ソニーSRS-XV500 / 自宅でパワフルサウンドを楽しむ方法

最終更新日

2024年1月24日発表。

2024年2月2日発売。

ソニーは「家の中でパワフルサウンドを楽しみたい」、「広い場所で大音量が必要」といったニーズに合わせたBluetoothスピーカー「SRS-XV500」を2月2日に発売しました。

外形寸法約269×294×564mm(幅×奥行き×高さ)、重量11.2kg。

140×140mmのウーファーユニットを2基、60mm径のツイーターを搭載。

駆動用にS-Masterアンプを搭載。

エンクロージャーはバスレフ方式となっています。

屋外でもOK

バスレフダクトは前面に配置し、重低音が強化されています。

バッテリー搭載で約25時間の連続使用が可能。

IPX4の防滴なので小雨でも使用可能で持ち運び用のハンドルも備えているので屋外でも大活躍間違いなし。

Bluetoothの対応コーデックはSBC/AAC/LDAC。

アナログ音声入力、給電に使えるUSB端子、マイク端子、マイク/ギター端子も装備しており、マイクエコーボタンなども搭載されているので、カラオケや各種イベントでも簡易PAとして使用することもできます。

ポイント

専用アプリ「Fiestable」を使うと、楽曲の中からボーカルキャンセルもでき、カラオケで活用できます。