【Python】19日目 – enumerate関数

ポイント

プログラミング学習が義務教育でも取り入れられるようになり、ほぼすべての人が避けては通れない時代に突入してしまいました。
基本的にはローコードやノーコードテクノロジーが発達し、個人で隅々まで覚える必要はないとも言えますが、やはり自在に操れればまさに100人力とも言えます。
プログラミングがあなたのやりたい何かに合致した場合、是非100日でサクッと覚えてしまいましょう。
100日でざっくりと基礎を身に着けられるように構成しています。

【Python】環境構築 Windows 10 (エラー対処法も)

Pythonを学ぶべき5つの理由

pandas100日チャンレジはこちら

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座

enumerate関数

enumerate 関数は、引数に指定したシーケンスとカウントのタプルを返してくれます。

割り当て番号(カウント)は、特に何も指定しない場合、 0 から始まります。

他の数からはじめる場合、2番目の引数に start=x とはじめの数を指定してあげましょう。

test = ['a', 'b', 'c']
print(list(enumerate(test)))

例えば何も指定しない場合の番号を見てみると、原則0からスタートしますので、

[(0, 'a'), (1, 'b'), (2, 'c')]

このように割り当てられていることがわかります。

test = ['a', 'b', 'c']
print(list(enumerate(test)))
print(list(enumerate(test, start=12)))

12からスタートさせてみましょう。

[(0, 'a'), (1, 'b'), (2, 'c')]
[(12, 'a'), (13, 'b'), (14, 'c')]

するとこのようにしっかりと反映されていることがわかります。

for文で番号付け

test = ['a', 'b', 'c']
for index, val in enumerate(test):
    print(index, val)

で番号を付けることができます。

例えば持っているマイクの名前で番号を割り振ってみましょう。

employees = ['dpa4006', 'dpa4060', 'km184', 'lct440', 'lct240', 'wa87']
for num, micname in enumerate(employees, start=1):
    print(num, micname)
1 dpa4006
2 dpa4060
3 km184
4 lct440
5 lct240
6 wa87

このようになります。

for文を使って、処理回数をやカウントを表示させる際にも便利に使えます。

この記事を書いた人

こうたろう

当サイトの管理人
金田明彦氏直伝金田式DC録音専門の「タイムマシンレコード」で音響を学び、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」で映像と写真を学ぶ。
現在はPythonを使ったデータ分析を用いた投資法にて投資&投機を研究しつつ、フォトグラファー&音響エンジニアとして活動中。

趣味は毎朝楽しむコーヒーと竜笛(和楽器の練習)
好きな動物は猫。
好きな食べ物はカリフラワー