【スペイン語の将来性 】スペイン語を話す人が増え続ける理由

世界3大言語の一つとされているスペイン語。

現在話者数や、使用されている地域がすごい数なのです。

目的地別 【旅の指さし会話帳】スペイン語圏に旅行(サイト内記事)

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順(サイト内記事)

Macでスペイン語を入力する3つの手順(サイト内記事)

【観光に便利】入国審査で使えるスペイン語フレーズ(サイト内記事)

スペイン語 【おすすめ単語帳】(サイト内記事)

アルゼンチン【移住前に知っておきたい物価の話】(サイト内記事)

スペイン語が使える国の数は!?

公用語として使われている国だけ数えても

なんと20か国。

公用語話者数はなんと4億5千万人にもなるそうです。

これに加えて、アメリカ合衆国では約5260万人。

このうち約4100万人が母国語として使用しています。

残る約1160万人が英語とスペイン語の両方を話せるバイリンガルと言われています。

今後も増えていくスペイン語人口

アメリカ合衆国のスペイン語話者数はなんと現段階でもスペイン本国を追い抜く人口となっています。

ポイント

さらに、ある推測データによると、2050年までにアメリカ合衆国でのスペイン語話者数は現在世界最多のメキシコ(現在約1億3000万人)を追い抜き、 1億3280万人で、世界最多になると予想されています。

今後もスペイン語話者が増え続ける理由はやはりその出生率にあります。

さらに出生率リストを見てみる

世界の出生率リストがあるのはご存知でしょうか?

人口統計情の指標として、「一人の女性が一生のうちに出産する子供の数」を表したデータがあります。

※独立国家だけでなく、人口10万人以上の海外領土や自治領も含まれる。

  • ちなみに少子高齢化が進む日本では、出生率が第183位で1.4人でした。
  • 一人っ子政策などを行っていたお隣中国は第161位で1.6人
  • これまたお隣韓国は最下位の200位で1.2人となっています。

アジアの出生率が悪い中、スペイン語圏の国々はどうでしょうか?

92位が2.4人で世界平均となっています。

この世界平均値以上の92地域の中でスペイン語圏がいくつあるのか?見ていきたいと思います。

  • ペルー2.4人(90位)
  • ドミニカ共和国2.4人(89位)
  • ホンジュラス2.5人(86位)
  • パラグアイ2.5人(85位)
  • エクアドル2.5人(84位)
  • ベリーズ2.5人(82位)
  • パナマ2.5人(80位)
  • ボリビア2.9人(67位)
  • グアテマラ3.0人(62位)

9か国者スペイン語圏の国々が現状でも世界平均よりも高い水準で人口が増えています。

 

まとめ

ヨ ー ロ ッ パ
ス ペ イ ン

北 ア メ リ カ
メ キ シ コ

中央 ア メ リ カ
コ ス タ リ カ
グ ア テ マ ラ
エ ル サ ル バ ド ル
パ ナ マ
ホ ン ジ ュ ラ ス
ニ カ ラ グ ア

カ リ ブ 海 地域
キ ュ ー バ
ド ミ ニ カ 共和国
プ エ ル ト リ コ (米 国 自由 連 合 州)

南 ア メ リ カ
コ ロ ン ビ ア
ベ ネ ズ エ ラ
エ ク ア ド ル
ペ ル ー
ボ リ ビ ア
チ リ
ア ル ゼ ン チ ン
ウ ル グ ア イ
パ ラ グ ア イ

ア フ リ カ
赤道 ギ ニ ア

世界と話そうは、今や英語ではなく、スペイン語になりつつあるのかもしれません。

日本人にとっては、非常に覚えやすい言語であるスペイン語にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

当サイトのスペイン語100日チャレンジでは1日目からスタートして100日かけてスペイン語圏で日常生活が送れるようになることを目標としています。

ネイティブの音声付きですので是非トライしてみてください。

スペイン語100日チャレンジ:1日目 [基本の挨拶](サイト内記事)

この記事を書いた人

こうたろう

元ピアニストでフォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてヨーテポリを拠点に活動するシンガーアーティストLindha Kallerdahlとセッションを重ね声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、活動を開始。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。