【Python】6日目- 条件分岐 – if文を理解する

ポイント

プログラミング学習が義務教育でも取り入れられるようになり、ほぼすべての人が避けては通れない時代に突入してしまいました。
基本的にはローコードやノーコードテクノロジーが発達し、個人で隅々まで覚える必要はないとも言えますが、やはり自在に操れればまさに100人力とも言えます。
プログラミングがあなたのやりたい何かに合致した場合、是非100日でサクッと覚えてしまいましょう。
100日でざっくりと基礎を身に着けられるように構成しています。

Pythonを学ぶべき5つの理由

pandas100日チャンレジはこちら

【Python】環境構築 Windows 10 (エラー対処法も)

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座

6日目- 条件分岐 – if文を理解する

本日は4日目に登場した基本構造の中の条件分岐について実際にコードを書きながら理解を深めていきましょう。

【Python】4日目 – [プログラミングの基本構造を理解する]

条件分岐の基本はこのようになっています。

プログラムは頭で始まり尻尾で終わる順次進行が基本になります。

記述方法

ポイント

Pythonではインデントは半角スペース4つ単位と決まっています。

実際にコードを書いてみます。

年齢を入力すると20歳以上だと大人、20歳以下だと子供と表示されるプログラムを作ってみましょう。

age = 22

if age >= 20:
    print('大人')

実行結果は大人となります。

演算子については5日目を復習しましょう。

【Python】5日目 – 演算子を使ってみる

if age >= 20:

がif文の記述になります。

次のprint関数は半角スペース4つ分のインデントを入れるようにしてください。

ageの値を変えればそれぞれ条件に沿って表示されますが、このプログラムだと仮にageに11を代入しても子供と表示されることはありません。

else文で「子供」を表示させる

上のままであれば、子供を表示させることができませんでしたので、次にelse文まで書いていきましょう。

図で見るとこのようになっています。

コードはこちらになります。

age = 11

if age >= 20:
    print('大人')
else:
    print('子供')

このプログラムだと20歳以上ではない場合は子供と表示されるようになります。

条件の追加 – elif文

動物園や遊園地などでも赤ちゃんは無料というケースも多々ありますよね。

例えば、0歳は赤ちゃんと表示される文はどのように書けばいいでしょうか。

age = 0

if age >= 20:
    print('大人')
elif age == 0:
    print('赤ちゃん')
else:
    print('子供')

図にするとこのようになります。

ポイント

厳密には処理2のボックス内でif文から始まる順次進行が進行しています。

まとめ&豆知識

これで条件分岐の全体像がなんとなく掴めたかと思います。