特定の電池でファンタム電源を入れると電源が落ちるバグがある等、気にしなければ気にならない程度のバグに当たる確率が個人的には高く感じてしまいます。

Tascam DR-40Xのファンタム電源の話

DR40Xもエネループプロを使えばいい話。

今回もMicrosoft Teamsでしか発生しませんので、Microsoft Teamsを使わなければ済む話。

とはいえ、Microsoft Teamsを使っているので、バグが起こった際は毎回機器を再起動していますが。。。

サポートエンジニアの方はMicrosoft Teamsではご指摘の現象は確認できていませんとおっしゃっていましたので、筆者の機器がたまたま外れだったのかもしれません。

録音、マスタリング、ミックス、DTM,DAWを日常で使っている環境で発生し、公式のサポートエンジニアといろいろ思考錯誤しても解決できなかった事実として、メモしておきたいと思います。

繰り返しますが、Microsoft Teams以外のソフトでは発生しないので、208iが原因かどうかも特定はできていません。

機器の送付を断った理由

送る際の代替機はないんでしょうか?

と尋ねたところ、無料貸し出し機の案内サイトを案内されました。

そちらで無料貸し出しの申請をして、借りてくださいとのこと。。。

となると。

無料貸し出しの申請→受取→問題の機器を梱包→集荷依頼→発送→機器のチェック→対応を受ける→無料貸し出し機の梱包→集荷依頼→発送→対応機器の受取。

これにプラス「お送りいただいても100%治る保証はありません」とのことでしたので、これはさすがに厳しいのでお断りしました。

まとめ

サイド部分はもちろん取り外せるとは思いますが、この網目状のデザインが最高なんですよね。。。

ちなみに4チャンネルもいらないよ!!という方は102iという2チャンネルバージョンもありますので、チェックしてみてください。

トラブルは筆者の環境下以外からは報告が上がっていないとのことなので当たり外れがあるかと思いますが、音はタスカム感満載です。

タスカムサウンドが好きな方には非常にコスパのいいオーディオインターフェイスになるのではないでしょうか。

みなさんの参考になれば幸いです。