Bose「QuietComfort Earbuds II」発表 ノイキャンが超進化!

米Boseは9月7日に完全ワイヤレスイヤホン「Bose QuietComfort Earbuds II」を発表しました。

ユーザーの耳の形に合わせて装着感や機能をパーソナライズ可能。

トリプルブラックとソープストーン(白)の2色を展開。

QuietComfort Earbuds IIを公式ショップでチェック

サイズ

Bose QuietComfort Earbuds IIのイヤホンのサイズは、3×1.7×2.2センチ。

重量は各0.22オンス。

初代から約3分の1小さくなっています。

特徴

イヤーチップとウイングが一体だった初代に比べ、Earbuds IIはイヤーチップとスタビリティバンドの2ピース構成。

それぞれサイズが3種類。

イヤーチップ(M)にスタビリティバンド(サイズ○)などのようにユーザーそれぞれの耳の形に合わせてかなり細かくパーソナライズできるようになりました。

Bose Musicアプリにてフィットテストが可能であり、ノイキャン性能などを最大限引き出せているかのチェックを行えます。

サウンドキャリブレーション

わずか0.5秒で完了するサウンドキャリブレーション機能は、ケースからイヤホンを取り出し耳に装着するたびに毎回起動。

起動後にテスト音を再生し音響反応を測定してくれます。

その測定結果からオーディオとノイズキャンセリング機能を調整してくれます。

ユーザーはもちろん耳に装着するだけ!

防汗・防水性能

Bluetooth 5.3。

IPX4の防汗・防水性能を装備。

最大6時間再生可能で、20分の充電で最大2時間再生できます。

Bose Musicアプリを使い、ショートカットや好みのEQ機能などを細かく設定できる。

Boseの最高ノイキャン性能を備えたQuietComfort Earbuds IIを体験してみてはいかがでしょうか。

QuietComfort Earbuds IIを公式ショップでチェック

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
アルゼンチンに関する情報に特化した『青いタンゴ礁』も運営中!