【Python】12日目 – [辞書] ~ dict型

ポイント

プログラミング学習が義務教育でも取り入れられるようになり、ほぼすべての人が避けては通れない時代に突入してしまいました。
基本的にはローコードやノーコードテクノロジーが発達し、個人で隅々まで覚える必要はないとも言えますが、やはり自在に操れればまさに100人力とも言えます。
プログラミングがあなたのやりたい何かに合致した場合、是非100日でサクッと覚えてしまいましょう。
100日でざっくりと基礎を身に着けられるように構成しています。

【Python】環境構築 Windows 10 (エラー対処法も)

Pythonを学ぶべき5つの理由

pandas100日チャンレジはこちら

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座

dict型

前回までの二回でリスト型、タプル型を使った配列を学びましたが、本日は辞書型配列を学びたいと思います。

辞書型はタプル型とは違い、リスト型のように後から追加と削除が可能な可変型配列となっています。

ルールは{}を使います。

{'name': 1, 'name2': 2, 'name3': 3, , , , , ,

のように作っていきます。

キーと値をコロン(:)で結合し、カンマ(,)で複数の要素を区切ります。

早速辞書を作ってみましょう。

book = {'book': 100My_book = {'本': 100, '電子書籍': 300, 'PDF': 150}

という持っている本を仮に辞書にまとめてみました。

取り出しは、キーを指定することで、結合された値が取り出せます。

辞書名[キー]でキーと対応する値を取り出せます。

実際に取り出してみましょう。

My_book = {'本': 100, '電子書籍': 300, 'PDF': 150}
print(My_book['電子書籍'])

このように電子書籍を指定すると、辞書で定義した値が抽出されました。

代入した変数でも抽出可能

辞書を最初に定義し、その後変数で整理し、取り出すこともできます。

My_book = {'本': 100, '電子書籍': 300, 'PDF': 150}

# ここで代入しておく
book = My_book['本']
ebook = My_book['電子書籍']
PC = My_book['PDF']

print(PC)

このように代入して整理しておくことであとから見やすくなりますね。

辞書に追加と削除

追加~辞書名[] = 値

辞書名[] = 値で要素を追加することができます。

先ほどの例に[‘古本’]を追加してみましょう。

My_book = {'本': 100, '電子書籍': 300, 'PDF': 150}

# ここでキーと値を追加している
My_book['古本'] = 50

# ここで代入しておく
book = My_book['本']
ebook = My_book['電子書籍']
PC = My_book['PDF']
# 追加した要素も代入し、変数で呼び出す
old = My_book['古本']

print(old)

実行結果はこのようになっています。

削除~dict.pop()

削除は辞書名.pop()と記述します。

My_book = {'本': 100, '電子書籍': 300, 'PDF': 150}

# ここでキーと値を追加している
My_book['古本'] = 50

# ここで代入しておく
book = My_book['本']
ebook = My_book['電子書籍']
PC = My_book['PDF']
# 追加した要素も代入し、変数で呼び出す
old = My_book['古本']

print(old)

試しに先ほどのこのコードに

My_book.pop('本')

を加えてみましょう。

printでbookを指定した場合はエラーとなっているはずです。

del文でもOK!

del My_book['本']
ポイント

del文は[]になるので、注意しましょう。
最初の内はこういった細かい部分でエラーが起こりやすいです。

価格表を作ってみよう!

辞書を使って価格表を作ってみましょう。

# yasai
yasai = {'キャベツ': 100, '白菜': 129, 'ネギ': 200, '春菊': 88, 'カリフラワー': 300}

# 表示させます
print("カリフラワーの値段は、", yasai['カリフラワー'], "円です", sep='')

printの出力では、各引数の間に半角スペースを入れたくない場合、 print(…, sep=”) のように記述しましょう。

# yasai
yasai = {'キャベツ': 100, '白菜': 129, 'ネギ': 200, '春菊': 88, 'カリフラワー': 300}

# 表示させます
print("カリフラワーの値段は、", yasai['カリフラワー'], '円です')

このように、print(…, sep=”)を使わずに表示させた場合はスペースが表示されますので覚えておきましょう。

こうたろう

服部 洸太郎

フォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ケルンを拠点に活動するアーティストAchim Tangと共に「ピアノとコントラバスのためのソナタ」を制作。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入り。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加し、本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。