【Python】7日目- ループ(繰り返しの処理を理解する)

ポイント

プログラミング学習が義務教育でも取り入れられるようになり、ほぼすべての人が避けては通れない時代に突入してしまいました。
基本的にはローコードやノーコードテクノロジーが発達し、個人で隅々まで覚える必要はないとも言えますが、やはり自在に操れればまさに100人力とも言えます。
プログラミングがあなたのやりたい何かに合致した場合、是非100日でサクッと覚えてしまいましょう。
100日でざっくりと基礎を身に着けられるように構成しています。

Pythonを学ぶべき5つの理由

pandas100日チャンレジはこちら

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座

7日目- ループ(繰り返しの処理を理解する)

for文

このような図式になります。

for文で定義する変数をカウンタ変数と言います。

ポイント

カウンタ変数は英語の[index]から[i]が使われることが多いので覚えておきましょう。

【超簡単】(Python)基礎知識 – [定数, 変数, 関数]を理解する

繰り返したい処理を記述する前はインデントを入れましょう。

Pythonのインデントは半角スペース4つ分と決められています。

for i in range(10):
    print(i)

実行結果はこのようになりました。

10回繰り返されているのがわかります。

break文

break文は特定の条件下でループを終了させる際に使います。

先述の例の中で10回の中で5回目にループを終了させてみましょう。

for i in range(10):
    if i == 5:
        break
    print(i)

このような記述になります。

これで実行すると5回目の時にループが終了していることがわかります。

continue文

continue文はループ処理の中で指定した行の処理をスキップして次のループ処理に移ることができます。

先述の

for i in range(10):

の6だけスキップして実行してみましょう。

for i in range(10):
    if i == 6:
        continue
    print(i)

6行目の処理だけスキップして次のループ処理に移ることができました。

for文+else

for文が終了した後に一度だけ実行したい処理をelseで記述することができます。

例えば、for文が終わったら「繰り返しが終わりました。」と表示させてみましょう。

for i in range(10):
    print(i)
else:
    print('繰り返しが終わりました。')

for文でリストを表示

num = [2, 4, 6, 8, 10]
for i in num:
    print(i)

このようにリストを最初に作り、リスト内をfor文でループさせることもできます。

もちろんelseも使えます。

num = [2, 4, 6, 8, 10]
for i in num:
    print(i)
else:
    print('リストの表示を完了しました。')

while文

while文では条件式がTrueの間処理を繰り返します。

n = 0
while n < 5:
    print(n)
    n += 1

5はfalseなので実行されませんでした。

n = 0
while n <= 5:
    print(n)
    n += 1

もちろんこうするとちゃんと実行結果は5まで表示されますね。

ポイント

for文同様に、elseで締めることができます。

n = 0
while n <= 5:
    print(n)
    n += 1
else:
    print('今日はこの辺りで終わりにしておきましょう。')

まとめ&豆知識

ループ処理中に何をするか?をイメージしながら本日は終了しましょう。

例えばリスト内の数字を順番に足していくことも可能です。

num = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12]
sum = 0
for i in num:
    sum += i
    print(sum)