【愛犬家・愛猫家必見】8つのペット関連銘柄

※この記事は2020年10月18日に更新されました。

愛犬家、愛猫家にとっては、ペット関連銘柄に投資するのはメリットがあると言えます。

それは、取り扱っている商品や、マーケティング戦略などに関して投資家目線とユーザー目線のダブルで判断できるからです。

猫ちゃんやわんちゃんと暮らしたことがない投資家にとっては、どんなサービスが消費者にどんな恩恵を与えるのか?について全く理解できません。

そんな愛犬家・愛猫家さんにとって有利になるペット関連銘柄を8つ紹介したいと思います。

注意

・当銘柄への投資を推奨するものではありません。

・必ずしも筆者が保有している個別銘柄というわけではありません。

・投資は自己責任、みなさんの参考になれば幸いです。

Chewy  (NYSE: CHWY)

2020年10月14日時点:66.86ドル

株価チェック

公式サイト

2011年設立。

2019年6月14日に1株あたり22ドルで公開されました。

フロリダ州デーニアビーチに拠点を置くペットフードおよびその他のペット関連製品のアメリカのオンライン小売業者です。

Freshpet (NASDAQ: FRPT)

2020年10月14日時点:124.42ドル

株価チェック

公式サイト

2006年設立。

新鮮な冷蔵食品と天然成分を使用した犬と猫のためのフードメーカーです。

米国、カナダ、英国、オランダの20,000以上の店舗で販売されています。

食品には加工肉の食事や副産物が含まれておらず、食材の自然な良さを維持するために低温で少量ずつ作られていると主張しています。

Petmed Express (NASDAQ: PETS)

2020年10月14日時点:32.06ドル

株価チェック

公式サイト

1996年アメリカ合衆国 フロリダ州設立。

米国を拠点とするオンラインペット薬局です。

IDEXX Laboratories (NASDAQ: IDXX)

2020年10月14日時点:421.52ドル

株価チェック

公式サイト

1983年設立。

本社はメイン州ウェストブルックにあります。

コンパニオンアニマル用の臨床検査用分析装置を提供しています。

J. M. Smucker (NYSE: SJM)

2020年10月14日時点:120.11ドル

株価チェック

公式サイト

1897年設立。

JM Smucker Companyは、設立以来、オハイオ州オービルに本社を置き、4世代にわたって家族経営を続けてきました。

1998年以来、同社はFortune誌の米国で最も働きがいのある会社100社の年次リストに掲載され、2004年には1位にランクされています。

19年連続増配記録も持っており、配当は現時点で3.0%となっています。

Trupanion  (NASDAQ: TRUP)

2020年10月14日時点:89.96ドル

株価チェック

公式サイト

1999年設立。

ワシントン州シアトルに拠点を置くペット保険プロバイダーです。

米国、カナダ、オーストラリア、プエルトリコで猫と犬の保険を提供しています。

Zoetis (NYSE: ZTS)

2020年10月14日時点:165.39ドル

株価チェック

公式サイト

1952年設立。

ペット、家畜用の医薬品およびワクチン接種の世界最大の生産者です。

Zoetisは世界最大の医薬品メーカーであるファイザーの子会社でしたが、ファイザーはZoetisへの83%の持分をスピンオフし、完全に独立した会社となりました。

Zoetisは100か国以上で製品を販売しています。

Elanco Animal Health (NYSE: ELAN)

2020年10月18日時点:31.54ドル

株価チェック

公式サイト

1954年設立。

元々イーライリリーの子会社でしたが、2019年に、売却が完了し、ニューヨーク証券取引所に上場しました。

同じ年、米国FDAはElancoの犬のリンパ腫治療を承認。

Elancoはまた、食用動物の細菌性疾患予防のためのワクチンの開発者である[Prevtec Microbia]を買収すると発表しました。

アニマルヘルス界でも注目されている銘柄です。

ライトニングラウンドでも過去視聴者から質問が寄せられていました。

【米国株銘柄】ジムクレイマー:ライトニングラウンド (8月6日)

【米国株銘柄】ジムクレイマー:ライトニングラウンド (10月9日)

【防御術】アナリストに誘導されないために知るべき3つの真実
【タルムード】骨が引っかかったライオン (投資や交渉)