株式市場の歴史をざっくり把握する / Stock market

Menu

この記事についてなんとなく株式投資を始めてみるのもいいかもしれませんが、やはりざっくりとでも歴史の流れを把握しておくことは大切です。
本日は株式市場の歴史について簡単に流れを見ていきましょう。
日本で初めて証券取引所が誕生したのが1878年のことでした。

世にも恐ろしい株式市場の悲惨な暴落史をざっくり把握する

テクニカル分析の歴史をざっくり把握

経済学の歴史をざっくり把握する / Economics

暗号通貨の歴史をざっくり把握する

アルゴリズム取引の歴史をざっくり把握する

データサイエンスの歴史をざっくり把握する

西暦2世紀頃アイザノイ

世界で最初の交流所、西暦2世紀頃にトルコのアイザノイで設立されました。

ユネスコは、世界遺産の暫定リストに加わっています。

マセラムに建てられた建造物は、当時市場で販売されたすべての商品や食品の価格を表示しており、識別可能なものが現存しています。

引用:Wikipedia

1415年~最初の証券取引所

現代の株式市場に最も近い形態の取引所はアントワープが発祥です。

ベルギーの商業の中心地で、ファンデルビューズ家の本拠地でした。

バージズ証券取引所は当時のウォール街として機能していました。

1400年代の終わりまで国際貿易の中心地として位置付けられていました。

一部の商人は、価格の上昇を見越して利益を得るために特定の価格で商品を購入していました。

当時はまだ会社の株式等は取り扱わず他の形態の資産や債権などを取り扱っていました。

1556年~ロンドン王立取引所

パブリックドメイン

1556年、裕福な商人だったトーマス・グレシャム卿とウェールズの商人だったリチャード・クラフ卿が株取引のために王立取引所を設立しました。

1565年にはエリザベス女王が正式に取引所を認可。

酒類を取引するための王室免許も発行されました。

グレシャムは1551年〜エドワード6世により王室金融代理人に任命されており、王室の海外負債管理の任務を託されています。
1559年にはエリザベス1世からナイトの称号を与えられています。

英国最古のショッピングモール

1660年、グレシャム卿は取引所に小売業者のために2つのフロアを追加。

英国で最初のショッピングモールを形成しました。

しかし、1666年にロンドン大火が王立取引所を襲い、崩壊。

その後新しい建物が建てられましたが、1838年に再び火災により、2番目の建物も崩壊。

ビクトリア女王は1844年に3番目の取引所を立ち上げました。

パブリックドメイン
グレシャムは1579年に亡くなっています。
Sir Thomas Gresham, 1519年 – 1579年11月21日

1558年~ハンブルク証券取引所

現在のフランクフルト取引所のフロア / 引用:Wikipedia

1558年に設立されたハンブルクのハンザ同盟証券取引所は、ドイツで最古の証券取引所です。

この取引所の創設者は、「GemenerKopmann」協会の一部であった海事商人でした。

後を追ってフランクフルト証券取引所は1585年に誕生しました。

1600年~東インド会社

世界で最初に個人投資家が参加できる証券取引所は、1602年に設立されたアムステルダム証券取引所です。

オランダ東インド会社(VOC)は債券を発行した最初の会社でした。

1619~1640旧コペンハーゲン証券取引所

旧証券取引所は、スロッツホルメン島にあるコペンハーゲンで最も古い建物の1つでした。

1619年から1640年の間に、コペンハーゲンの建築家として有名なクリスチャン4世によって建設されました。

1688年~コーヒーハウス

17世紀から18世紀にかけて、ロンドン市のコーヒーハウスは投資家たちにとって重要な出会いの場とし機能しており、最終的に証券取引所の基盤となりました。

18世紀のロンドン・コーヒーハウスの様子 / パブリックドメイン

17世紀には、貿易の中心地としてロンドンの重要性が高まっていきます。

1680年から、チェンジアリーにあるジョナサンズコーヒーハウスは、ビジネスマンの主要な会議場となりました。

店内には、貨物に関する最新情報を収集するランナーが常駐し、誰もが見ることができるように壁にニュースを投稿しました。

最初のコーヒーハウス

イギリス最初のコーヒーハウスは1650年、ユダヤ人のジェイコブズという人物がオクスフォードに開いたとされています。

トルコ人からもらったコーヒーを客に提供したところ評判となり、当初はアルコールの害を和らげる薬効が成分として人気でした。

ロンドンで最初のコーヒーハウスとなったのは、1652年に商人エドワーズがロンドン塔の西北、セント・マイケル小路に開いた店とされています。

この店はすぐに閉店となりましたが、1656年、フリート街に床屋のジェームズ・ファーという人物がレインボー・コーヒーハウスを開店し繁盛しました。

ロンドン最初のコーヒーハウスを開いたのはボウマンという人物だという説もあります。
1660年、王政復古となりチャールズ2世が亡命先のオランダから帰国すると、コーヒーハウスが流行し、18世紀初頭にはロンドン市内だけでも約3000軒が営業していたと言われています。
18世紀後半からは、コーヒーハウスに代わってクラブが誕生。
人々の嗜好もコーヒーから茶に移ったことでコーヒーハウス文化は急速に衰退しました。

1685年~ベルリン証券取引所

1685年6月、フリードリヒヴィルヘルム選帝侯は、ベルリン証券取引所を設立しました。

1685年設立ですが、最初の取引が開始されたのは1739年でした。

1720年~南海バブル

18世紀の最も重大な金融事件の1つは、南海バブルでした。

南海バブルは、1720年に南海会社が設立されてからわずか9年以内に崩壊しています。

1724年~パリ証券取引所

Bourse de Paris(旧パリ証券取引所)は1724年、パリで最初の証券取引所として設立されました。

1795年9月、パリ証券取引所は閉鎖され、株式会社は廃止となりました。

しかし、フランス市民が「紙幣」を信頼し始めたことで、フランス証券取引所が正式な地位を獲得し、翌10月に再開しました。

1769年~リスボン証券取引所

最初のリスボン証券取引所は、1769年に設立され、当時はAssembleia dosHomensdeNegócio(ビジネスマンの集会)として知られていました。

証券取引所はリスボンのPraçadoComércioSquare(コメルシオ広場)にありました。

1771年~ウィーン証券取引所

1771年、マリアテレジア皇后は、州の資金を調達するためウィーン証券取引所を設立しました。

ウィーン証券取引所は、債券、為替手形、または外貨の取引のみを許可していました。

1790年~フィラデルフィア証券取引所

1790年、米国最初の証券取引所であるフィラデルフィア証券取引所が設立されました。

何世紀にもわたって、証券取引所の建物は移動しており、米国で最初の取引所はニューヨーク証券取引所ではありません。

フィラデルフィア証券取引所は当初、国債および半政府債、紙幣、手形に焦点を当てていました。

米国で最古となる証券の1つには、1792年4月10日付けの「現在の株価」が紙に印刷され、フィラデルフィアの株式ブローカーであるサミュエルアンダーソンによって署名されています。

1801年~ロンドン証券取引所の正式設立

1830年までに、ロンドン取引所は電話、ティッカーテープ、電信の発明により革命的な変化を目の当たりにしました。

企業の発表でさえ、LSEの掲示板に固定されました。

証券取引所は、ナポリ戦争に必要な巨額の資金を調達するために英国政府にとって不可欠な部分となります。

1817年~ニューヨーク証券取引所の設立

証券取引所は40の賃貸ルームで運営を開始。

メンバーは、料金を支払って席の権利獲得することが義務付けられていました。

NYSEは、設立初日から株式を取引してきました。

当初、ニューヨーク市では5つの証券が取引されていましたが、NYSEに最初に上場した会社は、ニューヨーク銀行でした。

ニューヨーク証券取引所は1835年までに、1日あたり平均約8500株の取引が行われていました。

1835年には火事が発生。

ニューヨーク証券取引所のロウアーマンハッタンで700近くの建物が全焼しましたが、証券会社自体は、サミュエル・モールスによって開発された電信コードを使用して相互に通信することができました。

1818年~ウィーン証券取引所に上場された最初の会社

オーストリアの中央銀行は1816年に設立。

1818年にウィーン証券取引所に上場した最初の株式会社になりました。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンは、1819年にオーストリアの中央銀行で8株を購入した最初の株主の一人でした。

ハプスブルク帝国の政治的および経済的重要性により、ウィーン証券取引所は19世紀に世界的に有名になりました。

1820年~フランクフルト証券取引所で株取引開始

他のヨーロッパの証券取引所とは異なり、フランクフルト証券取引所は主に外国債券と国際政府証券に焦点を合わせていました。

取引所が株取引を開始したのは、ドイツの産業革命の後。

1820年に最初の普通株–オーストリア国立銀行(Oesterreichische Nationalbank)の証明書が取引所で取引されました。

1861年~トロント証券取引所

カナダは1861年に最初の証券取引所となるトロント証券取引所を設立。

北米で最古で最大の証券取引所です。

TSXの前身は、1852年に12人のビジネスマンによってブローカー協会として非公式に開始されました。

1861年10月、トロントのフリーメーソンホールで正式な決議が可決された後、トロント証券取引所が正式に設立。

最初の取引はわずか18株しかできませんでした。

1871年には、特権的な「座席」にそれぞれ250カナダドルを支払った14社が取引所に上場しています。

1878年~旧東京証券取引所

1878年5月、旧東京証券取引所が設立されました。

この証券取引所は、明治時代の日本の金融と産業の西洋化の象徴として設立されました。

設立後市場規模は拡大し、株式トレーディングフロアが一新、取引の大部分は、国債、金、銀のみで構成されていました。

1920年代までの日本の近代化と経済成長により、株取引が割合が増えていきました。

引用:Pinterest

1891年~上海証券取引所

上海は19世紀半ばに中国本土で最も重要な金融センターとして浮上。

1860年代後半以降、上海では証券取引が急増し、地元企業や地域企業の株式が日刊紙に印刷されるようになりました。

1909年に、別のブローカーが上海の国際決済に別の証券会社協会を設立し、1928年、2つの協会が合併し、上海証券取引所がとなりました。

1896年~ダウジョーンズ工業株30種平均が作成

金融ジャーナリストであるチャールズダウによってダウジョーンズ工業株30種平均は1896年5月に作成されました。

ダウはキャリアの早い段階でジャーナリズムを始め、1882年に、ダウとエドワードD.ジョーンズは、ウォール街の金融機関に速報を配信するためのダウジョーンズアンドカンパニーを設立。

一日の終わりのニュースシートは、1889年7月に最初に発行されたウォールストリートジャーナルの前身でした。

1914年~香港証券取引所

香港の最初の正式な株式ブローカー協会が設立されたのは、1891年のことでした。

1914年に、協会は香港証券取引所に改名。

1921年に、別の取引所である香港証券会社協会が設立され、最終的に1947年、二つの取引所が合併して香港証券取引所となりました。

1920年代~狂騒の20年代

1920年代からの10年間は​​、狂騒の20年代として語り継がれています。

1918年の第一次世界大戦後、企業が革新的な製品を次々と発売し、大量消費の時代に突入。

アメリカ人は株式市場に群がり、投機的投資のブームが加熱しました。

1923年~初期のS&P500の形態

S&P 500は、米国株式市場の最も強力なベンチマークの1つとして世界的に認められています。

S&P 500インデックスは、1923年にStandard StatisticsCompanyによって作成されました。

1929年~ウォール街大暴落

1929年10月下旬、米国の株価は急激に下落し、歴史的かつ大規模な株式市場の暴落につながりました。

株式市場の暴落は、ブラックサーズデイ(10月24日)からブラックチューズデイ(10月29日)までの4営業日にわたって続きました。

ダウ工業株30種平均は期間中に25%急落。

1934年~証券取引委員会(SEC)の誕生

1929年の株式市場の暴落後、市場に対する投資家の信頼は大きく揺らいでいました。

証券取引委員会(SEC)は、1933年米国証券法および1934年証券取引法の成立により設立されました。

SECは、米国の証券市場の主要な規制機関です。

法律違反者に対して民事訴訟を起こす権限があり、刑事事件についても司法省と協力しています。

米国ワシントンDC米国米国証券取引委員会SECの入り口 / 引用:Wikipedia

1941-1957年~S&P500インデックスの正式発表

S&Pは1957年に500株の追跡を開始。

S&P500ストックコンポジットインデックスを正式に開始しました。

このインデックスは、米国株式市場の500の主要株式をカバーしています。

1971年~NASDAQの形成

1970年、店頭証券取引所はNASDAQ、つまり全米証券業協会の自動見積り市場に変貌しました。

NASDAQは、4800近くの株式のリストで取引されている500近くのディーラーの電子ネットワークです。

NASDAQの誕生は、株式市場の歴史における従来のフロアベースの取引モデルから電子ネットワークへの歴史的な移行となりました。

今日、電子株取引は高度なデータセンターに大きく依存しています。

しかし、取引のための最初の「データセンター」の1つを設立したのはNasdaqでした。

1971年2月8日にナスダック最初の取引を開始。

1973-1974年~株式市場の暴落

最大かつ最長の株式市場の崩壊の1つは、1973年に発生し、12か月続きました。

市場の崩壊に伴い、経済は1975年3月まで不況に陥ります。

1976年~電子取引の積極的な採用

1976年~ニューヨーク証券取引所は、証券の売買注文の電子送信を容易にする指定注文ターンアラウンド(DOT)システムを導入。

その後、1980年代には、多様な取引戦略を含むプログラム取引が登場しました。

1986年~英国市場は「ビッグバン」で規制緩和

1986年、ロンドン証券取引所は従来の現物株式取引から電子取引に移行しました。

この移行により、ヨーロッパの競合他社に対して優位に立つことができ、取引所は多くの国際銀行を引き付けました。

1987年~ブラックマンデー

指数は10月19日と10月31日の間で45.5%下落。

これは、電子取引時代の最初のクラッシュと考えられます。

当時の自動化されたシステムは、市場の暴落時に注文を処理するための非常線が装備されておらず、事態は制御不能となりました。

ブラックマンデーはドミノ効果を生み出し、世界の株式市場は崩壊し始めました。

オーストラリアの証券取引所は42%の下落、米国とカナダの株式市場は20%以上下落しました。

1990年~電子通信ネットワークの導入

1990年代には、電子通信ネットワーク(ECN)が導入されました。

ECNは、定期的な取引所の領域に加えて、金融証券の取引も可能にしました。

これはまた、アルゴリズム取引の始まりを示していました。

1998年~高頻度取引の始まり

NYSEとNASDAQの独占を制限するために、SECは1998年にRegulation Alternative Trading Systems(Reg。ATS)を可決。

これにより、いくつかの代替電子取引プラットフォームが出現しました。

1年後、高頻度取引(HFT)は、わずか数秒の取引時間で始まりました。

2000年~ドットコムバブル

ドットコムバブルは、インターネットアクセスが拡大し、人々の日常生活に欠かせないものになるにつれて、1990年代後半に形成され始めました。

ハイテク関連の陶酔感の中、株価は上昇し始め、NASDAQは2000年に5000ポイント以上上昇。

しかし、2000年3月に状況は変化し始め、NASDAQの株価は、当時の6.71兆ドルから、4月末までに5.78兆ドルに急落。

テック株、特にIntel、Oracle、Ciscoなどの優良株の株価は80%以上急落しました。

2008年~サブプライム危機

2008年9月、リーマンブラザーズは、サブプライム住宅ローン市場への過度のエクスポージャーのために破産を申請。

これは、米国の歴史上最大の破産申請でした。

翌日、市場は急落。

ダウは499ポイント下落して10,917で終了しました。

その影響は非常に広範囲に及び、英国、カナダ、中国、日本、香港などの他の国の株式市場にも波及。

サブプライム危機は米国で始まり、その後10年にわたる世界的な景気後退の出発点になりました。

金融史上あまりにも大きな事件だったため、映画のテーマとしても頻繁に取り上げられます。

2012年~シングルストックサーキットブレーカー

2012年、SECは既存の単一株サーキットブレーカーを更新。

これは緊急規制メカニズムです。

シカゴマーカンタイル取引所やカナダ投資産業規制機構(IIROC)でさえ、サーキットブレーカーを使用しています。

市場全体としてのサーキットブレーカーは、1987年のブラックマンデーに続いて1988年10月に採用され、1997年に1回だけトリガーされています。

しかし、2012年から、サーキットブレーカーは単一の証券にも適用可能になりました。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。