SENNHEISER HD650 開放型リスニングヘッドホン

本日は、リスニング用途に最高のヘッドホンをご紹介したいと思います。

ちなみにモニターヘッドホンのおすすめはこちら!
↓↓↓

【続・モニターヘッドホンはおすすめが1つしかない件】モニターと視聴は分ける(サイト内記事)

SENNHEISER HD650

筆者がリスニング用途限定でかなり良いと感じたヘッドホンがゼンハイザーHD650です。

やはりオーディオ製品はゼンハイザーになってしまいます。。。

ゼンハイザーのフラッグシップモデルHD650。

実は筆者が録音エンジニアのアシスタントとして活動していた際にとりあえずの一本として借りていたものになります。

借りていたのですが、その後数年間に渡り、何も言われなかったのでそのまま放置・・・ついてに返却命令が出たので泣く泣く返却(笑)

かなり高額でしたが、音質を充分に理解していたので、もう迷うことなく自分で買いなおしたという経緯のものです。

  • タイプ:ダイナミック開放型
  • インピーダンス:300Ω
  • 最大入力:500mW
  • 再生周波数帯域:10~39,500Hz
  • 感度:103dB
  • 歪み率:0.05%以下
  • プラグ形状:6.3mmステレオ標準プラグ(3.5mm変換ケーブル付属)
  • ケーブル長さ:3.0m OFCケーブル、両出し
  • 質量:約260g
ポイント

フラッグシップモデルのため、プラグの形状が標準でステレオ標準プラグになっています。

変換ケーブルがセットになっているので、そのままスマホなどにも使えますが、このクラスのヘッドホンでリスニングするのでしたらやはり専用のヘッドホンアンプを用意したいところですね。

このクラスのヘッドホンを使うのでしたら、是非スマホやiPhoneに直接刺すのではなくて、別途DACとヘッドホンアンプを用意してみてください。

サウンドハウスさんでの購入はこちら

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / HD650 開放型ダイナミックヘッドホン

おすすめのDACは?!

ここ数年で劇的に販売台数を伸ばしているブランドがあります。

しかも、価格に対しての性能がえげつない・・・

FXオーディオ。

実際に筆者はこのDACで音を聴いてみてびっくりしました。

数十万円するようなオーディオシステムに引けを取らないその性能。

当然音の事なので、筆者の感想になってしまうわけですが、聴いてみればわかります。

【音楽聴くならこれで決まり!】【激安モニター環境構築】FX Audioという怪物DACと仲間たち(サイト内記事)

FXオーディオ+HD650もしくは、HD25の組み合わせはオーディオ界最強なんじゃないか?

とさえ思います。

これ以上の音質を目指したい方であれば、なかなか気合の入った設備でも太刀打ちできないかもしれません。

価格もフラッグシップモデル

しかしDAC+ヘッドホンアンプは安価で手に入っても、このヘッドホン、いいお値段しますよね。。。

しかし、この価格に見合った感動があるんです。

現場で他の音も耳が拾ってしまうため、モニターとしてはやはりHD25が最適だと思います。

しかし、長時間リスニング用途限定ならHD650もいい!

性能の凄さが分かる話として、筆者が昔ちょっとしたミスで、ヘッドホンアンプの出力を最大まで上げて鳴らしてしまったことがあります。

PCからの出力で、超低音質な広告映像が超爆音で流れてしまったのですが・・・

その時に激しいリズム系の音だったので、なおさらびっくり。

しかし打楽器のアタリ方、各パートの輪郭、艶、それぞれちゃんと解像していてびっくりしたことがありました。

HD650の解像度は半端じゃないな・・・とその時確信したのでした。

オススメな人

  • 比較的お金に余裕があり、音楽を最高音質で楽しみたい人。
  • 密閉型は何かと怖い人。
  • 密閉型が痛い人。
  • ゼンハイザーのフラッグシップモデルを体験したい人。
気をつけたい点

密閉型ではないため、電車や公共施設などでは音漏れしますので通勤通学には向いていません。

みなさんの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

こうたろう

元ピアニストでフォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてヨーテポリを拠点に活動するシンガーアーティストLindha Kallerdahlとセッションを重ね声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、活動を開始。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。